ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルを比較~どれがおすすめ?~

携帯電話の大手、docomo、au、SoftBankの3社からオンライン専用の格安プランのサービス「ahamo(アハモ)」「povo(ポヴォ)」「LINEMO(ラインモ)」が開始されました。

さらに4番目の携帯電話事業者となった楽天モバイルも「Rakute UN-LIMITⅥ」のプランを開始しました。

各社とも魅力的なプランという事もあり、乗り換えやプラン変更をすでにした方や検討しているという人が多いようです。

ここでは各社から出揃った格安のプランについて比較、どのプランがおすすめか解説していきます。

本記事を読んでわかること
  • ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルの比較
  • 利用状況にあわせて、最適のプランを見つける
  • 各社のメリット・デメリット及び料金比較

ahamo・povo・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ってどんなプラン?

4社を比較する前に各社のプランについて解説していきます。

プランの特徴として、4社とも従来のプランのように割引を含めた金額ではないので、とても分かりやすくシンプルになっている点です。

1年または2年利用後に割引が無くなり金額が高くなるということが無いため 、 安心して長く利用することが出来るのが新しいプランのメリットでもあります。

ドコモが提供する【ahamo】

ドコモのオンライン専用プランの名称は【ahamo】です。

3社の中で一番早く発表したことで、発表後から開始までの間に少しですが仕様が変わりました。

キャリアドコモ
月額料金2,970円
通話料金1回あたり5分以内の通話が回数無制限(以降30秒以降22円)
月間データ量20GB
契約期間

無料通話が標準で付いているのはahamoだけとなります。(国内5分間・回数無制限)

なお、家族割やドコモ光とのセット割等の各種割引は適用になりませんが、家族割の人数にはカウントされるため、ドコモをお使いの家族の中で1人がahamoに乗り換えても家族割に影響はありません。

3社の中で家族割の人数にカウントされるのは、ahamoのみとなります。

家族が多い場合にはあまり関係ありませんが、3人以下の場合には家族の割引額が減らないので、家族割も重要という方に便利です。

auが提供する【povo】

auが提供するオンライン専用プランが【povo】です。

3社の中では一番最後に発表されたプランで、月額料金が2,728円と最も安い料金設定でした。

ただ、蓋を開けると無料通話がオプションになるので、無料通話を契約すると550円追加で「基本料金+無料通話」で3,278円とLINEMOと同じ金額になってしまいます。

無料通話が必要ない人にとっては550円のオプション料金が不要になるので、電話をあまりしない人にとっては最安のプランとなりました。

キャリアau
月額料金2,728円
通話料金30秒につき22円
月間データ量20GB
契約期間

povoの大きな特徴としてトッピングという名目で様々なオプションが用意されている点です。

無料通話」や「24時間データ無制限に使える」などの7オプションサービスを、専用アプリから簡単に付けたり外したり出来るのは非常に便利です。

現在はまだトッピングの種類は多くありませんが、今後増やしていく事もアナウンスされています。

トッピング(オプション)の種類が増えて今まで以上に使いやすくなる可能性が期待できますね。

ソフトバンクが提供する【LINEMO】

ソフトバンクが提供するオンライン専用プランは【LINEMO】です。

サービス提供開始前に一部内容に変更があり、一番の変更点はauと同様、無料通話がオプション扱いとなった点です。

キャリアソフトバンク
月額料金2,728円
通話料金30秒につき22円
月間データ量20GB
契約期間

LINEMOの特徴は「LINEギガフリー」です。

LINEギガフリーは無料通話アプリ「LINE」の利用で消費するデータ量が、月の利用可能データに含まれないという点です。

LINE全ての機能という事ではありませんが、データの消費が激しいLINEビデオ通話なども対象となるため、仲間や家族とビデオ通話を時間を気にせずに楽しむことが出来ます。

楽天が提供する【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 】

楽天モバイルは第4の携帯電話事業者として2020年4月からサービスを開始しました。

一時は思うように基地局の整備などが進まず、総務省から行政指導を受けたりしていますが、現在は予定よりも前倒しで基地局の設置が進んでおり、2021年夏ごろまでに人口カバー率96%に達すると予想されています。

キャリア楽天モバイル
月額料金1GBまで / 0円
1GB~3GBまで / 1,078円
3GB~20GBまで / 2,178円
20GB以上 / 3,278円
通話料金Rakuten Link利用の場合無料(Rakuten Linkを利用しない場合30秒ごとに22円)
月間データ量無制限
契約期間

