LINEの料金プランは安い?他社と比較し詳しく解説

LINEの料金プランは安い?他社と比較し詳しく解説

スマホを安く利用したいのであれば、格安スマホを使うべきです。

しかし、格安スマホって最近種類が多くてどれを使うべきかなかなか迷ってしまいますよね。

どれも同じように見える格安スマホですが、実は、各社ごとに特徴があり、どうやってスマホを使うか、によってお得に利用できるブランドが変わってくるのです。

今回ご紹介したいのは、LINEモバイルです。

LINEというと、今や誰もが利用しているトークアプリですよね。

その「LINE」が提供する通信サービスが「LINEモバイル」です。

CMでも「LINEモバッイッル↑♪LINEモバッイッル↓♪」で聞いたことあると思います。

LINEモバイルもしっかり特徴を持っており、自分のスマホの使い方とぴったりあうと、とてもお得に利用できるようになっています。

LINEモバイルをお得に利用できる方はこんな方です。

  • SNSをたくさん使うヘビーユーザー
  • 外で音楽をたくさん聴く方
  • LINEの機能を制限なく使いたい方

それでは、なぜこのような方たちがLINEモバイルをお得に利用できるのか、LINEモバイルの料金や特徴、ほかの格安スマホとの違いを見ていきましょう。

LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規受付を終了しました。
そのため格安にてスマホを利用するには「楽天モバイル」もしくは「LINEMO」がおすすめです。

LINEモバイルの料金プランを解説

まずは格安スマホにとっても最も大切と言える、料金プランについてみていきましょう。

LINEプランの月額料金はいたってシンプルで、ベーシックプランの月額料金+追加オプションを毎月支払うといった仕組みです。

ベーシックプランは、SIMカードの種類・データ容量によって月額料金が変わります。

それでは、ベーシックプランの月額料金を見ていきましょう。

SIMタイプ・データ容量を選ぶ

ベーシックプランの月額料金は、SIMカードの種類・データ容量によって変わります。

以下の表に一覧をまとめました。

SIMのタイプデータ容量料金(月額)
データSIM(SMS付き)
※SMS=ショートメッセージ
500MB600円
3GB980円
6GB1,700円
12GB2,700円
音声通話SIM500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円

データSIM(SMS付き)というのは、スマホで通信は可能ですが、電話番号を用いた音声通話は利用できません。

当然LINEアプリを用いた通話は可能です。ただし、LINE-IDがわかっていないと通話機能が利用できないため、ビジネス利用などは難しいでしょう。

音声通話SIMは、電話番号が付与され、電話番号を用いた通話が可能となるSIMカードです。音声通話が必要な方はこちらのSIMカードを選択しましょう。

データ容量ですが、あくまで目安となり、環境によっても変わりますが、1GBでインターネット動画約4.5時間くらいだと考えると良いでしょう。

当然モバイルデータ通信接続時に、データ容量を使用していくので、Wifi環境でしか動画を見ない、等の工夫をすればデータ容量を節約することはできます。

自分のスマホのライフスタイルを考えながら容量を選ぶようにしましょう。

使い方に応じて好きなデータフリープランを選ぶ

LINEモバイルの特徴は、自分の利用方法に応じて、データを使い放題になるところです。

LINEモバイルは、3つのデータフリーオプションから好きなものを選択できるようになっています。

これらのデータフリープランの選択、通信速度制限がかかった場合でも、フリープラン内のサービスは高速通信のまま快適に利用できます。

さらにオンオフ等の切り替えも不要、テザリング時もフリープランのサービス内容がそのまま適応されます。

それでは、3つのデータフリーオプションを確認しましょう。

  1. LINEフリープラン
  2. SNSデータフリープラン
  3. SNS音楽データフリープラン

①LINEフリープラン

LINEフリープランは、月額0円で、LINEのサービス内であれば、データ容量を気にせずに利用できるデータフリーオプションです。

オプションといっても0円なので、ベーシックプランに基本加入すると考えれば良いでしょう。

②SNSデータフリープラン

次にSNSデータフリープランです。

SNSデータフリープランは、月額280円を追加で支払うことで、以下のSNSサービスの通信利用がデータ容量に影響されなくなります。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

