LINEMOの契約前に「注意点」を徹底解説~大丈夫その契約!?~

ソフトバンクのオンライン専用プラン『LINEMO(ラインモ)』が始まりました。

LINEMOでは、月20GBが月額2,728円で利用できるスマホプランと、月3GBが月額990円で利用できるミニプランを用意しています。

しかし、オンライン専用プランの為、店頭での質問が出来なかったり、オンラインチャットもチャットボットが対応している事が多く、契約前に質問したいけど質問できないという状況が続いています。

実際に悩んでる人の口コミとして、

  • 今までの端末残債はどうするの?
  • 「家族割」「おうち割」「おうちでんき」の割引はどうなるの?
  • キャリアメールは使えなくなるの?
  • ソフトバンクからLINEMOの場合、MNPの予約番号必要?
  • SIMロック解除は必要?

といったように、様々な疑問が出てきます。

上記にあげた意外にもLINEMO(ラインモ)へ乗り換える際の注意点はたくさんあります。

ここでは他社からLINEMOに乗り換える方ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに乗り換える方に契約前の注意点や疑問点について解説していきます。

LINEMOには公式サイトには記載されていない点が多く、契約した後「こんなはずじゃなかった」という事にならないためにも、このページの注意点は全て確認して頂いた方が良いです。

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

LINEMOの基本情報

LINEMOの注意点の前に、LINEMOの料金等の基本情報をおさらいをしていきます。

月額料金スマホプラン:2,728円
ミニプラン:990円
データ容量スマホプラン:20GB
ミニプラン:3GB
テザリングスマホプラン:20GBまで利用可
ミニプラン:3GBまで利用可能
データ量追加550円/1GB
データ容量超過後通信速度1Mbps
対応SIMSIMカード、eSIM
通話オプション通話準定額(国内5分かけ放題)550円/月額
通話定額(国内24時間かけ放題)1,650円/月額
対応ネットワーク3G / 4G / 5G
※「3Gのみ対応の端末」や「VoLTE非対応の端末」は不可

LINEMOのサービス発表当時はソフトバンクのサブブランドではという話もありましたが、ソフトバンクの回線を利用したサービスで通信品質もソフトバンクと同様という事です。

なお、最初に発表されたときは、データ容量20GBに通話準定額が含まれて3,278円となっていました。

しかし、正式発表では通話準定額(国内5分かけ放題)がオプションとなり、550円安くなった総額2,728円と通話は必要ないという人には、さらに格安で利用できるようになりました。

利用可能なデータ量は月間20GBまでとなりますが、20GBを超えても1MbpsとなるのでNetFlixなどの動画配信サイトの高画質ではきついですが、YOUTUBEの標準画質程度であれば、「何とか視聴できる速度」となっております。

速度制限になったからと言って、全く使えない訳ではありません。

LINEMOの注意点について

ここからが本題のLINEMOに関する注意点の解説となります。

格安に使える事で家計の手助けになるLINEMOですが、気を付けないと「」や「使い勝手がわるくなる」点が複数あります。

LINEMOに乗り換えて後悔する前に、注意点をしっかりと理解したうえ契約するのがトラブルを回避する一番の方法です。

LINEMOの注意点は多いですが、一通り目を通してくださいね!

LINEMOはオンライン専用プラン

LINEMOの一番の注意点はオンラインプランという事です。

今までスマホの契約にオンラインプランという言葉ありませんでしたが、このオンライン専用プランとはどのようなプランなのでしょうか。

オンライン専用プランとはまさに名前の通りで、全ての手続きをWEB上で行うプランという事です。 

全ての手続きをオンラインにすることでコストを下げ月額料金を下げることが出来ます。

そのため分からないことがあってソフトバンクの窓口に行っても対応してくれません

分からない事があれば公式サイトのチャットを使い問題を解決していかなければいけませんが、残念なことに申し込み者が殺到して、チャットもつながりづらい状況です。

チャットについては、

  • オペレータが対応
  • ボット(AI)が対応

という2通りがあります。

オペレーターに繋がるチャットは「カスタマーサポート(お問い合わせ)」のページの「上記以外からのお問合わせ」を選べば、オペレーターへのチャットが繋がります。

なお、Pepper君がでてくるチャットでも、「オペレーター」と入力すれば「オペレーターにお繋ぎしますか?」と聞かれますので「はい」を押せばオペレーターに繋がります。

