povoと楽天モバイル比較!通信料、回線速度、キャンペーン等の違いを調査

2021年4月よりサービスを開始したauのオンライン専用プラン「povo」と第4の携帯電話会社「楽天モバイル」どちらも低価格で人気がありますが、実際に自分が使おうと思った場合どちらを選べば失敗しないで済むのでしょうか?

ここでは「povo」と「楽天モバイル」のどちらを契約するか悩んでいる方のために、料金だけではなく回線(速度含む)・キャンペーン等様々な面で両社を比較してみました。

本記事を読んでわかること
  • povoと楽天モバイルの料金比較
  • povoと楽天モバイルの速度比較(実機レビュー有)
  • povoがおすすめな人、楽天モバイルがおすすめな人

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

povoと楽天モバイルの料金比較

povoと楽天モバイルを比較するうえでまず重要なのは料金です。

povoも楽天モバイルも月額料金の他にオプション料金初期費用など、基本料金以外のものがどれだけかかるのかも気になるポイントです。

先ずはpovoと楽天モバイルの様々な料金について比較していきます。

povo楽天モバイル
月額基本料金2,728円1GBまで 0円
1GB~3GBまで 1,078円
3GB~20GBまで 2,178円
20GB以上(無制限) 3,278円
追加データ1GBにつき550円設定なし
音声通話30秒/22円30秒/22円
通話アプリ「Rakuten LINK」を利用すれば音声通話かけ放題
音声通話オプション5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
設定なし
初期費用0円0円

基本料金について

povo楽天モバイル
月額基本料金2,728円1GBまで 0円
1GB~3GBまで 1,078円
3GB~20GBまで 2,178円
20GB以上(無制限) 3,278円

povoの基本料金は定額制で月額2,728円に設定されていて、利用したデータ量にかかわらず料金は毎月一定となります。

対して楽天モバイルは、従量制となっていて、

  • ~1GBまで
  • 1GB~3GB
  • 3GB~20GB
  • 20GB以上~(無制限)

の4段階に分かれています。

楽天モバイルのポイントは1GB以下の場合料金は無料という点です。

無料というと期間限定のキャンペーンでは無いかと思う方も多いと思いますが、楽天モバイルは月1GB以下であれば正真正銘月額料金0円となっています。

音声通話の利用がメインで、かかってくる電話を受けられれば良いという方なら、無料で携帯電話を持つことが出来ます

とりあえずスマホをもう一度持っておきたいという方などにも「楽天モバイル」はおすすめできます。

注意しないといけないのがpovoは定額制なので基本料金はどれだけ利用しても月額2,728円です。

しかし利用できるデータ量が20GBとなっていて、それを超えた場合通信速度制限がかかり最大1Mbpsとなってしまいます。

一方楽天モバイルのほうは従量制なので、利用したデータ量で料金が変わってきます。

毎月の料金を安く抑えたい場合は、定期的に消費したデータ量を確認し、あとどれくらいデータを利用出来るか随時考えながら利用する必要があります。
※楽天の「my 楽天モバイル」というアプリにてデータ使用量の確認ができます。

