LINEモバイルにMNP乗り換えするのは簡単?実際に乗り換えした実践レビュー

LINEモバイルにMNP乗り換えする手順

現在、キャリア(ドコモ、SoftBank、au)を使っているけれど毎月の料金が高いからできるだけ毎月のスマホ料金を安くしたい。

そんな時に、LINEモバイルは月々の価格が安く利用できるプランが充実しており、その月額料金は非常に魅力的です。

「なんか難しそうだから抵抗がある」

「今使っている電話番号を変更したくない」

「自己責任でやらないとならないなら店舗数が充実しているキャリアのままでいい」

そういった気持ちを持たれている方も少なくないかと思います。初めての方は興味はあってもなんとなく難しそうだから現状維持でいいと選択されているのではないでしょうか?

実は、たった4つのステップを踏むだけで簡単にキャリアから電話番号を変えずに乗り換えが行えてしまいます。

本記事では、LINEモバイルに興味があるけど、乗り換え方がわからないという方に向けて実際に行った手順等を写真等で詳しくまとめました。

LINEモバイルに乗り換えを検討中の方は是非、ご参考頂けますと幸いです。

LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規受付を終了しました。
そのため格安にてスマホを利用するには「楽天モバイル」もしくは「LINEMO」がおすすめです。

LINEモバイルへ乗り換えを行う全体的な流れ

まず、全体像をざっくりと説明すると、流れは4つのステップで進みます。

1.MNP予約番号の取得
2.LINEモバイルへ申し込み
3.回線切替(MNP)
4.APN(初期設定)

実際、LINEモバイルのSIMカードは申し込み後、最短翌日に届きます。遅くても2、3日程度で届きますから、乗り換えはあっという間に完了してしまいます。

また、SIMカード到着の待ち時間を除くと、申し込みから設定までにかかる時間はたったの30分~40分ほどです。

事前準備もしっかりしておけばスムーズに申し込むことが出来るので、ここから先は実際の画像を絡めならが一緒に確認していきましょう。

キャリアからMNP予約番号を取得しよう

キャリアからMNP予約番号を取得する流れ

キャリアから電話番号をそのまま乗り換えのに必要なのが「MNP予約番号の発行」です。

MNP予約番号とは、キャリアやMVNOのサービスを変更する時に必要となる10桁の数字の事をいいます。

まず最初はこの予約番号をキャリアから取得していきます。手順はとっても簡単ですし、キャリア別に紹介していますので安心して大丈夫です。

各キャリアの取得電話番号は以下の通りです。

各キャリアから取得電話番号

■ドコモ

・受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
・(ドコモの携帯から)151
・4を押してオペレータと話す※ドコモはオンラインからでも取得可能

■au

・受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
・(一般電話から)0120-800-000
・(auの携帯・一般電話)0077-75470
・1を押してオペレータと話す

■ソフトバンク

・受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
・(ソフトバンクの携帯から)*5533
・(一般電話から)0800-100-5533
・1を押してオペレータと話す

それぞれのオペレーターに繋がったら「MNP予約番号を発行してください。」とひと言伝えれば、話は進みます。

MNP予約番号の発行はキャリア解約と同じ意味を持ちますので、キャンペーンを提案してきたり、遠回しな引き止めがありますがひと言『もう決めています。』と伝えれば必要以上はありません。

その後は、「キャリアを解約に関する注意事項」・「MNP転出手数料」など5分程度の内容が伝えられた後に、「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期限」を口頭で伝えられます。

