楽天モバイルの5Gの速度・対応エリア・対応機種を解説

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を契約すれば5G回線も利用する事ができます。

5Gと聞くと高速通信ができると思ってしまいますが、現実は5Gの利用エリアは狭く5G対応端末でないと利用できません

このページでは、楽天モバイルの5Gについて「エリア」「対応端末」「実際の5Gの速度」について解説していきます。

楽天モバイルの契約を検討している、5Gを利用してみたいという人はぜひ参考にしてください。

本記事を読んでわかること
  • 次世代通信「5G」について
  • 楽天モバイルの5G対応エリア・対応機種について
  • 楽天モバイルの4G、5Gの速度比較(リアル検証)

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

まずは、5Gの説明になりますが、5Gの知識が既にある方は「楽天モバイルの5G対応エリアについて」からご覧ください。

楽天モバイルの5Gの速度については「楽天モバイルの5Gの通信速度」をご覧ください。
※Rakuten BIGにて速度計測をしています。

5Gって何?

5Gとは携帯電話の通信規格のことで「第5世代移動通信システム(5th Generation」を指します。

同様に従来の4Gのことは「第4世代移動通信システム(4th Generation」のことになり、「G」とは通信規格の世代のことを指します。

よく勘違いされるのは通信規格の5Gとデータ容量の5GBですが、5GBはデータ容量のことになるので5G( Generation )とは別の物になります。

5Gの3つの特徴

5Gには様々なメリットがありますが、その中でも特にユーザーに対しメリットのあるポイントは次の3つになります。

  • 高速大容量通信
  • 低遅延通信
  • 多数同時接続

聞きなれない言葉ですが、1つずつ解説していきます。

高速大容量通信について

現在主に利用されている4Gの通信速度は事業者にもよりますが、実測値は「75Mbps~100Mbps」です。
※通信環境によっては、もっと遅い場合があります。

但し、ドコモの場合だと複数の周波数を同時に利用することでデータ通信の高速化を図る「PREMIUM 4G」が用意されており、プレミアム4Gに限り、100Mbps~200Mbps以上の速度も可能です。

なお、この通信方法は一定の条件が揃ったときにしか利用出来ないため、いつでも高速通信が出来ると言う訳ではありません。

その為一般的な4Gの通信速度はおおむね100Mbps程度とされています。

それに対し5Gの通信速度は20Gbps(目標値)と4Gの最大200倍の通信速度となるので、今まで動画のダウンロードなど時間がかかっていた作業があっという間に終了してしまいます。

通信速度の向上に伴い、大容量のデータの扱いも簡単になります。

高画質の動画等、特に4Kや8K等の大容量なデータも短時間でダウンロード出来るようになるためストレス無くスマホを利用出来るようになります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵならデータ量無制限なので安心して5Gを楽しむことが出来ます。

低遅延通信について

低遅延と言われても何のことか分からないという方も多いと思いますが、低遅延とは通信の遅れ「ラグ」の事です。

携帯電話で通話をしている際に少し遅れて声が聞こえてくることがあります、またオンラインゲームをしていてプレイヤーの操作に対し画面上のキャラクターの動きの反応が遅い場合があります。

これらのことを「遅延」や「ラグ」と言います。

5Gはこれらの遅延が改善され、超低遅延通信が可能となりました。

超低遅延通信が可能になることで通話やゲームだけではなく、自動車の自動運転や、医療で期待される遠隔医療など様々な分野で利用出来るようになります。

具体的には4Gの伝送遅延が目標値10msですが、5Gでは目標値1msと4Gの10分の1となっています。

多数同時接続について

4Gは1つの基地局に多くのデバイス(スマホ等)が集中すると通信速度が著しく遅くなったり最悪の場合は通信が出来ないといった事がありました。

4Gは1つの基地局当たり同時に接続できるデバイスが1,000台程度までと言われています。

その為利用者が集中するイベント会場などでスマホの通信速度が遅くなったり、通信不可になるケースが発生しています。

なお、4Gの接続は1平方キロメートルあたり10,000台程度の接続が可能となっているので、オフィス街の昼休み等利用者が増える時間に通信が遅くなったり繋がらないといった事になってしまいました。

しかし5Gは1つの基地局当たり20,000台4Gの20倍になります。

1平方キロメートルあたりの数も1,000,000台と4Gの100倍になるため利用者の多い地域や時間帯でも通信速度に影響が出ることはありません。

スマホの利用者が増えていく中で、多数同時接続は快適にスマホを利用する際、非常に重要な技術といえます。

人が混雑している場所でも、快適に通信ができるのは5Gの特徴でもあります。

【重要】5Gには種類が2つある!?

