LINEMO動作確認端末一覧~対応機種のチェックをしよう~

オンライン専用プラン「LINEMO(ラインモ)」のサービスが開始されましたが、LINEMOではスマホの販売を行っていません

そのためLINEMOで利用するスマホは自分で用意しないといけませんが、不安なのは自分のスマホがLINEMOに対応しているかどうかです。

ここではLINEMOで利用できる端末について解説していきます。

本記事を読んでわかること
  • LINEMOに対応した機種について
  • SIMロック解除は必要かについて
  • LINEMOの動作未確認端末について

今使っているスマホはLINEMO(ラインモ)で使える?

LINEMOではスマホの購入ができないため、

  • 現在利用しているスマホを使う
  • ショップやネットでスマホを購入する

のどちらかになりますが全てのスマホが対応しているというわけではありません。

では、LINEMOで利用できるスマホはどのようにして調べればいいのでしょうか?

一番確実な方法はLINEMOの公式サイトで利用したいスマホがLINEMOに対応しているかどうか確認することです。

LINEMOでは動作確認ができている端末情報を公開しています。

LINEMOで利用できる端末は【検証済み端末一覧】で確認することができます。

検証済み端末一覧の見方は次の通りになります。

  • ①製品カテゴリ
     確認したい端末の種類をプルダウンで「スマートフォン」「タブレット」から選びます。
  • ②メーカー
     確認したい端末のメーカーをプルダウンで選びます。
  • ③ブランド
    「その他(SIMフリー)」「SoftBank」「Y!mobile」の3つの中から選択しますがSoftBank及びY!mobile以外の機種は「その他(SIMフリー)」を選択します。
  • ④機能(eSIM対応)
     スマホが対応している機能を「eSIM対応」で絞り込む事ができます。
  • ⑤機能(5G対応)
     スマホが対応している機能を「5G対応」で絞り込む事ができます。

上記の選択をすると対象の端末に移動します。

端末の対応表の見方は次の通りです。

  • ①メーカー
     確認がしたいスマホのメーカー名です。
  • ②キャリア
     現在契約中の携帯電話会社でSoftBank及びY!mobile以外の機種は「その他(SIMフリー)」が表示されます。
  • ③音声通話
     音声通通話ができるかどうかの確認
  • ④データ通信
  •  インターネットやメールなどデータ通信ができるかの確認
  • ⑤SMS
     電話番号を使ったショートメールが利用できるかの確認
  • ⑥テザリング
  •  スマホを介してパソコンやタブレットなどの端末をネットに接続することができるかの確認
  • ⑦利用できない機能
    画像の「⑦」のように「×」がついている項目は利用できない機能または動作確認出来ていない機能になります。

LINEMOで確認出来ている端末はすべてここから確認できますので、自分が利用している端末やこれから端末を購入する場合は事前に確認することをおすすめします。

\月額2,748円で月20GB利用可能!/

対応端末なのに使えない場合について

LINEMOの公式サイトで確認すると動作確認済みの端末になっていたのに、実際に設定してみるとLINEMOで利用できないことがあります。

この場合注意したいのが利用する予定の端末の元のキャリアです。

前項の画像②のキャリアが利用しているキャリアで間違いないのか確認することが重要です。

機種名は同じでもキャリアが違う場合LINEMOの電波を受信しないことがあります。

4Gの周波数は上の表のように各携帯電話会社に割り振られています。

LINEMOで利用するスマホは700MHz、900MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.0GHz、3.5GHzのいずれかに対応していなければいけません。

最近の機種については府ほとんどが対応していますが、機種が古い場合や中古のスマホを購入した場合には表を元に自分の使っているスマホがLINEMOの周波数に対応しているかどうか確認を行ってください。

特にAndroidの場合は購入したキャリアによって同じ機種でも利用できる「周波数に違いがある」場合がありますので、SoftBank以外からLINEMOへの乗り換えの場合は注意が必要です。

LINEMOでは今後も動作確認を検証していく予定と発表しています。

動作検証予定については、LINEMOの【動作検証予定】から確認することもできます。

LINEMOの動作確認済み端末のリストに入っていなくても利用可能となる事もありますので動作検証予定はこまめにチェックしましょう。

SIMロック解除は必須

LINEMOで使用する端末はSIMロック解除してあることが大前提となります。

auからpovoやドコモからahamoの場合はSIMロック解除する必要はありませんが、LINEMOの場合はソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えでもSIMロック解除が必要となります。

LINEMOを利用できる端末の最低条件として、SIMフリーの端末もしくはSIMロック解除をした端末となります。

SIMロックとは

スマホや携帯電話には「SIMカード」と呼ばれる小さなICカードがセットされています。

そのICカードの事をSIMと言いますが、このSIMに契約者を特定するために固有の番号が記録されています。

スマホを購入した場合、多くの端末には契約した携帯電話会社以外のSIMカード利用できないようになっています。

このことをSIMロックと言います。

SIMロック解除は全ての人が対象?