最近は希望すればMNP予約番号をSMS(ショートメール)で送信してくれます。

念のために「SMSでも受け取れますか?」と伝えるようにしましょう。

ショートメッセージで送られてきたMNP予約番号の画像
キャリアで発行してもらったMNP予約番号の有効期限について

キャリアで発行してもらったMNP予約番号には15日間の有効期限が設けられてます。

ここで1つ注意しなければならないのが、LINEモバイルへの乗り換えはこの有効期限の日数が10日以上残っている状態で申込みをしなければなりません。

MNP予約番号の有効期限のイメージ

取得後は余裕を持つために、そのまま当日に申し込むか遅くても2日以内にはLINEモバイルへ申し込みましょう。

一番理想で安全な手順はMNP予約番号が取得でき次第、そのままLINEモバイルの申し込みをすることです。

ただ、仕事や育児などで有効期限が10日を切ってしまうなどという場合でれば、再発行自体は全く同じ手順でできますので、心配不要です。

また、期限切れ近くになった場合も再度、発行は可能ですので期限切れを待つ必要はありません。

MNP予約番号は乗り換えるための引換券みたいな物だから取得しただけじゃまだ解約にはなりません。

LINEモバイルへの乗り換えが完了した時点で初めてキャリアは解約になります。

【注意】契約者は統一しないとLINEモバイルへは申し込みできない

また、LINEモバイルへ申し込む時は必ずキャリアの契約者が行います。

夫婦や家族間でよくある話ですが、旦那さんが主回線になっている場合、仮に奧さんがLINEモバイルへ申し込む時はキャリアを契約している旦那さんが契約の権限を持っています。

この場合は、旦那さんが奧さんのMNP予約番号を取得してあげて、旦那さんがLINEモバイルへの乗り換え手続きをしなければなりません。

LINEモバイルへ申し込みを行う

LINEモバイルへ申込を行うときのイメージ

LINEモバイルの申込みはスマホもPCも公式サイトから行います。

途中でも出てきますが、予め以下の4つを最初に準備しておくと申込みがスムーズに進みます。

申し込みに必要なもの
  • 免許証などの身分証明書
  • 引落用のクレジットカード
  • 連絡用のGmailアドレス
  • MNP予約番号(取得済み)
LINEモバイルへの申し込み手順

まずは、公式ページに進みます。

LINEモバイルの右上の「申し込む」ボタンをタップし、次ページの申込みに必要な情報の流れを確認して、下にある「上記事項に同意の上、申し込む」をタップします。

LINEモバイルへ申込を行っている時のシーン

次に「通常申込み」か「コードを使用して申込み」かを選択します。エントリーコードやキャンペーンコードを利用する方はこの時点で入力します。

LINEモバイルのキャンペーンコードを入力しているシーン

キャンペーンコードとエントリーコードは同時に使えません。持っていない方はそのまま進んで大丈夫です。

次に「SoftBank回線」と「docomo回線」があるので、申し込みしたい方をタップします。

LINEモバイル申し込み時にソフトバンク回線かドコモ回線か選択しているシーン
  • ドコモ版のスマホなら「ドコモ回線」を
  • ソフトバンク版のスマホなら「ソフトバンク回線」を
  • au版のスマホはSIMロック解除が必要

プランやSIMタイプ、かけ放題の有無を選択します。

LINEモバイルのプランやかけ放題有無選択時の画面

今回はキャリアからの乗り換えなので、「MNP乗り換え」を選択します。

LINEモバイルにて他社からの乗り換えを選択時のシーン

ここで、キャリアから取得したMNP予約番号・有効期限に加え、転入する電話番号を入力します。

MNP予約番号を入力しているシーン

次にSIMカードの選択を行います。昔と違ってカンタン選択で利用するSIMカードが自動的に選択されますので簡単です。

例えば、iPhoneを選択すると自動でLINEモバイルで対応している「nanoSIM」を選択してくれるので、そのまま先に進めばOKです。

「nanoSIM」選択時の画面

個人情報を入力し、規約全てにチェックを入れて先に進みます。

申し込み中にプライバシーポリシーの同意を入力しているシーン

上図の「次へ進む」をタップすると、記入したメールアドレス宛てに「本人書類アップロード付きのURL」が送られてきますので、メール内のURLをタップして再度、申込みに戻ります。