上記のSNSをたくさん利用するという人は、こちらのデータフリープランを選択しましょう。

③SNS音楽データフリープラン

最後は、SNS音楽データフリープランです。

SNS音楽データフリープランは、月額480円を追加することで、以下のサービスの通信利用がデータ容量に影響されなくなります。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • AWA

これらのサービスは、通信制限を気にすることなく楽しめるようになっています。外出中に音楽を楽しむ人にとっては、これらのサービスの通信制限がなくなることは非常に大きなメリットです。

これらのように自分のスマホの使い方に応じて、データフリープランを選択することによって、そのサービス利用時にデータ通信容量を気にする必要がなくなります。

月額料金も高くないので、金銭的にも、気持ち的にも余裕をもって利用できるようになります。

オプションサービスを選ぶ

上記のデータフリープランに合わせて、LINEモバイルでは、以下の5つからオプションを選択できるようになっています。

  • 10分電話かけ放題
  • 端末保証
  • Wi-Fオプション
  • ウィルスバスターオプション
  • LINE MUSICオプション
  • フィルタリングオプション
10分電話かけ放題

10分電話かけ放題オプションは、月額880円で利用できるオプションです。専用アプリからの通話であれば、10分以内に限り無料で利用できます。

10分以内で通話を切り、再び電話をかけなおしても10分かけ放題が適応されるので、実質月額料金のみでいくらでも通話ができることになります。

通話時間が10分を超えた場合は、10円/30秒の通話料金がかかります。

端末保証

端末保証は、月額450円~500円で利用できるオプションです。スマートフォン本体とLINEモバイルを同時に購入・契約した場合、LINEモバイルを契約時に本体を持ち込んだ場合のみ加入できます。

ただしiPhone購入時は加入できません。

LINEモバイルで端末を購入した場合は、月額450円、持ち込んだ場合は月額500円となります。

毎月450円、500円を支払う必要がありますが、万が一スマホを水没・破損した場合、LINEモバイルで本体を購入した方は、1回目5000円、2回目8000円で、本体を持ち込んだ方は、1回目4000円、2回目8000円で本体を修理、または交換できるようになっています。