楽天モバイルの1GBまで0円は初めの1台のみが対象で、2台目以降は1GB以下でも1,078円となるので注意してください。

データ追加について

povoは20GBを超すと通信速度制限がかかり最大1Mbpsとなります。

1Mbpsでは通信速度が遅くて不自由という方の場合、追加で1GBにつき550円で購入することが出来ます。

また、あらかじめデータを大量に消費することが分かっている場合は、24時間データ無制限のオプションを利用することが出来ます。

このオプションは専用アプリ「povo」から簡単に付けることが可能で、オンにしたときから24時間220円でデータの利用量が通常の20GBとは別に無制限となります。

楽天モバイルの方は利用できるデータの量が無制限なので追加でデータを購入する必要がありません。

しかし、パートナー回線を利用している場合は別で、パートナー回線の場合上限の5GBを超えてしまうと、通信速度が最大1Mbpsに制限されてしまいます。

1Mbpsで不自由な場合は1GBから最大で5GBまで購入することが出来ますが、その場合の金額は1GBにつき550円で購入しなければいけません。

購入したデータの有効期限は購入日を含め31日間有効となっています。
※31日を過ぎてしまうと購入したデータに残りが有ってもデータは消滅してしまいます。

最近は楽天回線のエリアも広がってきましたので、パートナー回線に接続するケースが減ってきていますので、そこまで気にしないでも大丈夫です。

音声通話と音声通話オプションについて

音声通話はpovo楽天モバイルどちらも通常30秒22円の通話料金がかかります。

両社の違う点は音声通話のかけ放題です。

povoは通常の音声通話の他にオプションとして「国内5分間かけ放題550円/月」と「国内かけ放題1,650円/月」の2つから選ぶことが出来ます。

一方楽天モバイルの方は楽天モバイルのアプリ「Rakuten-Link」を利用した場合、通話料は無料となります。

一見すると無料通話アプリのLINE通話と同じように思ってしまいますが、「Rakuten-Link」の優れたところは通常の音声通話と同じように電話番号で通話する点です。

LINE通話はLINE同士で通話をするので、電話番号ではなくLINEのIDで通話をします。

その為相手もLINEのアプリを利用している必要がありますが、「Rakuten-Link」は相手がアプリを利用していても利用していなくても通常の音声通話と同じように利用出来ます。

電話の着信があれば電話番号も表示されますし、「Rakute-Link」から発信しても相手に自分の電話番号が表示されます。

使い方は全く通常の音声通話と同じで、ただ使うアプリが電話のアイコンでは無く「Rakute-Link」のアイコンというだけで、通常の音声通話と何ら変わりはありません。

また、「Rakuten-Link」を使い通話した場合、データは通常のデータ量にカウントされないのでパートナー回線で利用中でも安心して長時間の通話することが出来ます。

povo・楽天モバイルの音声通話に関するメリットとデメリットの比較

povo楽天モバイル
通話に関するメリット・auと比較しかけ放題オプションが安価
・高品質
Rakuten-Linkを使えば通話料金は無料
・留守番電話が使える(無料)
・Rakuten-Linkを使えばデータを消費しない
通話に関するデメリット留守番電話が利用できない
・通常の通話料が高額
・専用アプリ「Rakuten-Link」の利用が必須
・auなどに比べ通話品質が劣る場合がある

安定した通話が必要な人は、auと同様の通話品質のpovoのほうがおすすめですが、それほど通話品質にこだわらない方や常に電波状態の安定した場所で利用するのであれば、楽天モバイルの「Rakuten-Link」は非常にお得な音声通話アプリと言えます。

初期費用について

月額料金も気になりますが、乗換えた際初めにかかる費用も気になるポイントです。

従来ならば電話番号を引き継ぐために「番号移行手数料」や「契約事務手数料」などが必要でしたが、povo楽天モバイル初期費用は無料となっています。

料金がかかるケースとしては他社からpovoまたは楽天モバイルに乗換える場合で、契約した時期や契約内容により解約金などが発生し金額が変わります。

確実な金額が知りたい場合は、現在利用中の携帯電話会社のサポートセンターに確認するのが間違いありません。

初期費用が無料というのは嬉しいですね!

povoと楽天モバイルの回線比較

povoと楽天モバイルの回線について解説していきます。

料金も大事ですが回線については電話が繋がるかつながらないか、ネットが安定して利用出来るかなど、料金と同様非常に重要なポイントとなります。

povo楽天モバイル
事業者KDDI(au)楽天
人口カバー率99.9%73.5%(2021年1月時点)
使用回線4G4G / 5G

povoは現在5Gの提供をしていませんが、2021年夏ごろよりサービスを開始する予定になっています。

povoが利用する電波はKDDIの通信設備なのでauと同じ電波を利用します。

楽天モバイルは楽天独自の通信設備を利用して通信を行いますが、auに比べると圧倒的に設備の数が少なく、人口カバー率もauの99.9%に比べ73.5%と少ないのが現状です。

だからと言って楽天モバイルは電波が届かないと言う訳ではなく、楽天の電波が届かない場所に関してはパートナー回線を利用して通信が出来るので、人口カバー率の73.5%から外れた地域でも楽天モバイルは利用することが出来ます。

