楽天モバイルは子供向け携帯(キッズ携帯)はある?~見守り・節約に~

子供にスマホを持たせるかどうか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

お金の面でも安全の面でもいつどのタイミングでスマホを子供に与えればいいのか悩みどころです。

子供にスマホを持たせる事を決めたとしても、どこの会社のどんなスマホがいいのかも悩んでしまいます。

ここでは料金の安い楽天モバイルは、子供に持たせるのにおすすめのスマホなのかを解説していきます。

子供用スマホを探している人多いですよね。ぜひ参考にしてください。

子供に持たせるならキッズケータイ?

初めて子供にスマホを持たせる時に思いつくのは

  • キッズケータイ
  • ジュニアケータイ
  • みまもりケータイ

などではないでしょうか。

しかし、これらはスマホではなく、携帯電話なのでスマホと同じような使い方は出来ません。

では、スマホを購入する際、キッズケータイのように子供向けのプランやスマホはあるのでしょうか?

以前あったキッズケータイのような子供向けのプランは、現在どの携帯電話会社でも用意されていません。

子供が使うスマホでも大人と同じプランを利用するのが現在のスマホのプランです。

各社で「学割」などの割引サービスは用意されていますが、プランの内容に関しては通常と同じです。

ただ、それだと子供に使わせるのは心配という方も多いと思います。

そこで各社から子供が利用する際に使い方を制限するフィルター」というサービスが提供されています。

フィルターはアプリのインストールや不適切なwebサイトの閲覧制限はもちろん、利用時間など子供のスマホの利用を制限する事ができます。

また、携帯電話会社の他にも

  • セキュリティーソフトでフィルターをかける
  • 無料のアプリをインストールしてフィルターを管理

することもできます。

そのため、以前のように子供用のプランを選ぶのではなく、大人と同じプランの中から適切なプランを選択してフィルターをかけ、子供が安心して利用できるように親が管理してあげることが重要となります。

今回解説する楽天モバイルも、子供向けのプランやスマホはありません

しかし、ここまで解説した通り、スマホ側で利用制限フィルターをかける事により、子供のスマホ利用を守ることができます。

楽天モバイルで現在加入できるプランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみなので、プランで悩む必要はありませんので、使い方とスマホの選び方さえわかればそれほど悩む必要はありません。

プランは1つですが、利用通信量にあわせて料金はかわります。

子供に持たせる楽天モバイルの料金は?

楽天モバイルを子供に持たせた場合、毎月の料金はいくらぐらいになるのでしょうか?

まずは楽天モバイルの基本料金をおさらいします。

データ量月額料金
0~1GB0円
1GB~3GB1,078円
3GB~20GB2,178円
20GB以上無制限3,278円
Rakuten UN-LIMIT Ⅵの料金表

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみとなっています。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は上限付きの従量制なので、その月に利用したデータ量で支払額が変わります。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の大きなメリットが月のデータ使用量が1GB以下の場合基本料金は0円という点です。

上手に使うことができれば毎月0円で子供にスマホを持たせることが可能ですし、使い過ぎてしまった場合でも最大の3,278円以上かかることはありませんので、何万円も請求が来るようなトラブルに巻き込まれることもありません

子供にスマホを持たせるのはいいけど、なるべく安く済ませたいとお考えの方には楽天モバイルの1GBまで0円は非常に魅力的です。

また、楽天モバイルは音声通話の「Rakuten-Link」というアプリを利用すれば音声通話が無料です。

外出した子供と連絡を取るのも無料でできるのはとても経済的です。

Rakuten LINKからの発信でも番号は通知されますので、普通の電話と遜色なく利用できます。

契約方法は注意!0円が適用にならない場合も!

