ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順を解説~デメリット・違約金も確認しておこう~

ソフトバンクのスマホ代は料金が高いからワイモバイルに乗り換えたいという人多いのではないでしょうか。

ワイモバイルは格安スマホと言われてるだけあって、上手に利用すれば料金を安く抑える事ができます

このページでは、「ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え方法」及び、「乗り換えるならどういう方法が良いのか」、「乗り換えの注意点・デメリット」等を解説していきます。

通信費は毎月かかりますので、少しでも安くしたいですね!

本記事を読んでわかること
  • ワイモバイル乗り換え時の注意点
  • ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順
  • ワイモバイルへの乗り換えは店舗・オンライン等、申し込みは何処からしたらいいのか

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えのメリット

ワイモバイルへの乗り換えた際のメリットは、

  • 月額料金が安くなる
  • 乗り換え時の違約金は0円
  • 通信品質が良い
  • 60歳以上の方は通話かけ放題が安い
  • キャリアメールが使える
  • 店舗での相談・契約も可能

となっており、料金が安いだけではなくサービス内容も充実しています。

それでは、一つずつメリットを解説していきます。

月額料金が安くなる

ワイモバイルはソフトバンクよりも料金が安いため、乗り換える事でスマホ代の節約につながります。

■ソフトバンクの料金体系

月額料金通信量
メリハリ無制限7,238円無制限
ミニフィットプラン+3,278円~5,478円1GB~3GB

上記の通り、ソフトバンクの料金は高いです。

■ワイモバイルの料金体系

月額料金通信量
シンプルS2,178円3GB
シンプルM3,278円15GB
シンプルL4,158円25GB

SoftBankでは、3GBが月額5,478円に対して、ワイモバイルでは3GBは2,178円と安いです。

さらに、ワイモバイルでは家族割もしくはおうち割を適用すると、

月額料金月額料金(割引適用時)
シンプルS2,178円990円
シンプルM3,278円2,090円
シンプルL4,158円2,970円

上記の通りワイモバイルは安い料金にて利用できます。

1回線目には、家族割は適用できません。家族での契約者2回線目以降に家族割は適用できます。おうち割を適用するにはソフトバンク光を契約している必要があります。

乗り換え時の違約金は0円

ソフトバンクの「ブランド間ののりかえ時における契約解除料・契約事務手数料の無料化」により、

  • 契約解除料(9,500円)⇒無料
  • 契約事務手数料(3,000円)⇒無料

にて行う事ができます。

携帯電話の乗り換えの場合、契約解除料や事務手数料を気にして乗り換えができないという事があったと思いますが、「ソフトバンク」から「ワイモバイル」の乗り換えでは手数料を気にせず乗り換え可能です。

契約解除料もかからず乗り換える事ができるため、ソフトバンクの契約期間中でも気にせず乗り換えができます。

SoftBankのNEWSより「ウェブにおける事務手数料を撤廃

通信品質が良い

格安SIMと言えば、速度が遅いと言われていることが多いですが、ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用できるため、ワイモバイルに乗り換えたからと言って速度が遅くなることはありません

ワイモバイルもソフトバンクの同等程度の速度が出ると考えておいて大丈夫です!

60歳以上の方は通話かけ放題が安い

ワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」の電話かけ放題プランが通常月額1,870円しますが、60歳以上の方限定で1,100円割引されて、毎月770円にて電話かけ放題ができます。

電話のかけ放題がこの料金で利用できるのはワイモバイルだけです。

長時間通話をする人にとっては、嬉しいキャンペーンです。

キャリアメールが使える

格安SIMや最近話題の「ahamo」「povo」「LINEMO」では、キャリアメールが使えません。

しかしワイモバイルなら「***@ymobile.ne.jp」というキャリアメールが利用可能です。

LINEが流行りだしてからキャリアメールを使う人は減ってきたと思いますが、通販サイトのログインやその他WEBサービスにおいて、キャリアメールを使う場面がありますのであると便利です。