パートナー回線はpovoと同じauの回線のことで、楽天の電波が届かない地域ではauの通信設備を借りてauの電波で通信を行っています。

ただ、ここが楽天モバイルの弱いポイントで、パートナー回線の場合通常の速度の通信は月間5GBまでとなっていて、5GBを超すと速度制限がかかり通信速度最大で1Mbpsに制限されてしまいます。

音声通話に関しては影響出ませんが、データ通信の場合(特にゲームや高画質で動画を見た場合)不便を感じてしまう場合があります。

料金の項でも説明しましたが、その場合1GBにつき550円でギガを購入することは可能ですが、それだと基本料金が安いというメリットが薄れてきてしまいます。

楽天回線が入るエリアであれば、パートナー回線を気にしないで大丈夫ですが、楽天回線のエリア外の場合は気をつけてください。

>>楽天回線エリアを確認する

パートナー回線はauだけどpovoと同じじゃない!

楽天モバイルが、楽天回線が入らないエリアでは「auの回線」を利用していることは既に解説していますが、正確に言うとauと全く同じという事ではありません。

正確にいうと楽天モバイルはauの一部の電波しか利用していないという点です。

現在主流の回線は4G回線ですが、4G回線は9つの周波数帯(700MHz帯~3.5GHz帯)に分かれています。

出典:https://www.soumu.go.jp/main_content/000732029.pdf

建物等遮蔽物に強い性質を持った周波数帯や、電波の届く距離が長い性質を持った周波数帯等、様々な特性を持った周波数から構成されています。

その中でも700MHz800MHz900MHzの周波数帯はプラチナバンドと言われ、最も電波が届きやすい周波数帯とされています。

そのプラチナバンドを利用出来るのはドコモauソフトバンクのみで楽天モバイルではプラチナバンドを利用出来ません。

au、ドコモ、ソフトバンクは複数の周波数帯を利用出来ますが、楽天モバイルは残念ながら1.7GHz1つのみとなっているため、楽天モバイルは建物の中や地下などで電波が途切れてしまう事があります。

楽天モバイルは急ピッチでアンテナ設備を整備しエリアを拡大しています。

しかし、まだ全国で楽天モバイルが利用出来る状態ではありません。

そこでパートナー回線でもあるauのプラチナバンド800MHz帯auから借りて利用しているという事です。

ただ、それでも利用可能な電波が少ないため、どうしてもpovoに比べると電波の受信状態は劣ってしまいます。

上の表を見ても分かる通り、他社と比べ圧倒的に利用出来る電波が少ないのが楽天モバイルが一番問題視している点です。

楽天モバイルは、総務省に電波の振り分けの再検討を要請しているようですが、解決するにはまだ時間がかかりそうです。

電波の繋がりやすさなどついては、残念ながら楽天モバイルは他社と同様とはいかないのが現状です。

実際の通信速度を比較

光回線などは最大1Gbpsというように最大通信速度が表示されていますがauも楽天モバイルも公式では最大速度は大きく表示されていません。

これは電波状況や利用環境により大きく変わる為です。

そこで気になるのは、povoと楽天モバイルでは実際どのくらい通信速度に差があるのでしょうか

povoと楽天モバイルを楽天モバイルのエリア内とパートナーエリアでそれぞれ比較してみました。

楽天エリア内で測定

povo楽天モバイル
1回目40Mbps13Mbps
2回目100Mbps37Mbps
3回目16Mbps53Mbps

1回目、2回目に関してはpovoのほうが高速という結果が出ました。

3回目の測定はJR及び私鉄のターミナル駅周辺で測定した結果です。

他の記事でワイモバイルと楽天モバイルを比較した時に、基準としてauの通信速度も計測したのですが今回の測定結果同様、楽天モバイルの方が速度が速い結果となりました。

場所や時間帯によっては楽天モバイルはpovoよりも通信速度が速い事もあるようです。

しかし、実際には上の表以外にも複数の場所で通信速度を測定して見ましたが、平均的に見るとやはりpovoのほうが通信速度が速いという測定結果となりました。
※利用エリアによって速度は大きく左右されるため、一概にpovoが速いとはいえません。


