ahamoに落とし穴はある!?メリット・デメリットを完全解説

今話題のオンライン専用プランがドコモからは【ahamo(アハモ)】の名前でサービスが始まりました。

月額2,970円で月に利用出来るデータ量が月20GBに加え音声通話が5分間回数無制限でかけ放題と通常のプランと比較して、かなり安くスマホを持つことが出来るプランです。

ahamoはドコモのサブブランドと思われる人も要るかもしれませんが、ドコモの通常のプランと同様、NTTドコモが運営するプランの1つです。

ここではahamoについて基本情報からメリット・デメリットまで解説していきます。

本記事を読んでわかること
  • ahamoの料金について
  • ahamoのメリット・デメリット
  • ahamoで利用可能のスマホ
  • ahamoがおすすめの人、そうでない人

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

ahamoの料金について

月額料金2,970円
データ量月20GB
回線ドコモ 4G / 5G
20GB超過後の通信速度最大1Mbps
20GB超過後の追加購入1GB/550円
通話料金国内通話5分以内かけ放題(5分以降30秒/22円)

ahamoはオンライン専用プランとなっているため、基本料金が通常のプランに比べ月額2,970円と安く設定されています。

月に利用出来るデータ量は20GBとなっていて、ドコモのプランデータ無制限の【ギガホプレミア】と、最大7GBのギガライトの中間のプランとなっています。

ドコモの回線を利用して通信するので、ahamoに変えて通信速度が遅くならないか心配する人もいるようですが、通常のプランと変わりませんので安心して利用することが出来ます。

月に利用するデータの量が20GBを超えてしまった場合、通信速度が1Mbpsに制限されてしまいますが、1GBにつき550円でギガを購入することが出来ます。

ただ、動画を高画質で再生したり音楽を高音質で聞くことが無いのであれば通信速度1Mbpsでも十分ネットを利用することが出来ます。

今後期待される5G通信もahamoでは追加料金無しに利用することが出来ます。

\ahamoなら5分以内の通話無料で月額2,970円/

ドコモからahamoに乗り換えるメリット

ahamoが気になる方は、特に現在ドコモの通常プランをお使いの方が多いと思いますが、先ずはドコモからahamoの乗り換えることでどのようなメリットがあるのか解説していきます。

最大4,000円節約可能!

ドコモの通常プランからahamoに乗り換える一番のメリットは料金です。

先ずはドコモの通常プラン「ギガホプレミア」と「ギガライト」をahamoと比較してみます。

ギガライトahamo5Gギガホプレミア
月額料金~1GB 3,465円
~3GB 4,565円
~5GB 5,665円
~7GB 6,765円
2,970円7,315円
データ量最大7GB/月20GB/月無制限
超過後の通信速度1Mbps1Mbps1Mbps
超過後のギガ購入1GB/550円1GB/550円1GB/550円

5Gギガホプレミアの料金が月額7,315円なのでahamoとの差額は4,345円月に4,000円以上の節約となります。

ただし、ドコモのギガライトと5Gギガホプレミアは「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」、dカードお支払割等の各種割引を適用させると最大で月額2,387円の割引を受けることが出来ます。

最大限の割引が適用になればahamoとの差額は1,958円と少なくなりますが、それでも月に2,000円弱ahamoのほうが割安です。

docomoの通常プランは多くの割引が前提で表示され分かりにくくなっているのに対し、ahamoは2,970円のワンプランで安くて分かりやすい料金設定になっています。

家族割や、光セット割等考えずにahamoは月額2,970円と安い料金設定なのは良いですね。

国内5分以内の通話が無料

ahamoは音声通話が5分以内かけ放題という点もメリットの一つです。

多くの携帯電話会社は音声通話をする場合、話をした分だけ通話料を支払わなければいけません。

しかし、ahamoに関しては国内5分以内かけ放題が初めからセットになっています。

ドコモの通常プランの場合、国内5分間かけ放題はオプションで選択することになります。その場合にはオプション料金として毎月770円となります。

また、時間無制限のオプションの場合、月額1,870円ですが、ahamoの場合1,100円と割安です。

音声通話をよく利用する人には5分以内通話無料という点と時間無制限のかけ放題が1,100円/月は大きなメリットです。

電話をよく使う人にとっては5分以内かけ放題というのは嬉しいですね!