楽天が提供する【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 】については上の3社とはプランの内容が違います。

ahamo・povo・LINEMOの場合月額料金が基本的に定額なのに対し、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は0円、1,078円、2,178円、3,278円と利用したデータ量により4段階に分かれています。

一番高額になるのが20GB以上データを利用した場合ですが、それでも20GB以上で無制限となるので、他の3社からするとデータの消費が多い人にはうれしいプランです。

また通話についてはRakute Linkというアプリで通話をすれば通話時間、回数にかかわらず通話無料となります。
※Rakuten Linkを利用しない場合30秒ごとに22円と他のキャリアと同額になります。

ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルの4社徹底比較

ここからが本題となります。

ahamo・povo・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵ の4社から自分に合ったキャリアを選ぶ事になりますが、どのキャリアのどのサービスがおすすめなのでしょうか?

先ずは4社を項目ごとに比較してみます。

料金に関する比較

月額料金の比較には音声通話がポイントとなります。

音声通話をよく使うという人は基本料金だけではなく、音声通話も含めた料金で比較していくのがポイントとなります。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ については、他社同様データ容量20GBまでの利用を前提に比較します。

ahamopovoLINEMORakuten UN-LIMIT Ⅵ
月額料金2,970円2,728円2,728円2,178円
通話準定額基本料金に含む550円550円
通話定額1,100円1,650円1,650円

一番高額なのがahamoの2,970円で、一番安いのがRakuten UN-LIMIT Ⅵ の2,178円です。

しかし、ahamoに関しては5分間の無料通話(通話準定額)が無制限でかけられる通話オプションが標準でついています。

povoやLINEMOの場合、通話準定額のオプションを付けると550円が加算されますので、月額料金が3,278円となりahamoより308円高くなります。

さらに通話時間無制限の通話定額を付けた場合、ahamoが4,070円、povoとLINEMOが4,378円となるのでさらにお得ですが、音声通話が必要ないという方にはahamoは通話準定額を外すことができませんので、逆に基本料金が無駄に高くなってしまうということになります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ に関しては月額基本料金が一番安く、データ量が20GBを超えても月額3,278円で無制限になります。

音声通話に関しては他の3社のように通話定額のオプションは無く、Rakuten Linkという音声通話アプリを利用することで通話時間、回数ともに無制限で音声通話を利用することができます。

月額料金も音声通話もRakuten UN-LIMIT Ⅵ が他社よりもお得です。

ただし、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ に関しては利用する場所により電波状況が不安定になる事がありますので注意が必要です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ を除くと音声通話が必要というならばahamo、音声通話が必要ないならpovoまたはLINEMOがお得です。

アプリを利用しての通話なら「楽天モバイル」が一番おすすめです。アプリを使わずに通話するという人の場合は「ahamo」がおすすめです。

データ量に関する比較

次に気になるのは月に利用可能なデータ量です。

ahamopovoLINEMORakuten UN-LIMIT Ⅵ
データ量20GB20GB20GB無制限
データ追加1GB/550円1GB/550円1GB/550円
超過後の速度1Mbps1Mbps1Mbps

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 以外はすべて同条件で、利用可能なデータ量が月に20GBまで、20GBを超えた場合の通信速度は1Mbpsに制限がかかります。

1Mbpsで遅い場合には1GBにつき550円で追加購入可能です。

ここで注目なのがpovoです。
povoはトッピングメニューとして24時間220円でデータの消費量が無制限になります。

通常の20GBとは別のカウントとなるので、突発で多くのデータを消費しなければいけない場合にはとても便利なサービスです。

LINEMOのデータ量に関する大きな特徴として「LINEギガフリー」です。

LINEMOは無料通話アプリLINEでの機能の一部についてデータの消費をカウントしません。

そのためLINEを使った音声通話はもちろんビデオ通話などデータを気にせずに利用できるのが大きなメリットです。

ただし、LINEすべての機能というわけでは無く、LINEミュージック等については対象外となりますので注意する必要があります。

ahamoのデータ量に関しての特徴は、海外ローミングに対してです。

ahamoは追加料金無しで海外ローミングに対応しています。

povoやLINEMOの場合、海外で利用したデータ通信は基本料金とは別に支払わなければいけませんが、ahamoに関しては通常の20GB以内であれば追加料金は発生しません。

海外に行くことがないという人にはメリットはありませんが、出張などで海外に行くことがある人には大きなメリットとなります。

1日だけ沢山使いたいという日がある場合は、220円で無制限に使える「povo」がおすすめです。LINEでビデオ通話をよくする人におすすめなのが「LINEMO」で、海外でも使いたいという人には「ahamo」がおすすめです。

データ量超過後は?