キャリアメール以外にも「***@yahoo.ne.jp」というYmobileメールも利用できます。

店舗での相談・契約も可能

格安SIMというと、オンラインでの契約が主流ですが、ワイモバイルの場合、取り扱いをしているショップが全国に4,000店舗以上あります。

そのため、実際にあって話を聞きたい、ショップの店員さんと一緒に申し込みの流れを確認したいという人にもおすすめできます。

Y!mobileのショップ一覧:https://www.ymobile.jp/shop/

オンラインから契約しても良いですし、ショップから申込も可能です。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え時のデメリット

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え時のデメリットになります。

デメリットを知っておくことで、乗り換えをスムーズに行い、乗り換え後も後悔することなく利用できます。

SIMロック解除は必須

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているため、SIMロック解除は必要ないと思う人も多いですが、実はソフトバンクからワイモバイルの乗り換えでもSIMロック解除は必要です。
※SIMフリー端末を利用している人はSIMロック解除は必要ありません。

SIMロック解除方法

ソフトバンクのスマホのSIMロック解除方法は、

  • ソフトバンクショップの店頭にて解除してもらう
  • オンラインで解除する

の2通りの方法があります。

おすすめの解除方法は「オンライン」からの解除になります。

その理由として、店頭にてSIMロック解除をお願いすると解除手数料として3,300円の費用が請求されます。

オンラインからSIMロック解除手続きをすれば無料です。

店頭では3,300円、オンラインでは無料のため、オンラインでのSIMロック解除手続きがおすすめです!

オンラインでのSIMロック解除方法

オンラインでのSIMロック解除の手順を記載していきます。

  1. MySoftBank」へアクセス
  2. 「メニュー」⇒「契約・オプション管理」⇒「オプション」⇒「SIMロック解除対象機種の手続き」
  3. IMEI番号を入力して「次へ」をクリック
  4. 手続き受付完了の表示

以上の手順にて完了です。

注意点としては、Android端末の場合、「解除コード」が完了画面にて表示されます。

この番号はスクリーンショットを取るもしくは、メモを取るなどして番号を控えておいてください

ショップでのSIMロック解除方法

ソフトバンクショップでのSIMロック解除に必要な物を記載します。

ショップに行ったのに書類が足りなくて、出戻りというのは面倒ですね。

  • SIMロック解除したい端末
  • 本人確認書類

以上の2点になります。

注意点としては、ショップでのSIMロック解除は手数料として3,300円の費用がかかりますので、オンラインにて解除が出来る人はオンラインをおすすめします。

取扱端末は少ない

ワイモバイルでの取り扱い端末は少ないです。

例えば、ワイモバイルでは、

  • iPhone12
  • iPhone12mini
  • iPhoneSE(第2世代)

の取り扱いはありますが、iPhone12proの取り扱いはありません。

Android端末もハイスペックモデルの取り扱いが少ないのが現状です。

格安の端末を探している人には問題ないですが、高性能のモデルの端末を探している人には、おすすめできません。

無制限プランはない

ソフトバンクでは「メリハリ無制限」という無制限プランが用意されていますが、ワイモバイルでは無制限プランは用意されていません。

大容量の通信をする予定の人にはワイモバイルはおすすめできません。

Y!mobileの通信量が一番大きいプランは「シンプルL」の月25GBプランです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え方法

ここからは、実際にどのようにして「ソフトバンク」から「ワイモバイル」へ乗り換えたら良いかを解説していきます。

まずは乗り換えの手順を見ていきます。

  1. 利用予定のスマホがワイモバイルに対応しているかの確認
  2. ワイモバイルに申し込み
  3. SIMカードの入れ替え
  4. 本体の設定(アクティベーション)
  5. 回線の切り替え手続き
  6. APN設定⇒完了