注意点としては、オペレーター対応時間が9時~20時となっておりますので、時間外の場合はオペレーターに繋がりません。

電話での問い合わせについて

LINEMOでは、申込窓口の電話も設けられています。

申込前、申込後に不明点等ありましたら下記番号にご連絡ください、

電話番号:0800-100-1850(通話料無料)
受付時間:10:00 ~ 19:00

しかし、LINEMOが開始して直ぐという事もあり、電話が繋がらない状況が多いです。

繋がりづらい状況になっているため、現時点でこちらの電話にかけることはおすすめしていません。

不明点があった場合はネットで調べるか、チャットサポートを利用した方が早く解決する場合が多いです。

家族割・おうち割・おうちでんきの割引が無い

LINEMOは家族割おうち割おうちでんき等の割引が対象外になってしまいます。

まずは、家族割・おうち割・おうちでんきの割引額を整理してみます。

家族割はソフトバンクのプランの見直しがあったため「新みんな家族割」と割引名が変更されました。

新みんな家族割とおうち割光セットの割引内容は次の通りとなっています。

自分だけ2人で使う3人で使う
おうち割光セット-1,100円/台
新みんな家族割
(1台につき)
割引なし-660円/台-1,210円/台
おうちでんき110円/台+光回線から‐110円割引

上記の通り、全ての割引を使っているとかなりお得に利用することができます。

特に、おうち割光セットは契約台数にかかわらず1台につき毎月1,100円の割引と高額です。

しかし、おうち割に関しては光電話などのオプションを契約するのがおうち割の適用条件であることや、ソフトバンク光が他の光コラボよりも若干ではありますが高額なことから、毎月20GB以上のギガを消費しないのであればLINEMOのほうがお得という事になります。

毎月ギガの消費が多くて20GBでは全く足りないのであれば、おうち割光セットや新みんな家族割が適用になるソフトバンクのほうがお得です。

ソフトバンクを家族3人で利用している家が1人LINEMOに乗り換えた場合、新みんな家族割の対象は2人となり割引額は2人に対し1台につき660円の割引となります。

LINEMOに乗換えた家族は人数に加算されないので注意してください。

また、ソフトバンクと家庭の電気料金をまとめる「おうちでんき」は対象となる端末1台につき毎月110円の割引、さらに自宅の光回線も毎月110円割引されます。

仮に家族3人で利用している場合、110円×3台+光回線の割引110円となり、合わせて毎月440円が割引となります。

LINEMOにすると、おうちでんきも適用外となります。

LINEMOを契約すると「家族割」「おうち割光セット」「おうち割 でんきセット」の割引は適用外です。

家族割とおうち割光セットの割引額は大きいので、家族でソフトバンクを使っている人は、一人だけLINEMOに乗り換えると損をする場合もありますので、料金の計算をシッカリとした方が良いです。

LINEMOにするとソフトバンク光のオプションパックが利用出来ない!

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーならソフトバンク光をご利用中の方は多いと思います。

その中にはBBユニットのレンタルをしている方やオプションの光電話などがお得に利用出来るオプションパックを契約している人もいるはずです。

オプションパックとは、「光BBユニットレンタル(月額514円)」+「Wi-Fiマルチパック(月額550円)」+「電話サービス(月額550円)」が3つセットで550円にて利用できる割引サービスです。

しかし、ソフトバンク及びワイモバイルのユーザーでソフトバンク光を利用している人がLINEMOに乗り換えてしまうと、ソフトバンク光のオプションパックの割引が利用出来なくなってしまいます

LINEMOにすることで、以下のマルチパックの料金が全て個別の料金となってしまいます。

BBユニットレンタル514円/月
光電話550円/月
Wi-Fiマルチパック550円/月

上記のオプションがマルチパックで契約出来れば550円だったものが、LINEMOにすることでマルチパックの契約が出来なくなり全て個別契約に自動で変更されます。

光電話については固定電話が必要ない方からしてみればそれほど問題はありません。

Wi-Fiマルチパックも自分でWi-Fiルーターを用意してしまえば問題ありません。

しかしBBユニットに関してはレンタルしないとIPv6接続が利用出来ないため、自宅の光回線の通信速度に影響が出てしまいます。

そのためBBユニットレンタルは必須となります。

現在ソフトバンク光をお使いの方でオプションパックを契約している方は、LINEMOに乗り換える事でスマホの料金は安くなりますが、光回線の方で場合によっては1,000円程オプション料金が上がってしまう事は理解しておく必要があります。