海外でもデータ通信が可能

ahamoの月に利用出来るデータ量20GBは国内はもちろん海外でも利用することが出来ます。

世界自由どこでもとはいきませんが、日本人の渡航先約95%ととなる海外82の国・地域でデータ通信が可能です。

利用法は簡単で、申込などは不要で、利用するときはスマホの「データローミング」をONにするだけです。

20GB以内であれば追加の料金もかからず国内と同様 海外でもデータ通信が出来ます。

データ通信が利用できる国や地域に関してはahamoの公式サイト【海外データ通信】で確認する事が出来ます。

ファミリー割引の契約回線数にカウント

ahamoも含めオンライン専用プランは家族割引の対象外です。

しかしahamoの場合割引はありませんが、ファミリー割引の契約台数にカウントされるので、ファミリー割引対象の契約台数は変更ありません。

例えば、家族3人でドコモを利用中の場合で全ての回線がギガホプレミアに加入していると、割引は3台とも毎月1,100円の割引が受けられます。

他のキャリアの場合1台がオンライン専用プランに変更すると契約台数は2台となり、通常プランを利用している人の割引額は月額550円に減額してしまいます。

ahamoの場合、割引の対象にはなりませんが契約数にはカウントされるので他の2台は今まで通り1台につき1,100円の割引を受けることが出来ます。

家族割から外れるといっても割引が受けられないだけなので、ahamoに乗換えても他のドコモ契約者に迷惑をかける心配がありません。

契約期間の縛りなし

ドコモを含め多くの携帯電話会社は2年間の縛り期間を設けることで月額料金を割引で利用できるようになっていました。

2年ごとの一定の期間内で解約すれば違約金はかかりませんが、それ以外の期間で解約するとプランにもよりますが最大で9,500円の違約金を支払う必要があります。

しかしahamoは縛り期間がありませんのでいつ解約しても違約金などの費用は発生しません。

約金が無くなったおかげahamoから他のキャリアに乗換えなければいけなくなっても、安心してahamoを解約することが出来ます。

ドコモの従来のプランが2年契約でも解約金を支払う必要はありませんが、2年間の契約期間は継続しているのでahamoから他社への乗り換え時には注意してください。

事務手数料が無料

ドコモの通常プランをショップで契約する時必要なのが「契約事務手数料」です。

ドコモショップの窓口で契約した場合、契約事務手数料の金額は3,300円となっていますが、ドコモオンラインショップで手続きをした場合、契約事務手数料は無料となります。

ahamoはオンライン専用プランとなっているため、契約事務手数料がかかりません。

オンラインでの手続きは不安という方もいるかもしれませんが、ahamoの申し込みサイトは非常に分かりやすく出来ているので、ネットでの手続きが不安という方も安心して契約することが出来ます。

また、ahamoから他のキャリアに乗り換える際に必要なMNP予約番号の取得にも以前はお金がかかりましたが、現在は無料で発行してもらえます。

ahamoへの乗り換えや新規契約の方法がオンラインでは不安という方の為に、事務手数料として3,300円がかかってしまいますがドコモショップで契約することも出来ます

ドコモからahamoの乗り換えるデメリット

ドコモの従来のプランから乗換える際、メリットも大事ですが、それ以上に重要なのがデメリットです。

ここからはドコモの従来のプランからahamoに乗り換えるとどのようなデメリットがあるのか解説していきます。

申し込み・相談など全てオンラインのみ

ahamoがユーザーにこの低価格で利用出来るのには理由があります。

その理由がahamoはオンライン専用プランという点です。

携帯電話の料金の中にはドコモの通信機器の維持管理費用の他にも窓口の人件費やショップの家賃等の費用が含まれています。

オンライン専用であればショップの維持費や人件費の削減なります。

そのおかげで通信費込み2,970円という金額が可能になりました。

ただし、契約や相談などのサポートに関しては基本的にネットを使ったチャットやメールでやり取りをしなければいけません。

対面で受けるサポートに比べ分かりにくい場合もあります。

チャットやメールが苦手な方や煩わしいく思う人にはahamoのオンライン専用という点は大きなデメリットになります。

チャットでオペレーターに繋がるまで時間がかかったり、入力する手間を考えると、オンライン上でのやり取りは少し不便ですね。

オンライン専用のデメリットが回避可能に!

ドコモは2021年4月22日よりahamoの申込や各種手続きについて有料でのサポートを開始しました。

サービス名称サポート内容料金
ahamo WEBお申込みサポートahamoの新規契約、他社からの乗り換え、ドコモの従来プランからの変更の申し込みをサポート3,300円
ahamo WEBお手続きサポートahamo契約後の各種手続きの申し込みをサポート3,300円

