格安スマホ(SIM)はどこが良い?~おすすめ会社を調査~

「格安SIMに乗り換えたいけど、どこが良いかわからない。」という人多いのではないでしょうか。

格安SIMは、サービスによって料金が大きく違いますので、自分にあったサービスを選ぶのが重要です。

このページでは、おすすめの格安SIMサービスを用途別に5つ紹介していきます。

格安SIM選びの参考にしてくださいね。

本記事を読んでわかること
  • 格安SIMのメリット・デメリット
  • 自分にあった格安SIMサービスを見つけれる
  • 格安SIMの乗り換え方法

2021年9月の格安SIMおすすめ5選

  • 高品質+家族割を適用するなら「Y!mobile
  • 3ヶ月無料で利用するなら「楽天モバイル
  • 月20GBが安い「mineo(マイネオ)
  • 端末も一緒に購入したい場合は「OCNモバイルONE
  • YOUTUBEを沢山視聴するなら「BIGLOBEモバイル

用途別の格安SIMを直ぐに確認したい方は「【用途別に紹介】2021年最新のおすすめ格安SIM」をご覧ください。それぞれ何故おすすめなのか理由を記載しております。

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

そもそも格安SIMとは?

はじめに、格安SIMの仕組みについて解説します。

格安SIM会社は、別名「MVNO」と呼ばれており、大手キャリアのdocomo・au・ソフトバンクとは異なり独自の基地局を持っていないという特徴があります。

基地局を持たずに大手キャリアから回線をレンタルすることにより、基地局の維持費等を削減し、その結果安さを実現しているのです。

格安SIMなら大手キャリアよりも安く使えます。

格安SIMのメリット・デメリット~乗り換える前に確認~

独自の基地局を持たない事により、安さを実現している格安SIMですが、その一方で大手キャリアと比較するとデメリットも存在します。

乗り換えてから後悔することのないように、事前に格安SIMのメリットとデメリットを把握しておいて下さい。

格安SIMのメリット

まずは、格安SIMのメリットから確認していきます。

格安SIMへ乗り換えると、下記のようなメリットが得られます。

  • 月々の携帯料金が安くなる
  • 自分に合わせた容量プランを選べる
  • 契約期間の縛りがないケースが多い

1番のメリットは何と言っても、月々の携帯料金が大幅に安くなるという点です。

格安SIMでは月々1,000円以下から用意されている料金プランも少なくはなく、自分に合ったプランを上手く選択できれば、月々の携帯料金が大手キャリアを使用していた頃の三分の一以下になる場合もあります。

また、大手キャリアとは異なりデータ容量に応じて複数の料金プランが用意されているのでデータの無駄をなくせます。

昨今では、縛りや契約期間の制限がないプランも多くなってきたので「とりあえず乗り換えて、合わなければすぐに解約」という試し方も出来るようになりました。

  • 「月々の携帯料金が高い」
  • 「自分に合ったデータプランが大手キャリアにはない」

このように感じられている方は、一度格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

格安SIMのデメリット

続いて、格安SIMのデメリットについてです。

料金面ではメリットが多く見られた格安SIMですが、大手キャリアの頃には普通だったサービスが利用できなくなるというデメリットが存在します。

下記にデメリットをまとめましたので、ご覧ください。

  • キャリアアドレス「~@ezweb.ne.jp」「~@docomo.ne.jp」等が使用できなくなる
  • 実店舗が少ない
  • 適切な格安SIM会社を選ばないと、回線速度が安定しない場合がある

1点目のデメリットは、キャリアアドレスが使用出来なくなるという点です。

昨今ではgmailやYahoo!アドレス、そして通話アプリのLINEなどが主流となっているため、頻繁に使用していない方も多いかもしれません。

しかし、格安SIMに乗り換えるとキャリアアドレスは一切使用できなくなりますので、注意してください。

2点目は実店舗が少ないという点です。

大手キャリアの殆どは主要駅に店舗を構えていましたが、格安SIMの実店舗の数は非常に少なく、店舗を持たずにネットのみでのサポートとしている会社もあります

もちろん製品に不具合が合った際には、電話やネットで問い合わせが可能ですが、店舗に直接伺いたいという方は、お目当ての格安SIM会社が最寄りの駅にあるのかについて確認してからの乗り換えをおすすめします。

最後に、最も注意したい点は回線速度です。

せっかく格安SIMに乗り換えて月々の携帯料金を安くしても、回線速度が遅く使い物にならない回線だったら何の意味もありません

格安SIMへ乗り換えて後悔しているユーザーの多くが「回線速度の遅い格安SIM会社」を選択してしまっています。

次の項では、このような後悔のない2021年最もおすすめな格安SIM会社をご紹介していきます。

用途別に紹介していくので、ご自身のニーズに合った会社を見つけてみてください。

格安SIMにはサービスごとに特徴がある

格安SIMのメリットでも記載しましたが、料金が安く利用できるのは事実です。

しかし、料金が安い以外にも、格安SIMはサービス毎に特徴があります。

特徴
UQ mobile回線が速い、家族割で家族が多いほどお得、データの繰り越し可能
Y!mobile回線が速い、家族割・光回線とのセット割等、割引サービスが豊富
楽天モバイル3ヶ月間無料キャンペーン中、1GB以下なら0円、20GB以上はどれだけ使っても3,278円と安い、5Gも利用可能
mineo使い放題オプション有(速度は1.5Mbps)、パケットシェアが可能
OCNモバイルoneスマホとのセット購入でスマホ代割引有、低速モードで無制限に利用可能
BIGLOBE mobile動画見放題オプション(月額308円でYOUTUBE・NETFLIX等を視聴した際に、通信量を消費しない)