ソフトバンク光を利用している「ソフトバンク」「ワイモバイル」のユーザーの方でLINEMOを利用する場合、他の光回線に乗り換えた方が光回線を安く利用できます。

キャリアメールが使えなくなる

LINEMOに限らずドコモのahamo、auのpovo、全てのオンラインプランはキャリアメールに対応していません

「キャリアメールって何?」という人もいるかもしれませんが、キャリアメールとは、

  • xxxxxxx@softbank.ne.jp
  • xxxxxxx@docomo.ne.jp
  • xxxxxxx@ezweb.ne.jp

等の携帯電話会社の名前などが入ったメールアドレスのことです。

LINE等の無料通話アプリの普及とともに、あまり使われなくなってきてしまいましたが、ウェブサイトの登録やネットショッピングの会員登録などで利用している人も少なくないです。

そのメールアドレスがLINEMOに変更すると利用出来なくなってしまいます

ソフトバンクのiPhoneなどで使われるi.softbank.jpも利用できなくなります。

最近では利用が少なくなってきたといっても、すでに色々なところで利用している場合には乗り換え前にメールアドレスを変更しておく必要があります。

ただ、キャリアメールが使えなくなってしまったら新しく登録するメールはどうすればいいのかという事になります。

フリーメールアドレスに変更する

GmailやYahoo!メール等は誰でも無料で簡単にメールアドレスを作ることが可能で料金もかかりません。

スマホの会社とは関係が無いのでスマホを乗換えてもメールアドレスをそのたびに変える必要がないため、ずっとそのアドレスを使い続けることが可能です。

今後スマホの会社は自分のライフスタイルに合った会社にどんどん乗り換えていく事が主流になってきます。

その為にもこのタイミングでキャリアメールからGmailやYahoo!メール等に変更しておくのがおすすめです。

Gmailの登録方法はこちらから、Yahoo!メールの登録方法はこちらから公式サイトに移動できます。

スマホで利用する場合にはiPhoneやandroidのアプリがあるので、キャリアメールと使い方もほとんど変わらずに利用出来ます。

SMS(ショートメール)については今まで通り利用可能です。

LINEの通話がギガノーカウントに注意

LINEMOの大きな特徴として無料通話アプリ「LINE」の通話で利用したデータ量は毎月利用出来る20GBにカウントされないという点です。

しかし、これはLINE全てのサービスが20GBにカウントされないという事ではありませんのでご注意ください。

LINEには多くの機能がありますが20GBにカウントされないのは一部の機能のみとなります。

対象は次の表のとおりです。

■LINEギガノーカウント対象
「Face Play」「各タブトップの表示」「音声通話・ビデオ通話の利用」「トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)」「トークのみんなで見る機能による画面シェア」「各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集」「タイムラインの表示・投稿・シェア」「ディスカバー(写真・動画)の表示」「ウォレットタブのLINE Payの利用」「ウォレットタブのLINE家計簿の利用」「設定および各項目の表示・編集」「友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加」「プロフィールの表示・編集・投稿」「プロフィールの表示・編集・投稿」「検索の利用」

■LINEギガノーカウント対象外
「トークでの位置情報の共有」「トークでのShoppin’トークの利用」「トークでのジフマガの利用」「トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧」「Line Liveの利用」「ニュース記事詳細の閲覧」「OpenChatの利用」「スタンプショップの利用」「着せかえショップの利用」「LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど)」「LINE Liteの利用」「海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用」「他社サイトへの接続(URLなどをクリック)」「他社アプリへの遷移」

音声通話ビデオ通話の利用でギガを消費しないのはうれしい事ですが、LINE Liveの利用やYouTubeの閲覧、スタンプや着せ替えの利用でギガを消費してしまうのは残念な点です。

LINEアプリ使用中は全てギガが消費しないと勘違いしないようにしてくださいね!

MNP転出の予約番号を取得したか?