パートナー回線エリアで測定

povo楽天モバイル
1回目6.7Mbps5.1Mbps
2回目97Mbps35Mbps
3回目98Mbps26Mbps

パートナー回線でもpovoのほうが通信速度が速いという結果になりました。

楽天モバイルのエリア同様、場所によってはパートナー回線のほうが速い結果が出る場合もあるかもしれませんが、今回の測定結果はpovoのほうが高速という結果となりました。

測定時に気なったのは、楽天モバイルは楽天の公式サイトで発表している楽天モバイルのエリアの中でも、場所によっては楽天モバイルの電波を利用することが出来無い場所が意外とある点でした。

楽天モバイルを検討している人は、公式サイトのエリアは参考程度と考えて購入を検討する必要があります。

今回の測定結果を見ると、povoに比べ楽天モバイルは自社回線にまだまだ不安な点があると言えます。

当然利用するエリアにもよりますが、楽天モバイルはエリアの拡大はもちろん、繋がりやすさも今後の課題と言えます。

今後回線が増強されていけば楽天モバイルの速度が速くなると期待されています。

特典比較(キャンペーン比較)

スマホを他社に乗り換える基準として毎月の料金や繋がりやすさも重要ですが、契約時の特典(キャンペーン)もかかせません。

ここからはpovo楽天モバイル特典(キャンペーン)について解説していきます。

特典内容について

povoを契約する場合、特典などの割引は一切ありません

povoはサービス開始前からコストを大幅に削って提供できるようになったプランの為、サービス開始後も割引やキャッシュバックなどのキャンペーンはしないという発表がありました。

通常のプランの料金と比較してもpovoの安さを見ればキャンペーンに期待が出来ないのは仕方のない事と言えます。

一方、楽天モバイルは大々的にキャンペーンを打ち出しています。

楽天モバイルを契約すると、1年間基本料金無料といったキャンペーンを行っていたのは、テレビのCMでご存じの方も多いと思います。

ただ、この1年間無料キャンペーンはすでに終了し、新たに次のようなキャンペーンを行っています。

キャンペーン内容
3か月間無料楽天モバイルを初めて申込された場合、最初の3か月間の基本料金が無料となります。
※初めて楽天モバイルを契約した方に限ります。2回線目以降はキャンペーン適用外です。
機種代金割引契約と同時にスマホ本体を購入すると最大20,000円分の楽天ポイントが還元されます。
楽天ひかりが1年間無料楽天モバイルと楽天ひかりをセットにすることで楽天ひかりの料金が1年間無料となります。

その他楽天モバイルのキャンペーンについては【2021年5月お得な楽天モバイル(アンリミット)のキャンペーン内容や注意点を詳しく解説】を参考にしてください。

povoにはキャンペーンはありません。
キャンペーンを期待するなら、楽天モバイルのほうが充実しています。

楽天モバイルをスマホセットで申し込めば、最大25,000ポイント貰えます。
キャンペーンを上手に活用すれば、実質無料でスマホが使えるケースもあります。

povoと楽天モバイルおすすめなのはどっち?

ここまでpovoと楽天モバイルを比較してきましたが、どちらにもメリットとデメリットがあって、いざどちらか選ぼうと思っても、なかなか簡単に選ぶ事が出来無いかもしれません。