*ただしiOS端末は修理のみ

水没に対応している点も嬉しいところですよね。LINEモバイル契約時しか加入できないオプションとなっているので、加入するかどうか慎重に決める必要があります。

Wi-Fオプション

Wi-Fiオプションは月額200円で、指定のWi-FiスポットでWi-Fi接続が可能となります。

Wi-Fiスポットには指定ステッカーが貼ってあるので一目でわかり、一度登録してしまうと、その後は自動で接続されます。

セブンイレブンやローソンなどのコンビニ、スターバックスコーヒーなどどこにでもある、という場所が多いので、意外に便利に使えます。

ウィルスバスターオプション

ウィルスバスターオプションを選択すると、月額420円で、スマホをウィルスなどから守ってくれるウィルスバスターをインストールできるようになっています。

盗難・紛失の場合もリモート操作ができたり、アカウント乗っ取りにも対応したりしているので、外部からのスマホへの脅威も安心です。

安心して使いたいという方のほかにも、子どもにスマホを使わせたいという方にもオススメです。

LINE MUSICオプション

本来月額891円で利用できる音楽サブスクリプションサービスのLINEMUSICが月額750円で利用可能になるオプションです。

ただしデータ容量は消費するので、たくさん利用するという方は、SNS音楽データフリーオプションを選択すべきです。

フィルタリングオプション

子どもにスマホを安心して使わせたいという方は無料でフィルタリングオプションを選択できます。

フィルタリングでは、以下の4つの点で、子どもの安心を守ります。

  1. 有害なページをブロック
  2. 利用者の携帯の使いすぎを防ぐ
  3. 利用者のアプリ・検索履歴をチェック
  4. 利用者の居場所が確認できる

小学生などに防犯のためにスマホを持たせたいけど…まだまだ不安という方も、これなら安心してスマホを持たせられると思います。

基本料金以外に支払う料金

上記の項目までが基本料金として毎月支払う金額となります。

基本料金以外に支払うお金は以下となります。

登録事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円

LINEモバイル契約時の注意事項

LINEモバイル契約時の注意事項は以下の2点です。

  • 解約時は手数料1000円がかかる
  • プランの変更はできない(解約が必要)
解約時は手数料1000円がかかる

LINEモバイルは解約期間などがないため、解約自体はいつでも可能です。ただし1000円の解約手数料がかかることだけ理解しておきましょう。

プランの変更はできない(解約が必要)

LINEモバイルを契約するときの注意事項は、データ容量の増減を除くプラン変更ができない、という点です。

プラン変更を希望する場合は、一度解約してから再契約するしかありません。

LINEモバイルは本当に安く利用できるのか

LINEモバイルの特徴がわかったところで、本当に安く利用できるのか、他の格安モバイルがどうなのか、という点が気になると思います。

そこで、以下の格安モバイルと比較し、どういった違いがあるのか、を見ていきましょう。

  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • mineo
  • BIGLOBE
  • IIJmio

今回比較した項目は以下となります。

①料金

最安料金~最高料金まで

②通信し放題プラン

データ通信し放題かどうか

③データ繰り越し

高速データ通信の残容量が次月に繰り越されるかどうか

④電話し放題

電話し放題プランがあるかどうか

*〇〇分間通話料無料というプランも含みます

⑤通信速度

通信が快適かどうか

⑥口座振替

口座振替に対応しているかどうか

⑦キャリアメール

キャリアメールが利用できるかどうか

⑧実店舗

実店舗があるかどうか

LINEモバイル
料金(月額基本料金)通信し放題プランデータ繰り越し電話し放題
600円~3200円×
通信速度口座振替キャリアメール実店舗
×
ワイモバイル
料金通信し放題プランデータ繰り越し電話し放題
2.680円~4,680円×
通信速度口座振替キャリアメール実店舗
×
mineo
料金通信し放題データ繰り越し電話し放題
700円~6,950円×
通信速度口座振替キャリアメール実店舗
××

*eo光ネットを契約の場合のみ選択可能

BIGLOBE
料金通信し放題データ繰り越し電話し放題
1,160円~2,150円××
通信速度口座振替キャリアメール実店舗
××
IIJmio
料金通信し放題データ繰り越し電話し放題
480円~3,260円×
通信速度口座振替キャリアメール実店舗
×××

LINEモバイルの強みとは

LINEモバイルの強みをまとめると以下となります。

  • 料金が安い
  • 実店舗があり、万が一の場合にも安心できる
  • IDでのLINEアカウント追加機能が使える
  • 電話し放題プランが使える
  • SNS使い放題オプションが選択できる

この中でも特にLINEモバイルを選ぶ決定打となり得るのは、「LINEアカウント追加機能」と「SNSデータフリーオプション」です。

LINEはとても便利なアプリですが、格安スマホを使うと、年齢認証ができずIDによるユーザーの検索・登録ができなくなってしまいます。

LINEモバイルであれば、年齢認証をクリアできるので、ID検索・登録が利用可能となります。

そして「SNSデータフリー」では、指定SNSの利用に関してはデータ通信容量を消費しません。気が付いたら、TwitterやLINEを見てしまっているという方は、このオプションを選択するだけで、一気にデータ消費量を節約できるようになっています。

これらの特徴と、自分のスマホの使い方が合致している方は、ぜひLINEモバイルを利用してみてはいかがでしょうか。
※LINEモバイル2021年3月31日に新規受付を終了しました。