5Gには大きく分けて次の2つの種類の電波が利用されます。

  • Sub6
  • ミリ波

Sub6とミリ波の違いは利用する周波数ですが、その特性はSub6が電波の届く範囲は広いが低速」それに対し、ミリ波の方は電波の届く範囲は狭いが高速」と正反対の性質を持っています。

現在広い範囲で利用出来るのはSub6の方で楽天モバイル以外のキャリアでもあまり多くはありません。

楽天モバイルも含めドコモなどの大手キャリアでもミリ波を利用出来るのはごく一部となって、現状エリアが拡大しているのはSub6の方となっています。

5Gをフルに堪能したいのであればSub6とミリ波両方に対応したスマホを選ぶ必要があります。

楽天モバイルの5G対応エリアについて

ドコモ、au、ソフトバンク等のように、自社の通信設備を利用してサービスを提供することをMVO(仮想移動体通信事業者)と呼びますが、楽天モバイルはMVOになってからまだ2年程度しか経っていません。

その為ドコモ等老舗のMVOに比べると4Gを含め、エリアがまだ狭いというデメリットがあります。

特に楽天モバイルの5Gについては局所的で移動しながら5Gを利用するのは難しいと言えます。

楽天モバイルの5Gエリアは公式サイト内にある【通信・エリア】で確認が出来ます。

楽天モバイルのエリアマップは随時更新しているようですが、エリアの拡大は4Gが主で5Gに関してはまだまだエリアの拡大は他社のように広範囲には至っていません。

5Gのエリア、特にミリ波の利用できるエリアについては、東京都内でも上野毛周辺、その他スポット的に利用可能なエリアがあるのみとなっています。

ただスポット的にですが東京都内だけでなく、楽天モバイルのエリア内に点在するので自分の家の近所で利用出来るかどうか随時エリアマップを確認することをおすすめします。 

パートナーエリア(au)ではauの5Gエリアでも5G通信は利用出来ません。

4Gか5Gか確認したい場合

楽天モバイルの5G対応スマホをお使いの場合、今繋がっているのが4Gなのか5Gなのか気になる所です。

どちらの電波を利用しているのかはスマホの画面上部に「4G」または「5G」と現在繋がっている回線が表示されますので、簡単に確認することが出来ます。

エリアの境目などの場合、実際には4Gで接続されているにもかかわらず5Gと表示されてしまう場合もあるので、「5G」と表示されているからと言ってもかならずしも「5G」で繋がっているとは限らないので注意が必要です。

楽天モバイルの5G対応機種について

楽天モバイルだけではありませんが、利用するエリアが5Gに対応していても使うスマホが5Gに対応していないと5Gの電波を利用することが出来ません

楽天モバイルの5Gに対応したスマホを用意する方法は楽天モバイルで契約と一緒に契約する方法とネットショップや携帯ショップなどで購入する方法があります。

そこでここからは、楽天モバイルで5Gを利用するために必要なスマホの購入方法等ついて解説していきます。

楽天で購入できる5G対応スマホ

5G対応のスマホを持っていない場合、楽天モバイルの5Gに対応したスマホを用意する必要があります。

最も安全で簡単でお得に5G対応のスマホを手に入れる方法は楽天モバイルを新規契約と同時にスマホ本体を購入する方法です。

楽天モバイルで販売中の5Gに対応したスマホは次の通りです。

iPhone12シリーズ

楽天モバイルがサービスを開始した当初は、iPhoneは楽天モバイルに非対応でしたが2021年4月よりiPhoneの販売開始とともにiPhone6以降の機種が全て楽天モバイルに正式対応となりました。

その中で5Gに対応するのがiPhone12シリーズです。

楽天モバイルではiPhone12シリーズ全てを購入することが出来る上、初めて楽天モバイルに申し込む方なら最大20,000円相当の楽天ポイントが付与されます。

機種名一括払い24回払い48回払い
iPhone 12 Pro Max 128GB141,700円5,904円/月2,952円/月
iPhone 12 Pro Max 256GB155,050円6,460円/月3,230円/月
iPhone 12 Pro Max 512GB181,440円7,560円/月3,780円/月
iPhone 12 Pro 128GB127,395円5,308円/月2,654円/月
iPhone 12 Pro 256GB120,650円5,860円/月2,930円/月
iPhone 12 Pro 512GB168,070円7,002円/月3,501円/月
iPhone 12 64GB101,176円4,215円/月2,107円/月
iPhone 12 128GB108,160円4,506円/月2,253円/月
iPhone 12 128GB122,335円5,097円/月2,548円/月
iPhone 12mini 64GB87,712円3,654円/月1,827円/月
iPhone 12mini 128GB95,140円3,964円/月1,982円/月
iPhone 12mini 256GB109,205円4,550円/月2,275円/月