以上の流れとなっております。

手順が多く感じてしまいますが、1個1個確実に進めていけば、乗り換え手続きは簡単です。

それでは、一つずつ詳しく解説していきます。

利用予定のスマホがワイモバイルに対応しているかの確認

ソフトバンクにてスマホが問題なく利用できていれば、ワイモバイルに乗り換えてもほぼ問題なく使えますが、乗り換え後、万が一スマホが対応していなくて使えないというのを防ぐためにも、動作確認端末のチェックは必要です。

ワイモバイルの動作確認端末一覧へ

なお、動作確認端末の確認方法で迷った場合は下記記事を参考にしてください。

ワイモバイル動作確認端末一覧。機種をちゃんと確認して安心して使おう!

ワイモバイルに申し込み

ワイモバイルの申し込みは、

SIMのみの契約⇒ワイステーション
端末セットの契約⇒ワイモバイルオンラインストア

からがおすすめとなっております。

理由について詳しくは「申し込みは何処からがお得?」にて記載しておりますが、SIMのみの場合「ワイステーション」経由にて申し込むと、2,000円~3,000円のキャッシュバックが貰えます

端末セットの場合は、ワイモバイルオンラインストアの方が端末の割引額が大きくおすすめです。

回線の切り替え手続き

申込後2~3日程度で手元にSIMカードが到着します。

注意点としては、MNPの場合、いきなりSIMカードを入れ替えないでください。

まず必要なのは回線の切り替え手続きです。

回線切り替えの方法は、SIMと同封されている書面に記載されていますが、念のため記載しておきます。

■Y!mobileカスタマーセンター切り替え窓口
TEL:0800-919-9809
受付時間:10:00〜19:00

受付時間が10時から19時となっていますので、この点は気をつけてください。

切り替え作業は、電話にて受け付けた後、1時間~2時間程度かかります。

※切り替え作業を行わなかった場合、SIMが届いてから約6日程度でワイモバイル側にて自動切換えが行われます。

今まで利用してたソフトバンクのスマホがネットに接続されなくなったら回線切り替えが完了してます。

SIMカードの入れ替え

回線切り替えが完了したら、いよいよSIMカードの入れ替えです。

ここで注意が必要な点としては、「切り替え作業が完了しているか」です。

完了前に、SIMカードを入れてもワイモバイルの回線は利用できません。

切り替え作業が完了してるかの確認は、「今まで利用していた回線が利用できなくなったか」で判断します。

SIMカードの入れ替えは、スマホの電源を落として行います。

付属のSIMピンを使い、SIMの入れ替えを行います。

本体の設定(アクティベーション)

SIMのセットが完了したらスマホの電源を入れます。

ここでは、iPhoneとAndroid端末の操作方法が変わってくるので、別々に説明していきます。

iPhoneの場合

ワイモバイルのSIMを入れて初めて電源を入れると「アクティベーションが必要です」と表示されますので「了解」を押してすすみます。

接続するネットワークを選択すれば完了です。

接続するネットワークはどれを選んだら良いのか特に決まりはありません。

Androidの場合

SIMを入れて初めて電源を入れると「解除コード入力画面」に切り替わります。

ここに入力する解除コードは、SIMロック解除の時に発行された解除コードです。

そのため、Androidの方がSIMロック解除する際は、必ず解除コードをメモしておいてください。

APN設定⇒完了

APN設定は、iPhoneとAndroidで設定方法が変わってきます。

iPhoneのAPN設定

iPhone12シリーズ以外のiPhoneであれば、iOSが最新状態の場合、自動でAPN設定が行われます。

iOSが最新状態でない場合は、最新の状態に更新してください。

■iOSの更新方法
設定⇒一般⇒ソフトウェア・アップデート

iPhone12シリーズの場合は、専用のプロファイルのインストールが必要です。

インストールの方法は、下記のワイモバイルの初期設定方法を確認して下さい。

ワイモバイル回線の通信設定をする(SIMフリー iPhone/iPad) | Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobileの「ワイモバイル回線の通信設定をする(SIMフリー iPhone/iPad)」のページです。お得で便利でYahoo!プレミアムの特典をご利用いただけます。ワイモバイルの便利でおトクなサービスをご利用いただくためにご契約時にお渡しした冊子や本WEBページの手順にそって設定、登録をお願いします。