3社(ahamo、povo、LINEMO)は、20GBを超過した場合の通信速度が1Mbpsとなっていますが、web閲覧や音楽配信など使い方によっては問題なく利用することもできるので、月が替わるまで少し我慢ということもできる通信速度です。

参考(音楽配信Spotifyのデータ量)
・低音質(24kbps)
・標準温室(96kbps)
・高音質(160kbps)
・最高温室(320kbps)
Spotifyで推奨する通信速度は1Mbpsでも十分利用できるといえます。

ただしYoutubeなどの動画配信サイトに関しては最低の解像度でも若干厳しく、視聴にストレスを感じてしまうかもしれません。
参考(Youtubeの推奨速度)
・SD画質480p(1.1Mbps)
・HD画質720p(2.5Mbps)
・HD画質1080p(5Mkbps)
・4K(20Mbps)

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は楽天の電波が届く場所では無制限でデータを利用することができますが、楽天の電波を利用できない場所についてはパートナー回線(auの電波)を利用します。

この場合利用できるデータ量は月間5GBまでとなり5GBを超えると通信速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

その他機能の比較

その他の機能の比較をしていきます。まずは表で確認してみましょう。

ahamopovoLINEMORakuten UN-LIMIT Ⅵ
5G対応
テザリング無料無料無料無料
キャリアメール×××2021年夏頃提供予定
割引×××セットで光回線1年無料
eSIM対応
申し込み・サポートオンラインオンラインオンライン店頭・オンライン
留守番電話×××〇(無料)
緊急速報メール
端末の販売××

自分の使いたい機能が使えるか、上の表で確認しておくことをおすすめします。

5G対応について

ahamo・au・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵでは、追加料金なしですべてのキャリアで5G対応となります。

ただし、キャリアにより提供エリアに差がありますので、対応エリアについては次の公式サイトで確認してください。

提供エリアについては随時拡大中となっているので、5Gが気になる方は公式サイトを随時チックしてください。

テザリングについて

テザリングはスマホを介して他のデバイスをインターネットに接続することです。

従来キャリアによってはオプション料金がかかる場合がありましたが、ahamo・au・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ではテザリングを無料で利用することができます。

利用できるデータ量は基本プランと同じで、ahamo・au・LINEMOは20GBまでとなっていて、利用した分は毎月のデータ量から減っていきます。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ に関しては無制限となりますが、パートナー回線エリアについては5GBが上限となりそれ以降は1Mbpsとなります。

キャリアメールについて

ahamo・au・LINEMOの3社についてはキャリアメールは利用できないと発表されていますが、唯一Rakuten UN-LIMIT Ⅵのみ2021年夏頃より利用開始という発表があります。

ただし、最近ではLINE等のチャットの普及に伴い、キャリアメールの使用頻度が下がりユーザーの中には必要ないという声も多くあります。

また、キャリアメールに変わりGmailやYahooメール等の無料メールアドレスを利用することで、今後他社に乗り換える際にメールアドレスの事を気にしなくて済むようになります。

多少の手間はかかります今後の事を考えると、この機会にキャリアメールからフリーメールに変更するのがおすすめです。

各種割引について

従来の携帯電話の料金設定は家族割や自宅の固定回線とのセット割が当たり前になっていました。

しかしahamo・au・LINEMOの3社については家族割もセット割も対象になりません。

そのため、ドコモならドコモ光、auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光というようにプロバイダに縛られることなく、とにかく安い光回線やもっと高速な光回線などライフスタイルに合った固定回線を自由に選べるようになりました。