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに変更の場合は対象外になりますがドコモauその他の格安SIMからの乗換で電話番号をLINEMOに乗り換えてからも使いたい場合、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の手続きが必要です。

MNPの手続きをするには現在お使いの携帯電話会社の発行する【MNP予約番号】を取得する必要があります。

取得方法は携帯会社にもよりますが、

  • WEBからの手続き
  • 電話での手続き
  • 店舗での手続き

となっておりますが、電話や店舗は待ち時間が多く手間がかかるためWEBでの手続きがおすすめです。

主要MNP手続き先一覧

WEBからの手続きTELからの手続き
ドコモドコモオンラインで手続ドコモ携帯からは 151 それ以外の場合こちら
auMy au内で手続0077-75470(9:00~20:00)
楽天モバイルmy楽天モバイル内で手続0800-805-0090(9:00~20:00)
UQモバイルmy UQ mobile内で手続0120-929-818(9:00~21:00)

上記のサイトもしくは電話番号でMNPの手続きをすると【MNP予約番号有効期限】を取得できますのでかならずこの2点を控えてください。

MNP予約番号には有効期限があります。

LINEMOの場合、MNPの予約番号の有効期限が10日以上残っていないと再度MNP予約番号を取り直さなければいけないので、番号を取得したら早目に手続きをする必要があります。

MNP予約番号はLINEMOの手続き内で入力する箇所があるので、間違いの無いよう入力してください。

SIMロック解除はしてありますか?

事務的な手続きの前にLINEMOで利用するスマホがLINEMOに対応しているか事前に確認しておく必要があります。

なお、利用可能な端末でもLINEMOで利用する場合はSIMロック解除をする必要があります。

SIMとはスマホ本体にセットされる小さなICカードの事でユーザーを特定する為の情報が記憶されたカードで、このカードは本体を販売したキャリアのみでしか使えないようにロックがかかっています。

このことをSIMロックと呼び、購入したキャリア以外でも利用出来るようにロックを解除することをSIMロック解除と呼びます。

SIMロックの解除方法は、

  • 店舗での手続き
  • 電話での手続き
  • WEBでの手続き

となっており、自分に合った手続きを選んでLINEMOに乗り換えの手続きをする前SIMロック解除を行ってください。

主要SIMロック解除手続先一覧

WEBからの手続きTELからの手続き
ドコモドコモオンラインで手続 ドコモ携帯からは 151 それ以外の場合こちら
auMy au内で手続0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンクMy SoftBnak内で手続
楽天モバイルmy楽天モバイル内で手続0800-805-0090(9:00~20:00)
UQモバイルmy UQ mobile内で手続0120-929-818(9:00~21:00)
ワイモバイルSIMロック解除で手続

SIMロックの解除は機種により「SIMロック解除ができる機種」と「できない機種」がありますので自分で利用しているスマホがSIMロック解除可能かどうかはお使いの携帯電話会社の公式サイトで確認してください。

基本的にほとんどの携帯会社電販売されるスマホにはSIMロックがかかっていますが、楽天モバイルなどののように全てSIMフリー製品として販売されているスマホに関してはSIMロック解除の作業は必要ありません。

また、SIMロックを解除した場合SIMの返却が必要となるのでご注意ください。

SIMロック解除をすると何かデメリットはあるの?

SIMロック解除をすることによるデメリットはありません

解除することで多くの通信事業者から自分にあった回線を選べるようになる為メリットはあってもユーザーのデメリットはありません。

仮にSIMロックを解除後に他社への乗り換えをやめたとしても全く問題ありません。

ソフトバンク及びワイモバイルからLINEMOに乗り換える方も、SIMロック解除は必要となります。

LINEMOにあなたのスマホは対応している?

LINEMOで利用するスマホはどれでも利用出来ると言う訳ではありません。

スマホの中にはLINEMOで利用出来ない機種もあるので契約前に事前に調べておく事が重要です。

利用可能かどうかはLINEMOの公式サイトで確認することが出来ます。
LINEMO動作確認端末一覧へ

利用可能かどうかの動作確認機種は日々更新され増えていますので、自分の持っているスマホが対応しているかどうかは随時確認する必要があります。

その為中には公式サイトでは動作確認が取れていないけれど問題なく利用出来る機種もあるので、その場合は自己責任という事になりますが利用することも可能です。

利用可能なAndroidについては注意が特に必要

ソフトバンクやワイモバイル以外で購入したAndroidスマホの場合、LINEMOの利用可能な機種に型式が登録されていても、もともとのキャリアで利用していた周波数帯にのみ対応していることがあるため、LINEMOで利用できない場合があります。

調べる場合はかならず型式だけではなく対応キャリアの確認も必要です。

Yahooプレミアムが使えなくなっても大丈夫?