楽天モバイルを子供に持たせる場合、注意しなければいけないのが楽天モバイルの契約方法です。

楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は最低で1GBまで0円ですが、この料金が適用になるのは1契約者につき1回線のみとなっエいます。

そのため、もしも保護者の方がすでに楽天モバイルを契約中で、子供に与えるスマホを親名義で契約して渡した場合、2台目は利用したデータ量が1GB以下でも1,078円となってしまいます。

それを避けるため、子供に与える楽天モバイルは子供の名前で契約する必要があります。

楽天モバイルを18歳未満で申し込む際の必要書類

楽天モバイルは未成年でも契約が可能です。

ただし、18歳未満の契約については保護者同伴の上、ショップに行かないと契約することができませんので、契約時には次の書類を用意してショップで手続きをしてください。

オンラインでの18歳未満の申し込みは不可となっております。

保護者が用意するもの

子供のスマホを契約するために必要な保護者の準備するものです。

  • 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード等のいずれか
  • 法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書
  • 支払に設定するクレジットカードまたは銀行口座
  • 印鑑

法定代理人同意書兼支払名義人同意書へ(PDF)
※PDFの印刷が難しい場合は、全国の楽天ショップにて親権同意書を受け取ることも可能です。

子供が用意するもの

お子さんの準備するものとしては、

  • 本人確認書類(「マイナンバーカード」、「健康保険証と住民票」、「パスポートと住民票」のいずれか)
  • 楽天会員ログイン用ID

となっております。

契約する際は必ず子供の名前で楽天IDを取得する必要があります。

楽天IDの手続きは店頭で登録できますが、事前に楽天IDを取得し、契約の際にIDとパスワードを用意しておくと手続きがスムーズに行えます。

ショップに出向いての契約は手間ではありますが、ショップでの契約はマンツーマンで利用時の注意点など聞ける点でもメリットはあります。

未成年でも18歳以上であれば保護者の本人確認書類と法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書があればwebから申し込みことは可能です。

子供におすすめのスマホは?

楽天モバイルの月額料金は0円で利用できますが、スマホ本体はどうするのがいいのでしょうか?

子供が初めて持つスマホについて、どういうのが良いのかのポイントを解説していきます。

子供のスマホというとキッズケータイのイメージがありますが、キッズケータイはスマホではないので楽天モバイルでは使うことができません。

そのため、子供に持たせるスマホは大人と同じ市販のスマホにフィルターをかけて利用させる事になります。

キッズケータイは子供でも持てる小型の物がありましたが、どのようなスマホが子供向けになるのでしょうか?

子供は大人に比べ手が小さいですし、力もありません。

そのため画面が見やすいからという理由で大きい機種を選んでしまうと、落として壊す原因となりやすいです。

そこで子供のスマホを選ぶ際は小型軽量のスマホを選ぶのがおすすめです。

楽天モバイルで利用できる機種の中で、どの機種が子供におすすめなのか見ていきましょう!

Rakuten mini(Android)

Rakuten miniは楽天モバイルオリジナルの機種で、楽天モバイルで利用できる機種の中で最小最軽量の機種です。

製品名Rakuten mini
本体色ナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッド
サイズ縦106.2mm 横53.4mm 厚さ8.6mm
重さ79g
画面サイズ3.6インチ
連続待受時間約160時間
連続通話時間約5.4時間
防滴/防水対応 (IPX2 / IP5X)
Wi-Fi対応(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
SIMタイプeSIM
価格1円
キャンペーン契約時購入で1円

子供でも持ちやすく防水ではありませんが、防滴仕様なのでほこりや雨にぬれたり、濡れた手で触っても大丈夫なのは子供が使うにはとても重要なポイントです。

また、Rakuten miniはオプションも豊富で、落とした時の衝撃を和らげるケースや、首から下げるストラップなど、楽天のキャラクター「お買物パンダ」のアクセサリーも豊富に用意されています。

気になるのはRakuten miniの金額ですが、楽天モバイルの契約と同時に購入する機種代金は1円で購入することができます。
※同時に購入というのは「楽天のSIM+Rakuten mini」を契約ということです。

