楽天モバイルの機種変更~eSIMからnanoSIMの変更手順を解説~

楽天モバイルにて機種変更をする場合でeSIMからnanoSIMにSIMが変わる時はどうすればいいか悩みますよね。

ここでは楽天モバイルのeSIMに対応した機種を利用中の方が、nanoSIMの機種に変更する場合のSIMの発行方法及びnanoSIMの設定方法について解説していきます。

実際の画像を元に、手順を解説していきます。

本記事を読んでわかること
  • nanoSIMの発行手順及び発行手数料について
  • eSIMからnanoSIMへの変更方法及び設定方法について

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

機種変更前の注意点

機種変更する前に必ず行いたいのが今まで利用してきたスマホのバックアップです。

電話帳や写真もちろんアプリや音楽などスマホには様々なデータが入っています。

バックアップを取っておかないとすべてのデータが利用出来なくなってしまいますので、機種変更の前にはバックアップが必要です。

バックアップやデータの移行方法については楽天モバイルの公式サイトで操作方法を公開していますので【データ移行・バックアップ】のページを参考に作業してください。

バックアップを取るのは手間ですが、必ず取っておいてください。

eSIMからnanoSIMのスマホへ機種変更の手順

お使いのスマホがeSIMの場合、nanoSIMを楽天モバイルに再発行してもらう必要があります。

楽天モバイルでnanoSIMを発行してもらう際にかかる費用は送料も含めすべて無料となっています。

eSIMの方がnanoSIMへ変更する際に必要なのは、SIM
の再発行です。早速SIM再発行の手順を見ていきましょう!

nanoSIMの発行

楽天モバイルのnanoSIMを発行する場合スマホから申請することが出来ます。

nanoSIMの発行の手続きは次の通りです。

スマホからmy楽天モバイルのアプリを開き、 my楽天モバイルが開いたらログインし【契約プラン】をタップします。

契約プランのページに移動したら【各種手続き】をタップします。

「各種手続き」のページに移動したら【SIM交換】をタップします。

「SIM交換・再発行」のページに移動するので【その他】にチェックを入れてSIMタイプを【nanoSIM】を選択し、【再発行を申請する】をタップします。

「お申込内容の確認」に移動しますので、内容を確認し間違いが無ければ【確定する】をタップします。

以上でnanoSIMの再発行の手続きは終了です。

登録したメールアドレスに申込確認のメールが届きますので、内容を確認しSIMカードが届くのを待ちます。

SIMカード発行から手元に届くまで3日から1週間程かかります。

nanoSIM交換手数料は0円です。

nanoSIMの取付と設定

SIMカードが届いたらnanoSIMを取り外します。

機種変更するスマホからSIMカードホルダを取り外します。

SIMカードホルダーはスマホ本体の側面に画像のような穴が開いているので、付属のリリースピンを差し込みます。

リリースピンを置くまで差し込むとSIMカードホルダーが出てくるので、リリースピンを抜いてホルダーを引き出します。

新しいスマホのフォルダーには何も入っていません。

この機種はホルダーの右側がSIMカード、左側側がSDカードとなります。

送られてきたSIMカードを取り外し、スマホのSIMカードホルダーにセットします。
この時SDカードも必要ならばセットしておきます。

SIMカードがセット出来たらスマホの電源を入れ、初期設定を行います。

スマホの初期設定が終了したら、ホーム画面のアンテナに「4G」または「5G」と表示されれば開通となります。

楽天回線対応製品の場合以上の作業で開通となります。

開通後はmy楽天モバイルに情報が反映されるまで最大1日程度かかる場合がありますが、スマホの利用に影響はありません。

楽天回線対応製品以外の場合にはAPNの設定が必要 

楽天回線対応製品以外の場合にはAPN設定が必要です。

APNの設定は次の通りです。

スマホの設定を開きます。

設定画面の【接続】をタップします。

「接続」の画面に移動したら【モバイルネットワーク】をタップします。

モバイルネットワークの画面に移動したら【APN】をタップします。

APNの画面右上の【追加】をタップします。

「アクセスポイントを編集」のページに移動したら次の表通り入力していきます。

APN楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロファイルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