支払い方法は一括払い・24回払い・48回払いの3種類から選べますが、48回払いについては楽天カードのみとなります。

故障したときや紛失したときの保証(故障紛失保証with AppleCare Services)を付けることが出来ます。

金額はPhone 12 Pro Max・Phone 12 Proが月額1,309円、その他のiPhoneが月額979円となります。

iPhoneはApple Storeでも購入が可能ですが、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入した場合、楽天モバイルで購入するよりも安く購入することが出来ます。

しかし、楽天モバイルで購入した場合、楽天ポイントが20,000円相当もらえるので、実質お得にiPhoneを購入することが出来ます。

楽天モバイルで購入した場合の金額と、Apple Storeで購入した場合の料金比較の一例です。

機種名楽天モバイル(実質料金)Apple Store
iPhone 12 Pro Max161,440円165,880円
iPhone 12 mini67,712円82,280円

楽天ポイントを利用する人は楽天モバイルで購入したほうがお得ですが、楽天ポイントを利用しないという人は商品はどこで購入しても同じなのでApple Storeで購入しても良いです。

ただし、5Gに対応したiPhone12ですが、現在国内で販売されているiPhoneは5GのSub6み対応となっていてミリ波には対応していません。

米国で販売されているiPhone12はミリ波に対応していますが、日本国内のミリ波には対応していないため米国モデルでも国内ではミリ波を利用することはできません。

その為iPhoneで5Gの魅力を100%利用したいという事であれば、androidスマホにするかiPhoneがミリ波に対応するモデルを発表するまで待つかしか方法はありません。

未確認情報ですが次期iPhone(iPhone13?)からはミリ波にも対応するのではとの噂です。

5G対応androidスマホ

次に楽天モバイルの5Gに対応した楽天モバイルで購入できるandroidスマホを紹介していきます。

2021年6月現在で楽天モバイルの5Gを利用出来るandroidスマホは次の2機種となります。

OPPO Reno5 AAQUOS R5G
製品価格42,980円128,800円
楽天ポイント還元額5,000円相当20,000円相当
発売日2021年6月11日2020年3月25日
OS種類Android 11Android 10
最大待受け委時間削除4G LTE(FDD-LTE):約450時間|4G(AXGP):約450時間|5G:約450時間
CPUQualcomm Snapdragon 765GQualcomm Snapdragon 865 SDM865
内蔵メモリ(ROM)128GB256GB
内蔵メモリ(RAM)6GB12GB
外部メモリ最大容量1024GB(microSDXC)1024GB(microSDXC)
画面サイズ6.5インチ6.5インチ
幅×高さ×厚さ 重量162mm×74.6mm×8.2mm 182g75mm×162mm×8.9mm 189g
カメラメイン:約6400万画素 超広角:約800万画素 モノクロ:約200万画素 マクロ:約200万画素 フロント:約1600万画素 標準:約1220万画素 超広角:約4800万画素 望遠:約1220万画素 フロント:約1640万画素
Wi-Fi規格IEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
5G対応Sub6Sub6

OPPO Reno5は楽天モバイルの中でも最新の機種ですが、購入時にもらえる楽天ポイントが5,000ポイントと若干少なめです。

それに対しAQUOS R5Gは楽天ポイントが20,000ポイントと高額です。

Reno 5aはの位置付けはミドルスペック、R5Gはハイスペックとなりますが、販売後1年以上経過している点や金額を考えるとOPPO Reno5 aのほうがコストパフォーマンスも良くおすすめの機種です。