光回線とのセット割を気にせず好きなネット回線を契約することができます。

eSIM対応について

携帯電話の契約に必需品のSIMカードですが、最近増えてきているのがeSIMという新しい規格のSIMです。

SIMカードはキャリアが発行し携帯電話に差し込んでユーザーを認識するのに対し、eSIMはスマホにあらかじめ内蔵されています。

ユーザーが自分で開通手続きができるため対応機種も増えてきています。

機種も対応している必要がありますが、キャリアもeSIMに対応していないといけませんが、現在すべてのキャリアでeSIMに対応しています。

eSIMの普及によりSIMを抜き差しするという事が、今後は無くなっていくと予想されます。

申し込み・サポートについて

ahamo・povo・LINEMOの3社は最初のアナウンス通り申し込みサポートもすべてインターネットを利用したオンラインのみとなります。(LINEMOについては電話番号の表記もありますが、残念ながら混雑していてなかなかつながらないのが現状です)

一方Rakuten UM-LIMIT Ⅵはサービス開始からオンライン専用プランということは発表していませんので、店頭でも申し込みやサポートが受けることができます。

ただし、窓口の数はまだあまり多くないのが現状です。

楽天は2021年3月に日本郵政と業務提携したことで今後郵便局の窓口等でもRakute UN-LIMIT Ⅵ の販売されるようになるかもしれません。
そうなると窓口が増え、サポートも手厚くなることが考えられます。

日本郵政グループと楽天グループが資本・業務提携 金融・EC分野でも提携へ - BCN+R
日本郵政、日本郵便と楽天は3月12日、物流、モバイル、DXなどさまざまな分野で連携を強化するため資本提携すると発表した。第三者割当増資によって、日本郵政が楽天に1499億円を出資し、楽天は子会社の楽天モバイルが展開する通信事業に投資する。

留守番電話について

ahamo・povo・LINEMOの3社については留守番電話の機能はありません

今後利用可能になるかもしれませんが現時点ではいつからというアナウンスはまだありません。

一方Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は次の仕様で留守番電話の機能が無料で利用できます。

録音時間最長3分
保存件数最大100件
保存期間1週間
呼び出し時間5~30秒の範囲内で設定可能

楽天モバイルにて留守番電話を聞く方法は、

  • 留守番電話通知のSMS(1417)を確認後、「1417」へ発信(通話料有料)
  • Rakuten Linkで聞く方法(通話料無料)

の2つの方法があります。

現時点では留守番電話機能が絶対に必要という方の選択肢は、従来のプランもしくはRakuten UN-LIMIT Ⅵ のみとなります。

緊急速報メールについて

緊急速報メールとは気象庁が配信する緊急地震速報や、地方公共団体が発信する災害や避難情報を受信するサービスです。

この機能に関しては4社すべてのキャリアで利用することが可能です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ はオプション扱いにはなっていますが、特別申込などは必要ありません。

また4社とも緊急速報メールに関する契約料及び通話料は無料となっています。

緊急速報については次の注意点を理解しておくと、いざという時に安全に対応することが出来ます。

緊急速報メールの注意点

  • 緊急速報メールは、専用の警報音とバイブレーション、画面上の表示で通知
  • 電源を切っている場合や通話・パケット通信中は、緊急速報メールを受信できない場合がある
  • 電波の届かない場所では緊急速報メールを受信できない場合がある
  • 緊急速報メールを受信できなかった場合の再受診は出来ない

上記の場合緊急速報メールを受信できない場合がありますので気をつけてください。

端末の販売について

キャリアを乗換える際に一緒にスマホも変えたいという方も多いと思いますが、その場合どうすればいいのでしょうか?

povo・LINEMOの2社については端末の販売を行っていませんし、ahamoに関しては購入できるのが1世代前のわずかな機種のみとなっています。

その為オンライン専用プランを利用しようと思っている場合、現在お使いの端末を利用する必要があります。

では機種変更したい場合は乗り換えを諦めるしかないのでしょうか?

その場合、次の方法で機種変更をすることが出来ます。

①街の量販店やネットで端末を購入する
スマホ本体は街の量販店や各メーカーの公式サイトから購入することが出来ます。
メーカーによりネットで購入できるものと、購入できないものがあるので注意してください。
また、Apple製品に関してはお近くのAppleストアやAppleの公式サイトからも購入が可能です。

②乗り換え前に機種変更をする
簡単な方法はオンライン専用プランに変更する前に機種変更してしまう事です。
ドコモ・au・ソフトバンクの3社は契約期間中に解約やプラン変更した場合、機種代金の残金が残っていても一括で清算しないといけない事はありません。
引き続き機種代金のみ残金を支払っていくことが出来ます。(一括で支払ってしまうことも可能です)
ただし、機種に対する各種割引サポートなどは無くなってしまうので、解約前に今後の支払いをお客様サポートなどで確認することをおすすめします。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ については公式サイトで多くの機種を販売しています。