そこでここからは「こんな人はpovoが向いている」、「こういう人には楽天がおすすめ」など利用方法によりおすすめの携帯電話を解説していきます。

povoがおすすめな人

まずはpovoがおすすめな人から解説していきます。

povoの特徴を簡単にまとめると次の通りです。

  • 高品質な電波と広いエリア
  • 24時間データ使い放題のオプション

povoはauのプランの中の1つなので当然ですがauと同じ回線を利用しています。

そのため安定した電波を利用することが可能で、ほとんどの地域で利用出来るのはもちろん、建物内や地下街などでも多くの場所で安定した通信が可能です。

データ通信はもちろんですが、音声通話など電波が届かないという事があると困るという方にはauがおすすめです。

上でも説明しましたがauは電波の中でも電波の届きが良いと言われるプラチナバンドが利用出来ます。

対して楽天モバイルはプラチナバンドが利用出来ません。

プラチナバンドが利用出来るか出来無いかは、通信品質に大きくかかわるポイントとなりますので、繋がりやすさを重視したい方にはpovoがおすすめとなります。

また、オンライン会議や休日にはのんびり映画三昧で過ごしたいという人にもpovoはおすすめです。

長時間のオンライン通話は多くのデータを消費しますし、同じように動画は配信サイトで映画やドラマを高画質で視聴する場合も多くのデータを消費します。

そこでpovoのトッピングと言われるオプションの「24時間データ無制限」を利用すればデータ消費を気にすることなくオンライン通話も動画の視聴もすることが出来ます。

月の初めに多くのデータを消費してしまい、月末に残りのデータを気にするのが嫌だけど無制限にするほどデータ量は必要ないという方に「24時間データ無制限」は非常に便利なサービスです。

普段の利用はそこまで多くないけれど、特定の日だけデータの消費が多いので無制限までは必要ないという方にはpovo+24時間データ無制限のオプションはとてもおすすめです。

5Gを利用したい人もauのほうが5Gが利用できるエリアが広いので楽天よりもおすすめです

※povoの5G開始は2021年夏を予定しています。
引用元:https://povo.au.com/faq/

楽天がおすすめな人

次に、楽天モバイルがおすすめな人について解説していきます。

楽天モバイルの特徴をまとめると次のようになります。

月額料金が0円から利用可能
月額3,278円でデータ無制限
音声通話が無料(Rakuten-Link必須)

楽天モバイルの一番の魅力は料金設定です。

月のデータの利用量が1GB以下の場合楽天モバイルの基本料金は0円です。

音声通話も「Rakuten-Link」を使えばデータも消費しないし、料金もかからないので、普段はWi-Fiがある環境でスマホを利用している方の場合、毎月の基本料金が0円でスマホを持つことも可能です。

また、データが使い放題な点も楽天モバイルの大きな魅力です。

楽天モバイルは従量制のため、データを使わない月は安くなりますし、大量のデータを消費しても料金は最大で3,278円と無制限なのに低価格です。

ただし上で解説した通り残念ながらまだ電波の状況が良いとは言えないのが現状です。

パートナー回線での通常速度の利用は5GBが上限となってしまうので、それなりにネットを利用するのであれば1ヶ月で5GBでは足りなくなってしまうことがほとんどです。

ただし、スマホを利用する場所がWi-Fiを利用できる環境で、あまりそこから移動はしないという方なら上手にデータ量を管理することで楽天モバイルの料金は0円で抑えることも可能です。

その為、楽天モバイルのメリットを生かした利用が出来るのは、

  • 楽天エリア内で楽天モバイルを利用する人
  • ネットはWi-Fiの環境下で利用することがほとんどという方

となっており、上記のどちらかに当てはまる方の場合は、楽天モバイルはおすすめになります。

楽天モバイル選ぶ際のポイントは自分の行動範囲で楽天モバイルが利用出来るか同かが非常に重要になります。

まとめ

povoと楽天モバイルの違いはご理解いただけたでしょうか。

それぞれメリットとデメリットがありますが、自分の使い方利用する環境でどちらがおすすめなのかを判断するポイントです。

しかし、実際には、自分の使い方・利用する環境がどうなのか特定して、povo・楽天モバイルのどちらが適しているか判断するのは難しいです。

では、povoと楽天モバイルのどちらを選ぶのがいいのでしょうか。

結論としては「povoも楽天モバイルも両方使ってみる」という事です。

povoも楽天モバイルも契約時にかかる費用は0円です。

また、契約にかかる料金も必要ありません。

どちらか1つにするのもいいですが、仮に楽天モバイルにして電波が届かなかった場合、povoに変更するまでの間、電波が届かない楽天モバイルを利用していなければいけません。

その点を考慮するとpovoを利用しつつ楽天モバイルを契約して実際に使い勝手を比較してみるのがおすすめです。

料金的にも通信速度に関しても楽天モバイルはメリットの多い回線です。

ただ、電波が弱いという点だけがデメリットであって、それさえ解消できれば楽天モバイルはとてもおすすめな回線です。

その為、まずは楽天モバイルを使ってみて自分のライフスタイルに合っているかどうか判断するのが良いでしょう。

3ヶ月間無料で使える!「楽天モバイル」

povoが気になる方は「https://povo.au.com/」より確認できます。