ただしiPhone同様どちらの機種も対応している5GはSub6のみでミリ波には非対応となっています。

時期によりもらえる楽天ポイントは違いますので、購入時には必ず公式サイトをチェックしてください。

Rakutenオリジナルモデル

最後に楽天モバイルのオリジナル商品として販売しているスマホを紹介します。

楽天モバイルオリジナルの機種は

  • Rakuten Mini
  • Rakuten Hand
  • Rakuten BIG
  • Rakuten BIG s

の4機種となりますが、現在楽天モバイルの5Gに対応した機種は「Rakuten BIG」「Rakuten BIG s」の2機種となります。

Rakuten BIG sRakuten BIG
製品価格50,980円49,800円
楽天ポイント還元額5,000円相当25,000円相当
発売日2021年4月21日2020年3月25日
OS種類Android 10Android 10
内蔵メモリ(ROM)128GB128GB
内蔵メモリ(RAM)6GB6GB
画面サイズ6.4インチ6.9インチ
幅×高さ×厚さ 重量160mm×79mm×9mm 204g174mm×80mm×9mm 227g
カメラ 広角:約6,400万画素 超広角:約800万画素 マクロ:約200万画素 深度測位:約200万画素 フロント:約1600万画素 広角:約6,400万画素 超広角:約800万画素 マクロ:約200万画素 深度測位:約200万画素 フロント:約3200万画素
Wi-Fi規格IEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
5G対応Sub6/ミリ波Sub6/ミリ波
CPUQualcomm Snapdragon 765GQualcomm Snapdragon 765G
製造メーカーYulong Computer Telecommunication ScientificZTE

Rakuten BIGとRakuten BIG sのスペックは非常に似ていますが、製造メーカーは異なります。

楽天モバイルの5Gで利用出来る機種の中では、この2機種が唯一Sub6ミリ波両方とも利用が可能となりますので5Gをフルに楽しみたいという方ならばこの2機種が選択肢となります。

購入するのであれば楽天ポイントが最大25,000円相当がもらえるRakuten BIGがおすすめです。

自分でスマホを用意する場合の注意点

お使いのスマホを楽天モバイルの5Gで使いたい場合や、ネットショップやオークションなどで購入する場合は、楽天モバイルの公式サイトで動作確認済みの機種が確認出来ますので、自分のスマホがリストにあるかどうか確認する必要があります。

楽天モバイルで動作確認がとれているスマホの確認はこちらの【楽天回線対応製品】で確認が可能です。

ただし、リストにない機種は使えないかというとそうではありません。

あくまで自己責任という事になりますが、スマホの周波数が楽天モバイルの5Gの周波数に対応しているか確認することで利用可能かおおよその判断がつきます。

確認方法はスマホのメーカーのサイトでスペック(仕様)を検索します。

スペック(仕様)には対応周波数が記載されていますので、そこに楽天モバイルの周波数が記載されていれば利用出来るかもしれません。

楽天モバイルで利用する周波数一覧

周波数
バンド3(4G)1.7GHz帯
バンド18(4G)800MHz帯
バンドn77(5G Sub6)3.8~3.9GHz
バンドn257(5G ミリ波)27.0GHz~27.4GHz

特に気を付けたいのがバンド18です。

バンド18は通常auの周波数ですが、楽天モバイルは自社の電波が届かない場所ではauの電波を利用して通信します。

その為いくら5Gの電波に対応していても、5Gのエリアを外れてしまうと通信が出来ない事になってしまいます。

楽天モバイルは4Gのエリアがまだ多くないことを考えるとバンド18に対応していることは必須となります。

楽天モバイルの5Gを利用するのであれば、【バンド3バンド18バンドn77】は最低限必要となり、ミリ波まで利用したいのであれば【バンドn257】に対応した機種を用意しなければいけません。

現在楽天モバイルで動作確認が出来ている5G対応スマホは次の機種となります。

機種名
ASUSZenFone 7、ZenFone 7 Pro
GooglePixel 4a(5G)、Pixel 5
OPPOReno5 A
SHARPAQUOS R5G、AQUOS sense5G SH-M17

上記以外にも5G対応のスマホは販売されていますが、楽天モバイルで動作確認が取れていない機種となるので、楽天モバイルで利用の際は全て自己責任で利用しなければいけません。

楽天モバイルで5Gを利用するためにスマホを用意するのであれば、楽天モバイルを契約する際に5G対応スマホに機種変更するのが最も安全でおすすめの方法といえます。

利用者の多い「Galaxy S21」や「Galaxy S20」等についてはバンド18が利用できないため、楽天モバイルのエリア内であれば利用出来る可能性はありますが、あまりおすすめではありません。

楽天モバイルで5Gを利用するならどの機種がおすすめ?

楽天モバイルの5Gに対応したスマホは多くありませんが、それでも実際に機種変更する際どの機種にするのが良いのか迷ってしまいます。

では、楽天モバイルで5Gを利用するにあたり、おすすめの機種はどれになるのでしょうか?