また、公式サイトでは乗り換えと同時にスマホ本体を購入すると、楽天ポイントが最大で25,000ポイントもらえるなどの特典もあるので、お得に機種変更をすることが出来ます。

残念ながらRakute UN-LIMIT Ⅵ では人気のiPhoneの取り扱いはありません。

ahamo・povo・LINEMOのメリット

ahamo・povo・LINEMOは、そこまで大きく違いがないのではと思う人多いと思います。

しかし、その中でもそれぞれメリットに違いがあります。

ここからは参入間もないRakuten UN-LIMIT Ⅵ はひとまず置いておいてahamo・au・LINEMOを選ぶ事のメリットについて解説していきます。

ahamoを選ぶメリット

先ずはahamoを選ぶメリットについてです。

音声通話が必要なら最安

ahamoの基本料金は「5分間無料・回数無制限」の通話準定額が含まれています。

povo・LINEMOではオプション扱いで通話準定額の料金は月額550円となります。

基本料金自体はahamoのほうが高額ですが、通話準定額を付けるとahamoよりも高額となってしまいます。

最近ではLINEなど無料通話アプリを使うことが多く、音声通話はあまり使わないという人にすると不要なサービスかもしれませんが、仕事などで音声通話を多く利用する方には大きなメリットと言えます。

家族割(みんなドコモ割)にカウント

従来のプランは家族でドコモを利用すると契約台数により割引が増える家族割(みんなドコモ割)が適用になります。

しかし、オンライン専用プランは家族割の適用外となってしまいます。

割引適用外はahamoだけではなくpovo・LINEMOも同様ですが、ahamoのメリットは割引は無くても契約者数にはカウントされる点です。

例えば、家族3人でauのスマホを利用している場合、家族割の対象は3台となり1台につき1,100円が割引されます。

しかし、1人がpovoに変えてしまった場合、契約者は2人となるので1台につき500円の割引額になってしまいます。

ahamoは家族3人がドコモを利用している場合、契約台数は3台となり1台当たり1,100円の割引となります。

1人がドコモからahamoに変えた場合、他社なら契約台数が2台に減ってしまい550円/台になってしまう所、契約台数は3台のままなので割引額は1,100円のままとなります。

1人がahamoに変えても、家族割の数にはカウントされているため、他の人の割引額はそのままです。
※povo・LINEMOは家族割の数にカウントされないため、家族みんなで乗り換えたりする必要が出てくる可能性があります。

povoを選ぶメリット

povoを選ぶメリットについてみていきます。

音声通話はすべてオプション

ahamoは基本料金に無料の音声通話が含まれていましたが、povoは音声通話が含まれていません。

そのため、基本料金はahamoよりも月額242円安く利用することが出来ます。

近年無料通話アプリの普及により通話はほとんどアプリで、音声通話はほとんど使わないという方は音声通話の分、基本料金が安く設定してあるのはユーザーとしてはうれしい配慮です。

オプションの24時間データ無制限が便利

povoは一般的にオプションと呼ばれるサービスのことをトッピングとしています。

従来オプション契約はサポートセンターに電話をしたり、webからサイトにログインして手続きをしなければいけませんでしたが、povoは専用アプリで簡単に出来るようなっています。

手軽にオプションを付けたり外したり出来ることからトッピングとしたようです。

そのトッピングの中でも特に便利なのが「24時間データ無制限」です。

「24時間データ無制限」は専用アプリからトッピングを購入することで、購入後24時間通常の20GBとは別に220円で無制限データが使い放題になります。

「明日は多くのデータを消費してしまいそう」という時に、このトッピングを付けておくと月末に残りのデータ量を気にしなくて済むのでとても便利です。

LINEMOを選ぶメリット

最後にLINEMOを選ぶメリットについて解説していきます。

LINEギガフリー

LINEMOのメリットは無料通話アプリ「LINE」の機能を利用した時に消費するデータ量がノーカウントとなる点です。

全ての機能ではありませんが、チャットはもちろんのこと音声通話やビデオ通話などでも毎月利用出来る20GBに含まれないので、家族や友人とゆっくりと話がしたいという人にはメリットの多いプランです。

ただし、LINEミュージックやLINEライブなどの利用はノーカウントにはならないので注意してください。

キャンペーンがある!