ただ、残念ながら2021年5月時点では、Rakuten miniは在庫切れとなってい購入することができません。

入荷も未定となっているため1円での購入はなかなか難しいのが現状です。

それでもRakuten miniがほしいということならば、ネットオークションやネットショップ等で検索すると5,000円から10,000円で購入することができます。

子供に持たせるのであれば、楽天モバイルを契約する前にRakuten miniを入手し、店頭で手続きするのがおすすめです。

iphone SE(第2世代)

楽天モバイルはサービス開始直後はiPhoneに正式対応していませんでしたが、現在はiPhoneにも正式対応しました。

その中で子供におすすめのiPhoneは小型で低価格なiPhone SEです。

製品名 iPhone SE
本体色ブラック / ホワイト / レッド
サイズ縦138.4mm 横67.3mm 厚さ7.3mm
重さ148g
画面サイズ4.7インチ
連続待受時間約240時間
連続通話時間約14時間
防滴/防水対応 (IP67等級)
Wi-Fi対応(IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax)
SIMタイプNano-SIM / eSIM
価格55,170円(月々1,149円の48回払い)
実質35,170円
キャンペーン20,000円相当の楽天ポイント還元

iPhone SEは小型で金額も最新のiPhone 12等と比べると低価格です。

低価格でも性能に全く問題なく、1世代前のiPhone11と同等の性能となっているので長く使うことができます。

防水・防塵性能も良く、アクセサリーも豊富な点もiPhone SEの魅力の一つです。

iPhone SEの購入は楽天で購入の他、Appleストアで購入することもできます。

Appleストアの販売価格は楽天モバイルで購入するより安くなっていますが、楽天では契約と同時にiPhoneを購入することで、最大20,000円分の楽天ポイントをもらうことができるので、楽天で契約時に購入した方がお得です。

Xperia Ace(android)

Xperia AceはSONYから発売されているスマホで、複数あるXperiaシリーズの中の1つです。

ここで紹介するXperia AceはXperiaシリーズの中の廉価版ですが、小型で扱いやすい点などから楽天モバイルの中でも人気の機種です。

製品名Xperia Ace
本体色パープル / ホワイト / ブラック
サイズ縦140mm 横67mm 厚さ9.3mm
重さ155g
画面サイズ5.0インチ
連続待受時間約600時間
連続通話時間約18.2時間
防滴/防水対応 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
Wi-Fi対応(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
SIMタイプNano-SIM
価格29,800円円(1,241円の24回払いまたは620円の48回払い)
実質9,800円
キャンペーン20,000円相当の楽天ポイント還元

Rakuten mini程ではありませんが、iPhone SEとほぼ同じ大きさで子供でも比較的扱いやすい機種です。

機種代金も通常29,800円ですが、新規契約と同時の購入すると、楽天ポイント20,000円相当が還元されるので実質9,800円で購入することができます

Rakuten miniは手に入らないけどiPhoneでは高価すぎるという方にXperia Aceはおすすめの1台です。

OPPO A73(android)

OPPOは低価格ですが高性能なスマホです。

ただしここまで紹介した機種よりも大きいので子供に持たせる場合注意が必要です。

製品名OPPO A73 Ace
本体色ネービー ブルー / ダイナミック オレンジ
サイズ縦159.8mm 横72.9mm 厚さ7.45mm
重さ162g
画面サイズ6.4インチ
連続待受時間約380時間
連続通話時間約15時間
防滴/防水非対応
Wi-Fi対応(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
SIMタイプNano-SIM / eSIM
価格30,800円円(1,283円の24回払いまたは641円の48回払い)
実質5,800円
キャンペーン25,000円相当の楽天ポイント還元

OPPO A73は現在楽天モバイルで購入できるスマホの中で、最も実質料金の安い機種です。

機種代金自体は30,800円とそれほど安くはありませんが、キャンペーンで新規契約時に楽天ポイントが他の機種よりも多い、25,000円相当を受け取ることができます。

そのため現在購入できる機種の中で最安の5,800円で購入することができます。

ただし、「Xperia Ace」「iPhone SE」「Rakuten mini」等、ここまで紹介した機種より本体が大きく防塵・防滴には非対応です。

使い方に注意しないと壊してしまう恐れもあるのでケースや液晶画面の保護は必須です。

とにかく安いスマホを持たせたいという方におすすめのスマホがOPPO A73です。

最大25,000円相当の楽天ポイントが貰えるのは魅力ですね。

楽天モバイルを安心して子供が使うには?