楽天モバイルの5GでSub6もミリ波もどちらも利用したいのであれば、おすすめできるのは「Rakuten BIG」です。

本体代も安く、Sub6にもミリ波にも対応した数少ない製品です。

ただし、1つ注意点があります。

Rakuten BIGのSIMタイプはeSIMのみとなっています。

docomoではeSIMに対応していません(今後対応予定)ので、何らかの理由で楽天モバイルからドコモに乗換える際、Rakuten BIGは利用出来ませんので注意が必要です。
※2021年6月時点でドコモはeSIM非対応です。今後については不明です。

また、auやソフトバンクではeSIMに対応してはいますが、Rakuten BIGは音声通信サービス【VoLTE】に対応しているのは楽天モバイルのみとなっています。

その為Rakuten BIGを他社で利用するのは出来ない事はありませんが、あまり現実的とは言えません。

Rakuten BIGは楽天モバイルのミリ波まで使ってみたいという人におすすめの機種となります。

また、5Gは使って見たいけれど「ミリ波までは必要ない」という人には楽天モバイルオリジナル以外の5G対応スマホがおすすめです。

特にiPhone 12シリーズは対応している4G回線はほとんどのキャリアで利用可能です。

その為楽天モバイルから他社に乗り換えるときでも引き続きiPhoneを利用することが出来ます。

ミリ波は必要無いし、楽天モバイルから他社に乗換えるかもしれないという方ならiPhone 12シリーズはおすすめの機種と言えます。

androidが良いという方には最新のOPPO Reno 5Aもおすすめです。

対応周波数も多く他のキャリアでも安心して利用出来る上5Gにも対応していてそれほど価格も高く無く、楽天モバイルで購入出来る為サポートも安心です。

楽天モバイルの5Gの通信速度

楽天モバイルで5Gを利用したいけど、実際のところどれくらい通信速度が速いのか気になるところだと思います。

ここからは実際に楽天モバイルを利用してみて5Gがとの位の速度で通信できるのか検証してみました。

Rakuten BIGで測定した通信速度

5GのSub6、ミリ波に対応した楽天オリジナルの【Rakuten BIG】、比較対象として楽天モバイル回線の4Gが利用出来るiPhone7を用意しました。

測定エリアは神奈川県の5GエリアでSub6とミリ波が利用できる、地図上で約200m四方の楽天モバイル5Gのエリアです。(ミリ波についてはさらに小さなエリアです)

スマホの画面上には右上のアンテナマークの横に【5G】のマークが表示されています。

通信速度の測定はWEBサイト「Fast.comを利用しました。

エリアは住宅も少ない県道沿いの一角で、測定は利用者が少ない早朝に測定を実施しました。

測定結果は次の通りです。

Rakuten BIG(5G)iPhone7(4G)
1回目710Mbps49Mbps
2回目580Mbps46Mbps
3回目590Mbps42Mbps
4回目500Mbps39Mbps
5回目560Mbps40Mbps
平均値588Mbps43Mbps
  • 4Gの場合:最大49Mbps、平均40Mbps
  • 5Gの場合:最大710Mbps、平均560Mbps

となっており、4Gの10倍以上の速度が確認できました。

通信速度だけを見ると5Gは光回線と同等のスピードです。

また、4Gから5Gの切り替えも早くマップ上で4Gから5Gのエリアに入ってすぐに表示が5Gになることも確認できました。

ただし、接続している電波がミリ波かSub6かは残念ながら確認することは出来ませんでした。

5G通信で回線速度のテストを多数行うとデータの消費が非常に多いので注意してください。

まとめ

楽天モバイルの5Gは利用する場所にもよりますが、4Gと比較すると格段に高速通信が可能です。

ただし、現時点では5Gを利用できるエリアが非常に少なく、5Gの恩恵を受けることが出来るのは一部のユーザーのみとなります。

また5Gのミリ波については、現状利用できるエリアが極端に少ない点やSub6でも十分な速度が出るため、現時点ではあまりミリ波にこだわる必要は無いといえます。

結論としては楽天モバイルの5Gは高速ですが利用出来る人は楽天モバイルユーザーの中でも一部のユーザーという事になり、すぐにでも5Gに乗換えないとという事では無いといえます。

通信速度のテストでも楽天モバイルの4G回線の通信速度は平均で40Mbpsと5Gと比較してしまうと遅く感じてしまいますが、通常の利用で考えると一昔前の光回線と同程度の速度は出ています。

以上を踏まえると、現時点で慌てて5Gに対応する必要は無いといえます。

ただし、新しくスマホを買い替えするのであれば、5G対応機種(Sub6のみで可)を選択しておくと今後楽天モバイルの5Gエリアが急速に広がっても安心です。

\3ヶ月間無料で使えるキャンペーン中!/