従来のプランは様々なキャンペーンで集客を行ってきましたが、オンライン専用プランは基本的にキャンペーンを行いません。

LINEMOも発表当初はキャンペーンは無いという事をアナウンスをしていましたが、実際には次のようなキャンペーンを行っています。

①通話オプション無料キャンペーン
通話オプション無料キャンペーンはLINEMOのスマホプランに加入した場合、1年間「通話5分間・回数無制限(通話準定額 月額550円)が無料になるキャンペーンです。
さらに通話時間・回数ともに無制限の通話定額(月額1,650円)は1年間月額1,100円で利用出来るようになります。

②LINEスタンププレミアムポイントバックキャンペーン
LINEMOを契約する方ですでにLINEスタンププレミアム(ベーシックコース/デラックスコース)を契約中の方に、LINEポイント240ポイントがプレゼントされます。
ポイントは1度ではなく毎月240ポイント付与されますので、LINEでよくスタンプを利用する人にうれしいキャンペーンです。

キャンペーンはすでに開始されていて終了は現在未定となっていますので、興味のある方は早目の契約がおすすめです。

現在まだ始まってはいませんが、2021年夏ごろよりLINEスタンプが使い放題となります。
LINEチャットで欠かすことのできないアイテムのスタンプが使い放題なのはうれしいサービスです。

ahamo・povo・LINEMOのデメリット

メリットもあれば当然デメリットもあるわけですが、ahamo・povo・LINEMOに関するデメリットはどれも同じです。

デメリットに関してはahamo・povo・LINEMOというよりもオンライン専用プランのデメリットとして解説していきます。

各種割引サービスが適用にならない

従来のプランをカタログやWEBで見ているとそれほど高くない印象がある場合があります。

これは表示されている金額が各種割引を適用した後の金額となっているからです。

割引の種類はキャリアによって多少違いがありますが、主に家族割・固定回線とのセット割・学割などから構成されています。

どれも契約台数により割引額が変わるので、非常にわかり辛いのですが割引の額としては大きい物です。

しかしahamo・au・LINEMOなどのオンラインプランではこのような割引には適用されていません。

その分月額料金を低く抑えているということなので、今後も割引については期待できないでしょう。

サポートはメール及びチャットのみ

ahamo・povo・LINEMOの申込及び質問などのサポートは全てメールおよびチャットでの受付となります。

窓口を設けない事で運営コストを下げ、基本料金に還元するのがオンライン専用プランの運営方法となります。

そのため、従来のように窓口に行って説明を受けたり、電話でのサポートは受けることが出来ません。

操作や契約に不安がある方にとっては、オンライン専用プランは不向きと言えます。

LINEMOでは問合せの電話番号はありますが、混雑しており繋がりづらい状況が続いています。

番外編!Rakuten UN-LIMTI Ⅵ

気になるのが楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)のメリットとデメリットです。

ここからはRakuten UN-LIMTI Ⅵ のメリットとデメリットについて解説していきます。

Rakuten UN-LIMTI Ⅵ のメリット

まずはRakuten UN-LIMIT Ⅵ に乗換えることのメリットについて解説していきます。

料金が安い

Rakute UN-LIMIT Ⅵ は4社の中で唯一料金が変わるプランです。

~1GBまで1GB~3GB3GB~20GB20GB~
0円1,078円2,178円3,278円

Rkuten UN-LIMIT Ⅵ の大きな特徴として利用したデータ量に応じて金額が変わる点です。

いわゆる従量制と呼ばれるものですが、特徴的なのが最大限に使ってもRakuten UN-LIMIT Ⅵ は料金が安く設定されています。

他の3社が月に利用出来るデータ量が20GBに対し、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は金額こそ3,278円と若干高くなりますが、利用出来るデータ量は無制限となっています。

また、他社同様に月のデータ量を20GBで抑える事ができれば、月額2,178円と最安となり、さらに利用したデータ量が1GB以下なら料金は0円というのも大きなメリットです。

Rakute UN-LIMIT Ⅵ の従量制は非常にお得なプランと言えます。

窓口で契約や相談が出来る

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ が他の3社と決定的に違うのはオンライン専用プランでは無いという事です。