楽天モバイルは最安0円で利用出来て、スマホも安く購入できる点など多くのメリットがあります。

ただ、どうしても子供にスマホを与えるのは大丈夫なのかという心配は残ってしまいます。

そこで楽天モバイルを安心して子供が使うにはどうすればいいのか解説していきます。

スマホを安心して使うにはフィルターは必須

楽天モバイルだけではありませんが、子供に安全にスマホを利用してもらう場合は必ず利用したいのがフィルター機能です。

楽天モバイルは18歳未満の契約者の場合「あんしんコントロール by i-フィルター(月額330円)」の加入が必須となります。

「あんしんコントロール by i-フィルター」では次の機能が利用できます。

  • 精度の高いフィルターで有害なサイトの閲覧を禁止
  • 不適切なアプリを自動選択してフィルタリング可能
  • 年齢に合ったフィルタリングを簡単設定
  • カテゴリを選択するだけで設定が完了
  • 不正アクセスやアプリ内で課金があるアプリを起動すると保護者のスマホに通知

子供が利用するスマホのあらゆる危険を回避してくれます。

またネットだけではなく普段生活も見守ることのできる位置情報履歴も表示することができます。

「今どこにいるのか」など、アプリの地図上で素早く確認できるので子供だけの外出時も安心です。

さらに保護者の方の心配事と言えば「スマホを使いすぎないか心配」というかたも多いと思います。

そんな時にもフィルターを利用すれば1日の利用制限利用できる時間を制限することができます。

何らかの理由で制限になってしまった場合、保護者のスマホから一時的に制限を解除することも可能なので、安心して子供にスマホを使ってもらう事ができます。

「あんしんコントロール by i-フィルター」の330円はもったいない!?

楽天モバイルの18歳未満の契約は必ずあんしんコントロール by i-フィルターに加入しなければいけません。

しかし、あんしんコントロール by i-フィルターは毎月330円が必要なので、せっかく毎月の利用を1GB以内に収めても330円の月額料金がかかるのは残念な点です。