SIMロックされたスマホでドコモやauなど、他の携帯電話会社のスマホをお使いの方がLINEMOに乗り換える場合、SIMロックを解除する必要があります。

なお、ソフトバンクを利用している人LINEMOに乗り換えるにはSIMロックの解除が必要となります。

SIMフリー端末のスマホを利用している人は、SIMロック解除は必要ありません。

SIMロックの解除方法について

SIMロックの解除方法は3通りあります。

  • ショップで解除
  • 電話して解除
  • インターネットを利用しての解除

しかし、携帯電話ショップ及び電話での解除は、

  • 窓口が混みあっている
  • SIMロック解除手数料3,300円がかかる

となっており、この2つの方法でのSIMロック解除はおすすめしていません。

インターネットを利用してのSIMロック解除方法

ほとんどの携帯電話会社はインターネットからSIMロック解除可能なページをホームページに用意しています。

インターネットが利用できる環境なら一番簡単な方法です。

SIMロック解除の方法は特に難しい手続きはありませんので、時間のない方や面倒なことは嫌いという方におすすめの方法です。

■主要携帯電話会社のSIMロック解除の手続き先

インターネットでのSIMロック解除には手数料などの費用は掛かりません。

どうしても電話にてSIMロック解除したい方は下記より可能です。

TELからの手続き
ドコモドコモ携帯からは 151
au0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク
楽天モバイル0800-805-0090(9:00~20:00)
UQモバイル0120-929-818(9:00~21:00)
ワイモバイル

SIMロック解除は、インターネットからの解除が簡単で料金もかかりません。

SIMロック解除ができる機種

SIMロック解除は全てのスマホで可能というわけではありません。

まずは自分のスマホがSIMロック解除ができる機種かどうかの確認をする必要があります。

SIMロック解除ができるiPhone

iPhone6s以降の端末であれば、SIMロック解除が可能となっております。

そのため、iPhone 6以前のモデルはSIMロックの解除ができません

また、Appleストアで購入したiPhoneやiPadはすべてSIMフリー端末なのでSIMロック解除の必要はありません。

iPadの場合は、iPad mini 4以降であればSIMロック解除可能です。

SIMロック解除ができるAndroid

Androidは発売機種が多くここで全てを紹介することができませんが、基本的には2015年5月移行に発売された機種においてはすべてSIMロック解除が可能です。

そのため2015年5月以前に発売されたスマホはSIMロックの解除は出来ません。

また、一部の機種で2015年5月以降に発売された機種であっても携帯電話会社によってはSIMロック解除ができない場合もありますので注意が必要です。

SIMロックを解除したら今までのキャリアでは使えなくなるの?

SIMロックを解除した後に「やっぱりいまのままでいいなぁ」と乗り換えをやめてしまうということも場合によってはあるかもしれません。

その場合SIMロック解除してしまったスマホは利用できなくなってしまうのでしょうか?

結論からいうとSIMロック解除した後でも、そのまま利用することは可能です。

SIMロックを解除しても今後の利用に影響はありませんのでSIMロック解除したからと言って急いで他社にの乗り換えなければいけないということではありません。

他に乗り換える可能性のある人はSIMロック解除をしておくというのも良いですね。

LINEMOに対応していない機種は使えないの?

LINEMOの動作確認済み端末を見てみると、「iPhone」とブランドの項目が「ソフトバンク・Y!mobileの端末」は確認済みになっていますが、それ以外が「該当する製品は存在しません」となっています。

では、LINEMOの動作確認端末以外のスマホは全く利用できないのでしょうか?

LINEMOの動作確認端末は実際に問題なく利用できるか試した、検証済みのスマホです。

しかし、現在までに発売されている端末すべて検証するのは非常に困難なため、LINEMOでアナウンスされている動作確認済み端末以外にも、LINEMOで利用できるスマホはまだたくさんあります。

しかし、その場合はあくまで【自己責任】ということになります。

リストにない機種でも利用できるかもしれない!?

自己責任となりますが、LINEMOに掲載されていないスマホがLINEMOにて利用できるかの確認方法を説明していきます。

スマホは通信するのに電波を利用しますが、利用するの電波の周波数(バンド)はキャリアごとに割り振られていて、LINEMOで利用できるバンドはソフトバンクと同じ周波数となっています。

次の表が総務省が公開している「各事業者が第3.9-4世代で使用している周波数帯」の一覧で、利用できる可能性のある端末はこの中のソフトバンクに【〇】がついているバンドを利用できるスマホになります。

引用元:各携帯電話事業者の通信方式・周波数帯(総務省)

対応しているのは【バンド1・バンド3・バンド8・バンド11・バンド28・バンド42】となっていますので、利用したいスマホがこれらの周波数(バンド)に対応していれば利用できる可能性があるという事になります。

対応している周波数についてはメーカーのホームページで確認することができます。

また、インターネット上にも情報があるので「Yahoo!」や「Google」などの検索エンジンを利用すると簡単に調べることができます。

ただし、周波数(バンド)があっているからと言って100%利用できるということではありません。

あくまで自己責任ということになりますのでご注意ください。

まとめ

LINEMOでは端末の販売はしていないため、利用するスマホやタブレットなどの端末は自分で用意しなければいけません。

そのためLINEMOに乗り換えたけど、利用できないということも十分あります。

そうならないためにもLINEMOで利用予定の端末は公式サイトで動作の確認が取れている端末で使うのが一番安心です。

ただ、残念なことにApple製品(iPhoneやiPad)以外のソフトバンク・Y!mobile以外のスマホやタブレットの動作確認はほとんどされていません。

注意しなければいけないのはソフトバンク・Y!mobile以外で購入したAndroidのスマホやタブレットです。

ソフトバンク・Y!mobile以外で購入したAndroidのスマホやタブレットについては、くどくなってしまいますが【自己責任】ということを忘れずにLINEMOへの乗り換えを検討することが重要です。

\月額2,748円で月20GB利用可能!/