アップロードする物を選択し、本人確認書類と同じ住所氏名に間違いないかチェックを入れ、次に進みます。

本人確認書類に記載されている住所と申込み時に入力した内容に誤りが判明すると、申込みキャンセル扱いとなってしまいます。

その間にMNP予約番号の有効期限が切れてしまうと、再度MNP予約番号を最初から取得することになってしまうので、最終チェックは行いましょう。

引落し用のクレジットカード情報を入力します。また、LINEモバイルは口座振替には対応していません。

支払い方法の選択シーン

最後にLINEモバイルのマイページで使用するログインIDとパスワードを設定し、最終確認をしたら「申し込む」をタップします。

LINEモバイルのアカウントを設定しているシーン

以上でLINEモバイルの申込みは完了です!後はSIMカードが届くのを待ちます。

LINEモバイルへ回線の切り替え手続きを行おう

SIMカードが届いたら最初にSIMカードが使えるように利用開始手続きを行います。

台紙に記載されているQRコードを読み取り、LINEモバイルのマイページへと進みます。

LINEモバイルの初期設定画面

申込み時に決めたIDとパスワードを入力し、先に進みます。後は流れに沿って2タップで完了します。

LINEモバイルのログイン時の画面
LINEモバイルの回線切替(MNP)をする
LINEモバイルの回線切替(MNP)をするシーン

回線の切り替え手続きは、以下3通りの中から1つ選んで行います。

  1. MNP開通受付窓口に電話する
  2. マイページでMNP開通申し込みをする
  3. 2日後自動で切り替わるのを待つ

電話なら1本かけるだけで完了します!

LINEモバイルカスタマーセンターMNP開通受付窓口

・0120-889-279
・受付時間:10時~19時

 LINEモバイルのAPN設定(ネットワーク設定)

それでは、回線切り替えの手続きが行われ、無事にLINEモバイルが開通したところで、最後はAPN設定(ネットワーク設定)です。

このAPN設定を行うと、インターネットが使えるようになります。この設定はAndroid・iPhone共に5分足らずで簡単にできます!

LINEモバイルの設定終了後の写真

SIMカードをいれるところから、誰でも分かるように1つ1つ丁寧に説明しています。

LINEモバイルが使えるようになったら、契約者連携・利用者連携を行おう!

LINEモバイルが使えるようになったら、契約者連携を行う必要があります。

契約者連携とは、あなたのLINEアカウントとLINEモバイルの契約を結びつけることで契約者連携を行うことで「いつでもヘルプ」が利用できたりLINEモバイルのマイページに簡単にアクセスできたりと非常に便利です。

また、LINEポイントを絡むキャンペーンは契約者連携が必須となるので、利用開始と共に設定しておきましょう。

手順の詳細は「LINEモバイル契約者連携・利用者連携ってなに?詳細から登録の手順を画像付きで解説するよ!」でご確認ください。

LINEモバイルの乗り換えは手順を進めれば手順はシンプル

ここまでがキャリアからLINEモバイルへ乗り換える手順は全て完了です。

文章で確認すると難しそうな印象を受けるかと思いますが、実際はやってみるととても簡単で、配達などの時間を除けばトータルで30分~40分に収まる作業です。

LINEモバイルへの乗り換えを事前に予習していた方は、本番もこの記事を開きならが参考に進めてみてくださいね。

最後のおさらいポイント
  • LINEモバイルの乗り換えは4ステップ(①MNP予約番号取得、②LINEモバイル申し込み、③開通設定、④APN設定)
  • MNP予約番号はキャリアで取得
  • MNP予約番号を取得しただけでは解約にならない
  • MNP予約番号取得後は、2日以内に申し込み!
  • 契約者は統一で
  • 申し込みは公式サイトから
  • 申し込み画面では、本人確認書類と一言一句同じ情報を入力
  • 申し込みから2~3日で商品が手元に届く
  • 回線切替を行うと、転出元のキャリアは自動解約
  • APN設定をしてネット通信ができるようにする