auやソフトバンク等オンライン専用プランは各社提供していますが、窓口が利用出来るのはahamoだけになります。

サポートしてくれるのは助かりますが、せっかく安いプランに乗り換えるのに、余計な出費はどうなんでしょうかね。

キャリアメールや留守番電話が使えない

スマホのメールをお使いの人で「xxxx@docomo.ne.jp」などのキャリア名が入ったメールアドレスを利用中の方は多いと思います。

このようにキャリアが提供するメールのことをキャリアメールと言いますが、ahamoではキャリアメールを利用することが出来ません。

とはいえ色々なサイトにメールアドレスを登録している人はメールが無いと困ってしまいます。

その場合はyahooメールやGmali等のフリーメールを使用することになります。

メールアドレスを変えると登録している相手にメールアドレスが変わったことを知らせなければいけませんので手間がかかります。

その反面今まで来ていた怪しいメールが来なくなる良い点もあります。

現在のメールアドレスが使えなくなるのは困るという方にとって、キャリアメールが使えなくなるのはデメリットとなります。

iPhoneに標準の「xxx@icloud..com」のメールは引き続き利用可能です。

なお、音声通話をよく利用する人にデメリットなのが留守番電話が使えない点です。

ドコモの通常プランで、音声通話をよく利用する人の中には留守番電話を利用している人も多くいると思います。

しかし残念ながらahamoでは留守番電話が利用する事はできません

電話に出ることが出来ない場合、当然着信履歴は残りますがメッセージを聞くことが出来ないのは仕事等で音声通話を利用する頻度が高い人にとってデメリットになると点です。

電源オフ時や圏外で電話がかかってきた時の着信通知サービスについてはドコモ同様利用可能です。

ヘビーユーザーには不向き

ahamoのデータ容量は月に20GBが上限です。

ドコモのギガホプレミアが60GB、5Gギガホプレミアが無制限となっているので

その為月に20GB以上のデータを利用する人にとってはahamoのデータ量はデメリットとなってしまいます。

ahamoの追加ギガが1GBにつき550円なので8GB以上追加でギガを購入するのであればギガホプレミアのほうがお得となります。

20GBを超してしまった場合でも通信速度は1Mbpsなので、使い方によってはあまり不自由なく使える場合もあります。

ahamoからドコモに戻すのは手間がかかる

ドコモの従来のプランからahamoに変更して見たけれど、自分の使い方に合わないという人もいるかもしれません。

その場合ドコモの従来のプランに戻すことを検討すると思いますが、ahamoからドコモに戻すのはオンラインと言う訳にはいきません。

ahamoからドコモに戻す場合はドコモショップに出向く必要があります。

ドコモショップは予約制の事が多く、いきなり行っても対応してくれない場合が多々あります。ドコモからahamoのようにオンラインでいつでもどこでもといかないのはデメリットです。

また、ahamoからドコモに変更する場合にかかる事務手数料は無料ですが、月額料金については1回線につき2回までは現在のプランもしくは新しいプランの月額料金の高い方の料金が請求されます。

しかし3回目以降はドコモの月額料金とahamoの月額料金と2重課金となりますので注意してください。

他社に乗り換えをする場合には期間や違約金をサポートに確認するとトラブル回避になります。

家族間通話が有料

家族内でドコモの従来のプランを利用中の場合、家族間の音声通話無料です。

しかしahamoに変更してしまうと家族間の音声通話も有料となってしまいます。

ただしahamoは標準で5分間の無料通話が付いているので家族案の通話も5分間以内であれば無料です。

その為家族間であっても5分以内で通話を終了するなど、使い方に注意が必要です。

長時間電話をする方には「かけ放題」がおすすめのオプションです。

ahamoで利用できるスマホは?

ahamoに乗り換える場合スマホをどうすればいいか解説をしていきます。

ahamoの乗り換える際に機種変更するのであれば、ahamoでスマホを購入することが可能です。

オンライン専用プランの中でスマホの販売をおこなっているのは、ahamoのみとなっていますので機種変更を考えている方にはとても便利です。

また、現在お使いのスマホをahamoでも利用する場合ですが、ahamoは基本的にほぼすべてのスマホを利用することが可能です。

ただし、次のような場合にはahamoで使えない場合がありますので注意しなければいけません。

海外製品のスマホ(海外で購入したもの)

日本で販売されているスマホであれば海外製の物も問題ありませんが、海外で販売されているスマホの中にはahamoで利用する周波数が使えないスマホがあります

海外製のスマホをahamoで利用する場合、スマホの仕様の中にある対応バンド(周波数)が次の6つに対応している必要があります。

  • Band 1 (2.0GHz帯)
  • Band 3 (1.7GHz帯)
  • Band 19(800MHz帯)
  • Band 21(1.5GHz帯)
  • Band 28(700MHz帯)
  • Band 42(3.5GHz帯)

さらに5Gを利用するのであれば

  • n79 (4.5GHz帯)
  • n257 (28GHz帯)