ソフトバンクまたはワイモバイルからLINEMOに乗換えた場合Yahoo!プレミアム及びYahooプレミアムforY!mobileは自動解約され利用出来なくなってしまいます。

Yahooプレミアムが解約になると以下の特典が利用出来なくなります。

  1. 「ヤフオク!」に出品中の商品がある場合出品が取り消されてしまいます。
  2. 「ヤフオク!」に出品中の商品がある場合出品が取り消されてしまいます。
  3. 「プレミアム会員割引」の適用が終了となり、ご加入中の有料サービスの料金が請求されます。

特に困るのが1番のヤフオクの出品が全て取り消しされてしまう点です。

ヤフオクをあまり利用しないという方にとっては問題はありませんが、ヤフオクのヘビーユーザーの場合Yahooプレミアムの解約を知らずに手続きを進めていくと、気がついたらヤフオクに出品しているものすべてが取り消しになっていたなんてことになりかねません。

ヤフオクを利用中の方はかならずバックアップを取るなどして対策をしてから手続きをしてください。

paypay連携がなくなる!

Yahooプレミアムが利用できないデメリットはヤフオクだけではありません。

Yahoo!ショッピング・LOHACO・PayPayモールでの買い物で取得できるPayPayボーナスが通常よりも2%追加でもらえるキャンペーン等があります。

さらに現在開催中の超PayPay祭でも還元率がアップしますがそれらの適用がなくなってしまいます。

一見地味に見えるYahoo!プレミアムですが、なくなってしまうと困ります。

PayPayをよく使う人は、LINEMOへの乗り換えが本当に正しいのか、もう一度PayPayの還元率などを確認して検討した方が良いです。

ソフトバンクのWi-Fiスポットが利用不可

今までWi-Fiが使えていたカフェやレストランでWi-Fiが利用出来なくなりますのでギガの節約をしていた人はあらためてフリーWi-Fiを探すなどの対策が必要です。

外出先でギガの消費を抑えるためにソフトバンクのWi-Fiスポットを利用している人は多いと思いますが、LINEMOに乗り換えるとソフトバンクWi-Fiスポットが利用出来なくなります。

しかし、今までよりも安い値段で20GBが利用出来るようになるので、よほどのヘビーユーザーでない限りWi-Fiスポットが無くても十分インターネットを利用することが可能なはずです。

仮に20GBを超えてしまったとしても最低通信速度は1Mbpsとなっているのでwebサイトの閲覧や音楽再生などならば十分利用可能です。

Wi-Fiスポットを多用していた人は、気をつけてくださいね。

留守番電話が使えない?

LINEMOの音声通話は通常22円/30秒となっています。

音声通話を利用しなければ料金は加算されませんが、短時間だけどよく音声通話を利用するという人のために次の通話オプションが用意されています。

通話準定額550円/月(5分以内国内通話が無制限)
通話定額1,650円/月(国内通話が時間階数共に無制限)

音声通話を利用する人には通話定額のオプションは非常にありがたいオプションと言えますし、音声通話を全くしないという人もオプションの料金550円を付ける必要が無いので非常に便利です。

国際電話は別途利用通話料がかかりますが利用可能です。

ただ、気を付けないといけないのが通話に関するオプションです。

LINEMOでは次のサービスが利用出来ません。

  • 留守番電話
  • 転送電話
  • 割り込み電話
  • グループ電話
  • 迷惑電話
  • 位置ナビ
  • 一定額通知サービス
  • 一定額ストップサービス
  • 通信規制・発信規制
  • 端末保証オプション

ソフトバンクやワイモバイル、その他の携帯電話で利用していたオプションサービスがすべて利用出来なくなってしまいます。

但し、これらのオプションは利用率が非常に低く、付帯できなくてもそれほど大きな問題ではありませんが、どうしても留守電話や割り込み電話(キャッチホン)などが必要という方の場合には、LINEMOへの乗換はしばらく様子を見てからのほうがいいかもしれません。

AppleWatchが使えない?

Apple Watchには、

  • cellular(セルラー)モデル
  • GPSモデル

の2種類があります。

両者の違いはcellularモデルがiPhoneが無くても通信が出来るのに対し、GPSモデルは近くにiPhoneが無いと通信することが出来無いという違いです。

LINEMOに乗り変えた場合、GPSモデルの場合は問題ありませんが、cellularモデルの場合、LINEMOではApple Watchモバイル通信サービスに非対応となってしまうためApple Watch単体での利用が出来なくなくなってしまいます。

cellularモデルのApple Watchを使いたいのであれば、LINEMOのスタートに合わせソフトバンクの料金プランも大きく見直されていますので、今まで通りApple Watchを単独で利用したいのならソフトバンクでプランの見直しをするのがおすすめです。