楽天はRakuten UN-LIMIT Ⅵ の取り扱い窓口を全国展開していますので、対面でスマホの購入やサポートを受けることが出来ます。

ドコモやauなどのように窓口は多くはありませんが、今後増えていくことが予想されます。

使い方に不安がある方等にとっては安心して利用出来る材料となります

申込みや販売についての窓口は楽天ショップ一覧で確認できます。

音声通話が無料

Rakuten-UN-LIMIT Ⅵ には音声通話のオプション(通話定額)というものがありません。

その分Rakuten LINKという音声通話アプリが用意されています。

Rakuten LINKは通常の音声通話とほぼ同じように利用することが出来て、基本料金も通話料金も無料になるアプリです。

電話番号の表示なども相手に表示される点や着信についても番号表示されます。

また、留守番電話にも対応していますので音声通話をたくさんする人には大きなメリットです。

しかし、ネット上では一部で通話品質が悪いと評価している人や、iphone X以前の機種に対応していないなどの問題点もあります。

通話料がかからず無料で利用できるため楽天モバイルのアプリ(Rakuten LINK)はおすすめです。

Rakuten UN-LIMITを利用するデメリット

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのメリットはユーザーからすると魅力的ですが、デメリットはどのような点でしょうか?

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)のデメリットについて解説していきます。

電波に不安

携帯電話を選ぶうえで料金も重要ですが、一番重要ともいえるのが電波です。

いくら安くても、いくら速くても電波が届かないのでは話になりません。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ の一番の問題点は電波です。

ここでは難しい解説は省きますが、携帯電波で利用する電波は複数あります。

複数ある電波の中に、プラチナバンドと呼ばれる周波数を使った電波があります。

プラチナバンドの特性は、建物のなどの遮蔽物に影響されにくい点です。

そのプラチナバンドを利用することが出来るのが、

  • docomo
  • KDDI(au)
  • ソフトバンク

の3社のみとなっていて、楽天はプラチナバンドを利用することが出来ません

そのため、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は建物の中やビルの密集した場所で電波が受信出来なくなるといった事になってしまいます。

楽天も総務省にプラチナバンドの割り振りを依頼しているようですが、現時点ではその見通しは立っていないようです。

ビルなどの建物の中にいる方の場合は圏外になってしまう事や電波が不安定になる点は覚悟しないといけません。

利用する場所によってはデータが5GB?

Rakuten UN-LIMIT Ⅵは全国で利用できる第4の携帯電話事業者です。

ただし全ての地域で楽天の回線を利用しているわけではありません。

楽天の電波が利用出来ない地域や、電波の届かない場所はパートナー回線(現在はau回線)を利用しています。

その為パートナーエリアについては月に5GBまでの利用制限があります。

お住いの場所やお勤めの場所が、都内や人口密度が高い楽天のサービス提供エリアならば文字通りデータ利用量が無制限で3,278円となりますが、提供エリア外の場合5GBまでで2,178円となります。

その為Rakuten UN-LIMIT Ⅵ がおすすめ出来るのは行動範囲が楽天のサービスエリアの人になります。

楽天のサービスエリア外の人はahamo・au・LINEMOを選ぶのがおすすめです。

ただし、楽天は急ピッチで自社サービス提供エリアを広げています

公式サイトの通信エリアには現在楽天のサービス提供地域と今後の予定も確認することが出来ます。

随時更新していますので、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ の電波が不安という方はこまめにチェックされることをおすすめします。

オンライン専用プランの上手な選び方

オンライン専用プランは今までのようにセット割引がありません。

その為、自宅の固定回線や家族割引などにしばられる必要が無いので、自分の好きなキャリアを選ぶことが出来ます。

また、携帯電話の契約期間(縛りと違約金)が以前に比べ緩くなった事もあり他社に乗換えるハードルが低くなりました。

では、実際にオンライン専用プランを失敗しないように選ぶのはどうすれば良いのでしょうか?