上記以外の項目は「未設定」のままとなります。

全て入力したら右上のメニューをタップし、【保存】をタップします。

念のためスマホを再起動してWi-FiをOFFにし、楽天回線に接続されていることを確認します。

製品によっては上記のAPN設定でテザリングが使えない場合があります。
その場合は「APN設定」に【dun】を追加します。

楽天回線対応製品は一部の機能が正常に動作しないことがあります。
サポート外となってしまいますので注意が必要です。

開通後の作業

無事に楽天回線が確認出来たらデータの移行を行います。

データの移行については楽天モバイルの公式サイト【データ移行・バックアップ】を参考にしてください。

アプリに関してはAndroidの場合「Googleアカウント」、iPhoneの場合「Apple ID」で管理されているため、機種変更後今まで利用してきたアカウントでログインすれば課金なしで再インストールが可能です。

今まで利用してきたスマホの処分

電話帳やアプリなどすべてのデータの移動が確認出来たら 古いスマホをどう処分するかです。

今まで利用してきたスマホはもう処分してしまいたいという方におすすめなのが、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどのショップに持ち込んで処分してもらうのがおすすめです。

ショップではスマホ専用の粉砕機を使い無料で安全に処分してくれます。

個人情報の流出など不安があるならば、一番確実なスマホの処分方法です。

たとえショップで処分してもらう時でも初期化はしておく方がより安心です。

古いスマホをフリマや譲渡する場合

スマホがまだ新しい場合処分してしまうのはもったいないと思う方もいると思います。

実際、ネットなどのフリマでは古いスマホでもそれなりの金額で取引されています。

ただし、フリマなどで他人にスマホを譲渡する場合に気を付けなければいけないのが個人情報の流出です。

スマホには多くの情報が入っていますので、そのままフリマなどで販売すると個人情報が流出してしまいます。

そこで必ず行わなければいけないのがスマホの初期化とeSIM情報の削除です。

eSIMの削除方法

eSIMは機種変更したスマホが開通したら使えなくなりますが、 スマホによっては初期化をしてもeSIMの情報が残ってしまう場合があります。

その為より確実にスマホを初期化するためにも最初にeSIMの削除を行います。

eSIMの削除手順は次の通りです。

スマホの設定を開き、【ネットワークとインターネット】をタップします。

「ネットワークとインターネット」に移動したら【モバイルネットワーク設定】をタップします。

「モバイルネットワーク設定」の画面に移動したら【携帯通信会社】をタップします。

「携帯通信会社」の画面に移動したら【携帯通信会社のリセット】をタップします。

「 携帯通信会社のリセット 」の画面に移動するので【リセット】をタップします。

確認の画面が出るので【リセット】をタップするとeSIM情報が削除されます。

スマホの初期化の方法

eSIMの削除ではスマホに残ったデータは削除できないので、確実にデータを消去するためにも必ずスマホの初期化を行います。

スマホの初期化は次の通りです。

スマホの設定を開き、【 システム 】をタップします。

システムが開いたら【リセットオプション】をタップします。

リセットオプションが開いたら【すべてのデータを消去(出荷時リセット)】をタップします。

「 全てのデータを消去 」に移動したら一番下の【すべてのデータを消去】をタップするとスマホの初期化が始まります。

スマホの初期化は電話帳や写真など個別に削除するよりも確実にスマホに残っているデータを削除することが出来るので、他人にスマホを譲渡する時だけではなくショップに処分してもらう時でも必ず初期化は行うのがおすすめです。

まとめ

楽天モバイルのeSIMからnanoSIMの流れをまとめると次の通りです

  1. 楽天モバイルでnanoSIMの発行を依頼します。
  2. 今まで使ってきたスマホのバックアップを取ります。
  3. SIMが届いたら新しいスマホにSIMをセットします。
  4. 古いスマホから新しいスマホにデータを移行します。

基本的な作業はこの4つの作業となります。

初めて自分で機種変更をする方にとってはSIM変更と言うとハードルが高くなってしまうようですが、実際に作業してみるととても簡単に機種変更が可能です。

また仮にわからないことがあっても楽天回線対応のスマホであればサポートも受けることが出来ますので、初めて自分で機種変更をする人なら楽天回線対応製品に機種変更するのがおすすめです。