AndroidのAPN設定

Androidでは、殆どの機種がAPN設定が必要です。

APN設定の流れは以下の通りです。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「アクセスポイント名(APN)」※1
  5. 右上の「」より「新しいAPN」をタップ
  6. 設定項目を入力する2
  7. 右上の「☑」をタップ
  8. 新しく作成した「Y!mobile APN 」を選択して完了

※1 アクセスポイント名に既に「Y!mobile APN」がある場合は、選択して通信可能か試してみてください。通信可能な場合は、その後の設定は必要ありません。

※2 設定項目(APN情報)は下記の通りです。

名前Y!mobile APN
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

ワイモバイルのAPN設定がうまくいかない場合は「ワイモバイルスマホ初期設定方法」のページよりチャットにて相談も可能です。

申し込みは何処からがお得?

ワイモバイルの申し込みをする場合、「店舗(Y!mobileショップ等)」「オンライン(公式)」「オンライン(Y!mobile取扱店)」等、申込窓口は沢山あります。

では、実際に申し込むならどこがベストな選択か、状況にあわせてみていきます。

SIMのみの契約の場合

SIMのみの契約でおすすめなのが「ワイ・ステーション(Y!mobile取扱店)」となっております。

ワイ・ステーションでは、ワイモバイル公式で行われていない「キャッシュバック(2,000円~3,000円)」が貰えます。

そのため、SIMのみでの契約を検討中の方は、ワイモバイル公式から申し込むよりも「ワイ・ステーション」経由にてワイモバイルを契約した方がお得です。

キャッシュバックの振込は開通の翌週に振り込まれます!

ワイステーションはワイモバイルの正規代理店ですので、ワイステーション経由で契約をしても家族割おうち割だけでなく、学割などの公式キャンペーンの適用はありますので安心してください。

ワイモバイルのSIMのみの契約の方におすすめ

端末セットでの契約の場合

ワイモバイルに乗り換えるついでに新しいスマホにしたいという人は「ワイモバイル(店舗・オンライン)」にて購入するのがおすすめです。

ワイモバイルのオンラインでは本体代が割引されている端末が多く、通常価格よりも安く契約できます。

なお、店舗によってはオンライン以上の割引を行っている場合もありますが、これは店舗独自の割引キャンペーンのため、どこがおすすめとは一概に言えません。

少しでも安く端末を契約したいという人は、ワイモバイルショップ等に足を運んでみるのも良いです!

オンライン経由で契約した方が安かったという場合もありますので、店舗へ行く場合はオンラインの価格と比較は必ず行ってください。

端末セットがY!mobile公式より更にお得に!?

正規代理店のワイステーションでは、端末セットの場合も、公式サイトの割引額を伝えて交渉をしてみてください。

基本、ワイステーションは電話やメールでのやりとりになりますので、ある程度の融通は効く可能性があります

そのため、Y!mobileから契約するよりも正規代理店の「ワイステーション」経由にてワイモバイルを申し込んだ方がキャッシュバックも貰えてお得に契約できる可能性があります。

申込前に電話での相談も可能です!

まとめ

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えについて「メリット」「デメリット」「乗り換え方法」「申込先」について解説しました。

スマホの乗換え作業は面倒という人も居ると思いますが、通信費は毎月かかる費用です。

そのため、今のプランよりも少しでも安くなるのであれば、乗り換えを検討した方が良いです。

ワイモバイルは店舗もありますので、オンラインでの乗り換えは不安という人は、店舗に訪れて乗り換えをするのも可能です。

毎月の通信量がそこまで多くない人にワイモバイルはおすすめです。