また、「あんしんコントロール by i-フィルター」を外すのは心配だし、どうすればいいのか悩みどころです。

そこでおすすめなのが、楽天モバイルが提供するあんしんコントロール by i-フィルターではなく、他社製品のフィルターを利用することです。

18歳未満の契約時は「あんしんコントロール by i-フィルター」のオプションは必須ですが、契約後であれば解約する事も可能です。

無料のフィルターならGoogleファミリーリンクがおすすめ

スマホのフィルターを提供している会社は多く、楽天モバイル以外の携帯電話会社はもちろんセキュリティーソフトを作っている会社などでも有料となりますが販売しています。

無料の物から有料のものまで複数あるので、自分の使い方に合ったフィルターを選ぶ必要がります。

いろいろ選べるフィルターですが、その中でも特におすすめなのが【Googleファミリーリンク】です。

Googleファミリーリンクは完全無料のアプリで、楽天モバイルで有料で提供している機能とほぼ同等の機能が無料で利用できます。

ただ、最初に説明しましたが楽天モバイルを18歳未満の人が契約する場合は必ずあんしんフィルター by i-フィルタを契約しないといけません。

そのため契約後にあんしんフィルター by i-フィルタを解約し、新たにGoogleファミリーリンクをインストールしてあげる必要があります。

Googleファミリーリンクの利用は子供のスマホと保護者のスマホそれぞれにアプリをインストールする必要があります。

あんしんフィルター by i-フィルタの解約方法

18歳未満の契約の場合、「あんしんフィルター by i-フィルタ」は簡単に解約することができません。

何故かというと子供が知らない間に勝手に解約してしまうことの無いようにするためです。

では、「あんしんフィルター by i-フィルタ」はどうやって解約するのでしょうか。

「あんしんフィルター by i-フィルタ」の解約には18歳未満の利用者の場合保護者がフィルタリングサービスを利用しない理由を記入の上、申出書【フィルタリング・サービス不要申出書】を郵送で楽天モバイル宛に送付する必要があります。

フィルタの解除は申出書到着後の翌月末からフィルタの解約となります。
解約後には登録した子供と保護者あてにメールで解約の旨が配信されます。

楽天モバイルを子供に持たせる際の注意点

楽天モバイルを子供のスマホにするメリットと、どんな機種がおすすめなのかはご理解いただけたと思います。

ただ、注意しないといけないポイントもあります。

ここからは楽天モバイルを子供に利用させる際の注意点について解説していきます。

データの利用はWi-Fi環境で使うようにする

最初に解説しましたが、楽天モバイルは従量製のため1GB以下の利用ならば月額料金は無料です。しかしそれ以上使ってしまった場合、「1~3GB:980円」「3~20GB:1,980円」「20GB以上:3,278円」になってしまいます。

無制限に使っても月額3,278円なので安いのですが、できる事なら通信費を節約したいというのが本音ですよね。

そこでスマホを使う際には必ずWi-Fi環境下で利用するように心がける事が月額料金を抑えるポイントとなります。

しかし、いつの間にかWi-Fiが切れていることもあるので、必ずという事は不可能です。

その場合、スマホの設定からモバイルデータ通信をOFFにしてしまう方法があります。

この方法にすればWi-Fi環境下でなければネットに接続することはできませんので、利用するのであればWi-Fiが利用できる場所に移動するしかありません。

また、モバイルデータ通信をOFFにしても音声通話は利用可能のため、子供と連絡をとることはできます。

この方法にすれば毎月のデータ量を1GB以下に抑えることは可能です。

ただし、モバイルデータ通信をOFFにするとGPSを使った位置情報履歴SMSなども利用できなくなる点に注意してください。

また、子供にも外で利用できないという事は事前に話し合っておく事も必要です。

モバイルデータ通信OFFは安く利用する方法の一例です。

音声通話は必ず「Rakute Link」を利用する

楽天モバイルは音声通話にもメリットがあります。

楽天モバイルの音声通話は通常30秒22円の通話料がかかります。
※他のオンラインプランのサービスの通話料も同じです。

しかし、楽天モバイルの場合、音声通話アプリ「Rakuten-Link」を使うことで通話料が無料になります。

Rakuten Linkからの発信であれば国内ならば携帯電話はもちろん固定電話に無料で電話をかけることができます

しかも、Rakuten Linkで使ったデータ量は通常のデータ利用量にカウントされないので、データの使い過ぎの心配もありません。

他社の電話かけ放題プランであれば月額1,500円前後のサービスとなっていますが、楽天モバイルでは無料で利用できるお得なアプリです。

Rakuten LINKからの通話は無料というのは嬉しいですね。

楽天モバイルの子供用スマホのまとめ

子供に持たせるスマホを考えると、楽天モバイルは料金も安くおすすめな回線です。

ただし、おすすめと言っても一番重要なのはスマホをどう利用するかのルール作りです。

子供がスマホを使いすぎないようにすることや有害サイトから子供を守る方法など、契約する前に子供と保護者でしっかりと話し合うことが重要です。

楽天モバイルは様々なトラブルから子供を守る事も出来ますし、「1GB以下であれば無料」「1~3GB:980円」「3~20GB:1,980円」「20GB以上:3,278円」となっていますので、格安でスマホを持つことが可能です。

\3ヶ月間無料で使える!/