失敗しないオンライン専用プランの選び方のコツは、スマホをどう使うかです。

ここでは、携帯電話の使い方に分けておすすめのプランを紹介していきます。

音声通話が重要という方なら

音声通話が重要という方は、ahamoがおすすめです。

ドコモの回線を利用したahamoであれば、日本中どこでも不安なく通話が出来ます。

なお、基本料金に無料通話の通話準定額が含まれていることもおすすめの理由の1つです。

上でも解説しましたが音声通話をあまり使わないのであれば、通話はオプションになっているpovoやLNEMOのほうが安いのですが、無料通話が標準で含まれている事を考えると一番お得なのはahamoとなります。

電波の受信状態が良く、通話が途切れない、それでいて料金が安いとなるので、音声通話を重視したい人にはahamoがおすすめです。

\ahamoなら5分以内の通話無料で月額2,970円/

例外として1年間限定ですが、LINEMOはキャンペーンで通話準定額無料を行っていますの、1年後にahamoに乗り換えるのを前提とするならLINEMOがお得な選択となります。

家族や友達とたくさん話したいという人には

他の人と通話をするには「音声通話」と「LINE」などの無料通話アプリを利用した方法があります。

音声通話は通話品質が良い代わりに料金もかかってしまいます。

一方LINE通話などの無料通話アプリはデータの消費はしますが料金は無料です。

では、家族や友達と思う存分電話やビデオ通話をするのはどこがおすすめになるのでしょうか?

LINE通話やLINEビデオ通話を使う場合、通常ならデータの消費をします。

その場合20GBを超えてしまうと、データを買い足さなければいけなかったり、遅くなった通信速度を我慢して月が替わるまで利用するしかありません。

しかし、LINEMOに関してはLINEギガフリーとなっており、データ量を気にすることなく、追加料金無しで思う存分家族や友達と話をすることが出来ます。

さらにLINEスタンプの使い放題が始まればLINEの機能さらに楽しく利用出来ます。

LINEの通話・ビデオ通話をたくさん使う人は、LINEMOがベストな選択です。

\LINE通話・LINEビデオ通話は通信量に含まれない!LINEMO/

休みの日は映画や音楽を思う存分楽しみたいという方には

休日に朝から晩まで思う存分映画やテレビを見たいという方におすすめなのがpovoです。

最近流行の動画配信サイトは作品数も充実していて1日に2本、3本の映画を見てしまうという人も多いようです。

ただ、やはりそれだけ多くの作品を見ると残りのデータ量が気になるところです。

しかし、povoなら24時間無制限のトッピングをオンにすれば、そこから24時間はデータの利用量が無制限となるので気兼ねなく映画を楽しむことが出来ます。
※24時間データ使い放題のトッピング(オプション)は220円です。

また、仕事で多くのデータをやり取りする必要がある場合にも24時間無制限のトッピングは役に立つアイテムとなります。

24時間無制限のオプションがあるのはオンライン専用プランではpovoだけとなります。

普段はそれほどデータを使わないけれど、月に数回多くのデータを利用するような使い方をする人にはpovoがおすすめです。

\220円で一日使い放題が可能!povo/

海外出張がある方は

今回紹介した4社は全て海外ローミングに対応しています。

povoやLINEMOについては海外で利用した分は基本料金とは別の請求になりますが、ahamo基本の20GBの範囲であれば追加料金なしで海外で利用することが出来ます。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ の場合は月に2GBまでは追加料金なしで海外ローミングが利用出来ます。

ただし、電波の状況等を合わせて検討すると海外出張が多い方におすすめなのはahamoとなります。

楽天モバイルはどんな人におすすめ?

第4のキャリアRakuten UN-LIMIT Ⅵ はおすすめできないのでしょうか?

楽天モバイルはプラチナバンドが使えないこともあり電波に関する不安が残ってしまいます。

しかし、サービスの内容としては非常に魅力的で、他のキャリアにはない充実したサービスを提供しています。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ は、

  • 行動範囲が楽天回線のサービスエリア内
  • ビルや地下などに長時間いない人

におすすめとなります。Rakuten UN-LIMIT Ⅵは利用する環境さえ整っていれば1番おすすめのプランです。

\月1GB以下なら無料で利用可能!/

まとめ

オンライン専用プランが各社から出揃いました。

ahamo・povo・LINEMOは基本的な仕様はあまり変わりませんが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみ新規参入という事でかなりお得な内容となっています。

ただし、電波については楽天はまだほかの3社に並んでいないのが残念な点で、今後に期待したい所です。

オンライン専用プランが始まり、今までのように同じキャリアを長く使う時代では無くなりました。

契約期間や違約金などの縛りが無くなったことで、キャリアの乗り換えは簡単になりました。

自分のライフスタイルに合わせどんどん乗り換えて、自分にあったキャリアを探すスタイルが今後の携帯電話の利用方法となります。