せっかく高いお金をだして買ったセルラーモデルの単独通信が不可になるというのは残念ですね。

キャリア決済利用不可

キャリア決済とは携帯電話会社のIDとパスワード印象を利用して携帯電話の料金と合算して「商品など購入」や「アプリ課金」することが出来るサービスです。

現在「ソフトバンクまとめて支払い」や「ワイモバイルまとめて支払い」を利用している方はLINEMOに乗り換えた場合解約となりますので、LINEMOに乗り換えた後は利用できなくなります。

今後できるようになる方向で進んでいるようですが、いつから利用できるようにあるかは不明なため、現在キャリア決済を利用している人は注意してください。

今までアプリの課金をキャリア決済にしていた人は注意が必要です。

現在使っているスマホの端末代の残債(残金)は?

今使っているスマホの本体端末は分割払いですか?それとも一括払いでしょうか?

ソフトバンクやワイモバイルはもちろん他のキャリアのスマホをお使いの方でスマホを分割購入されている方は多くいると思いますが、割賦でスマホを購入した場合、LINEMOに乗り換えは可能なのでしょうか?

心配なのはLINEMOに乗り換えると残金を一括で清算する必要があるのかということです。

一括で購入していれば安心ですが割賦で購入している場合、スマホは高額な商品なので割賦を清算となると機種によっては高額のお金を用意しなければいけないということになります。

しかし、スマホを割賦で購入していても、LINEMOに乗り換えることは可能です。

割賦残金もそのまま元のキャリアに支払いすることが可能なので乗り換え時に端末の残金を用意する必要はありません。

ただしデメリットもあります。

今までの端末の支払い料金に割引が適用されている場合、割引がなくなってしまうことがあります。

支払金額についてはキャリアや契約内容、機種により金額が変わります。

詳しく知りたい場合には現在お使いの携帯電話会社に電話をして確認ができます。

端末の残債の支払いが終わってる人は良いのですが、まだ残っている人は少し注意してください。

LINEMOの支払いはクレジットのみ

LINEMOの支払いはクレジットカードのみになっています。

今後支払方法については口座振替などにも対応していくようですが、その場合は別途手数料がかかるようになる可能性があります。

スマホの料金などの通信費は毎月支払うものなので、どうせならばポイントが多くつくクレジットカードで支払いをするのがおすすめです。

知らない間にカードのポイントがたまって、買い物や通信費の支払いに宛てたりなどクレジットカードでの支払いのほうがお得です。

デビットカード・プリペイドカードも登録に使えませんので注意してください。

LINEMOは誰でも契約できるの?

LINEMOを契約できるのは18歳以上の個人となります。

18歳未満の方法人名義ではLINEMOを契約することが出来ませんの注意してください。

また、18歳、19歳の方が契約者となる場合には親権者の同意が必要となります。

eSIMで契約する場合、使用者の年齢が20歳以上であることが必要です。

LINEMOを子供に持たせる場合

LINEMOは料金も安く子供にも持たせやすいサービスです。

しかしLINEMOは18歳以上でないと契約出来ません。

その場合は契約者を親名義にして使用者を子供名義にします。

申込の際の本人確認書類は契約者(親)の書類をアップロードすればOKです。

月20GB利用できれば、子供から通信量の不満もでづらいですね!

支払明細書は送られてこない

LINEMOは紙の支払い明細は送られてきません。

支払明細はLINEMOの会員専用ページにログインして確認をします。

明細書はPDFのファイルを自分で印刷するT事ができますが、郵送で送ってもらうことも可能です。

その場合通話明細書の発行は1か月ごとに304円の手数料(送料含む)が発生します。

LINEMOの会員専用ページはこちら

LINEMOに乗り換えの注意点まとめ

LINEMOに乗り換える際の注意点は、実は多いというのがご理解いただけたでしょうか。

特にソフトバンクやワイモバイルからの乗換、プラン変更は注意が必要です。

家族割やおうち割光セット、Yahoo!プレミアムが使えなくなることで今まであった割引やサービスが利用出来なくなってしまいます

ただし、それらの特典が無くなったとしても、毎月20GB以上のギガを消費するようなヘビーユーザーでなければLINEMOのほうがおすすめです。

何も知らずに乗り換えやプランを変更してしまうと、後になってあれもできないこれもできないとたくさんの不満が出てきてしまいますが、事前にLINEMOに乗換える時の注意点をしっかり理解しておけばトラブルなく安心してLINEMOに乗り換えることが出来ます。