以上の周波数に対応している必要があります。

またahamoの公式サイトでは動作確認機種のリストを公開しています。

ahamoで動作確認が取れているスマホの確認はahamoの公式サイト【対応端末一覧】で確認することが出来ます。

リストに無い機種につきましては動作保証外となり全て自己責任で行わ無ければいけません。

安心してahamoを利用するのであれば動作確認機種にあげられているスマホを利用するのがおすすめです。

気になるiPhoneに関しては、iPhone6以降であれば利用は可能ですが、iPhone6、iPhone6Plusの場合、発信者番号通知や着信通知などの一部の機能が設定できません。

iPhoneを利用するのであればiPhone6s以降の機種を利用するのがおすすめです。

SIMロック解除がしていない機種

スマホには利用者を特定する情報が記憶されたICカードが入っていますがこのカードのことをSIMカードと言います。

日本のキャリアがは販売していたスマホのほとんどが、他のキャリのSIMカードでは利用出来無いようになっています。

日本独自の仕様ですがこれをSIMロックと言います。

ドコモからahamoに変更する場合はSIMロックの解除は必要ありません。

ドコモ以外のキャリアで利用していたスマホをahamoで利用するためには、SIMロックを解除は必須となります。

しかし、2015年5月1日以前に発売された機種に関してはSIMロックの解除が出来ない機種がありますので注意しなければいけません。

SIMロックが可能かどうかやSIMロック解除の方法については、各キャリアのMYページ等でSIMロック解除の手続きと方法が記載されています。

各キャリアのショップ窓口でもSIMロック解除は可能ですが、手数料として3,300円がかかりますので、WEBからなら無料なのでWEBからのほうがお得です。

ahamoがおすすめの人、おすすめできない人は?

メリットもデメリットも多いahamoですが人によりメリットになる場合もあればデメリットになる場合もあります。

ここからはどのような人がahamoはおすすめなのか、どんな使い方の人にはおすすめできないのかを簡単にまとめてみました。

こんな人はahamoがおすすめ

ahamoはどのような人におすすめのプランになるのでしょうか?

ahamoがおすすめの人は次のような人になります。

  • とにかく通信費を節約したい
  • 月のデータ利用量が20GB以内
  • 短時間の音声通話が多い
  • ドコモにこだわりがある
  • 海外でデータ通信を利用することがある
  • ドコモの家族割から外れられない

窓口のサポートが不要でスマホの料金を見直したいという人にahamoはおすすめのプランです

こんな人はahamoだと損

ahamoがおすすめ出来ない人は次のような方です。

  • データの利用量が20GBでは足りない
  • 毎月使うデータの量が1GB未満
  • キャリアメールが必要
  • 窓口のサポートが必要
  • 留守番電話が必要

以上の方はahamoはおすすめできませんので、従来のプランの方がおすすめとなります。

自宅のインターネットドコモ光とセットだと損

ドコモの従来のプランからahamoに変更する人の中には自宅の光回線をセット割引がある理由で「ドコモ光」にしている方は多いのではないでしょうか?

ahamoはドコモ光セット割の適用外となりますのでドコモ光にこだわる必要が無くなります。

ドコモ光はNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションサービスですが、この光コラボレーションの中でも決して安い料金設定ではありません。

そこでドコモからahamoに変更した場合、さらに通品が節約できる光回線が【excite MEC光】です。

気になる料金を比較してみます。

サービス名戸建プランマンションプラン
ドコモ光5,720円4,400円
excite MEC光4,950円3,850円

料金で比較すると戸建で毎月約800円、マンションプランで約600円毎月節約することが出来ます。

ただイメージとして自宅の光回線の乗り換えは工事等があって面倒という方が多いのではないでしょうか?

ところが光コラボレーション同士の乗り換えは基本的に工事の必要はありませんので煩わしい工事等しなくても月額料金の安い光回線に簡単に乗換えることが出来ます。

また、ドコモ光から他社に乗り換えて速度が遅くなったり、使っているオプションが使えなくなったり等の心配もあります。

同じ光コラボレーションなので通信速度も変わりませんし、基本サービスもドコモ光と同様です。

通信速度は上り下り1Gbpsで光電話やドコモ光テレビなどオプションも従来通り利用可能です。

ドコモの光セット割が適用にならないのであれば自宅の固定回線を見直せばさらに通信費を簡単に節約することが出来ますので、ahamoに変更したらドコモ光のままでは損をしてしまいます。

ahamoへ変更するのを検討しているのであれば、同時に自宅の固定回線を変更することも検討するのがおすすめです。

まとめ

ahamoはオンライン専用プランですが有料でサポートを受けることが出来るプランです。

ドコモショップの窓口が混雑して利用しずらい点と有料でもサポートを受けることが出来るという点を考慮するとオンライン専用プランのデメリットはそれほど重要ではありません。

とはいえドコモの従来のプランからの変更は手続きが面倒と思われる方も多いかと思います。

しかしahamoの公式サイトでは申込も非常に簡単で特別必要な作業も必要ありませんので、オンラインでの手続きに不安がある人でも簡単に手続きが可能です。

通常プランのギガライトではデータ量が少ないし、ギガホプレミア程データを使わないという人で、料金の見直しをしたいという方なら、ahamoへの変更はとてもおすすめです。

\ahamoなら5分以内の通話無料で月額2,970円/