上記の通り、サービスによって特徴は変わってきます。

例えば、家族みんなで契約する場合、Y!mobileの家族割大幅割引されるため、料金を節約する事が可能です。

通信量が1GB以下しか使わないよという人は、楽天モバイルならずーっと0円で利用できます。

このように、利用するサービスによって特徴は変わりますので、自分にあった格安SIMを選ぶのは重要です。

料金が安いだけで契約してしまうと、失敗してしまう事もありますので、自分はどれに重点(速度・料金・割引)をおくのか考えてから決める事をおすすめします。

【用途別にご紹介!】2021年最新のおすすめ格安SIM

【用途別にご紹介!】2021年最新のおすすめ格安SIM

それでは、2021年最新のおすすめ格安SIM会社を発表していきます。

それぞれの特徴を評価することは勿論ですが、【通信品質】【価格】【サービス内容】【料金プランの解りやすさ】の4点もしっかりと評価していきますので、是非格安SIM会社選びの参考にしてください。

「高品質な回線」+「家族割」がお得なワイモバイル(Y!mobile)

画像引用元:https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

ワイモバイルは、ソフトバンクの高品質な回線を利用することが出来るため、他の格安SIMサービスと比較しても速度が速い傾向にあります。

料金面に関しても「家族割」「おうち割」を適用する事で格安に利用することができます。

気になるワイモバイルの料金を見ていきます。

通信量月額料金月額料金
(家族割適時)
シンプルS3GB/月2,178円990円
シンプルM15GB/月3,278円2,090円
シンプルL25GB/月4,158円2,970円

上記の通り、家族割を適用する事で格安の料金にてスマホを利用することができます。

さらに、ワイモバイルでは「iPhone12」や「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いも行っておりますので、最新のスマホを同時に契約したいという人にもおすすめできます。
※iPhoneはキャンペーンにより安く購入可能です。

ワイモバイルに変えることで、スマホの通信料も本体代も安くすることが可能です。

通信品質は、ソフトバンクの高品質回線(一部エリアでは5Gも利用可能)となっており、快適に利用することが可能です。

価格3GB2,178円(家族割適用時990円
15GB3,278円(家族割適用時2,090円
25GB4,158円(家族割適用時2,970円
サービス内容・ソフトバンクの回線を利用しているため速度が安定している
・最新のiPhoneの取り扱い有り
・家族割の適用で料金が格安
料金プランのわかりやすさ3プランのため、わかりやすい

ワイモバイルはオンラインでの契約なら事務手数料無料
5のつく日もしくは日曜日に申し込むと、最大7,000円相当のPayPayボーナスを付与!

高品質な回線で料金も安いのはY!mobile

「3ヶ月間無料で使用したい」なら楽天モバイルがおすすめ!

画像引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

携帯料金を3ヶ月間無料で使用したい方には「楽天モバイル」がおすすめです。

現在、楽天モバイルでは新料金プランの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」に新規加入した方を対象に、携帯料金が3ヶ月間無料になるキャンペーンを開催しています。

このキャンペーンを利用することによって、通常月額3,278円の携帯料金が3ヶ月間無料になるので、大変お得です。

楽天モバイルは昨年まで格安SIMという立ち位置の会社でしたが、独自の楽天回線を持つことにより三大キャリアの仲間入りを果たしました。

その為、厳密に言うと現在は格安SIMとは言えませんが、それでも大変お得なキャリアなので、あえておすすめさせて頂きます。

立ち位置は大手キャリアに、しかし、料金は安いままという格安SIMと大手キャリアの良いところを取った会社なので、全ての方におすすめできる会社であると言えます。

また、注目したいのが「楽天回線は使い放題」という点です。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」では楽天回線(5G回線含む)は使い放題、パートナー回線であるau回線を月5GBまで使えます。

以前は楽天回線エリアが全国普及しておらず、楽天回線エリア外のユーザーはメリットを最大限享受できないというデメリットがありましたが、徐々に楽天回線は普及しています。

2021年夏には、人口カバー率96%を達成すると公式HPでも発表しているので楽天モバイルのデメリットは、殆どなくなったと考えて良いでしょう。

3ヶ月間無料キャンペーン+事務手数料0円のため、気軽に開始することができます!

通信品質は、楽天回線となっており、電波さえ入れば快適に利用することができます。
※基地局を増強しているため、以前よりも利用できるエリアが広がってきました。

価格0~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円

※3ヶ月間無料
※4ヶ月目以降は利用したデータ量にあわせて料金が変動します。
サービス内容・楽天回線使い放題
・専用通話アプリ「Rakuten LInk」使用時の通話料は完全無料!
料金プランのわかりやすさ1プランのみでシンプル

事務手数料無料契約期間の縛りなし、スマホとのセット購入なら最大25,000ポイントの楽天ポイントプレゼント

3ヶ月間無料で使える!

月20GBの通信料が安いmineo

画像引用元:https://mineo.jp/

月20GBというと、大手携帯電話会社が提供している「ahamo」「povo」「LINEMO」があります。

しかし「mineo」はその3社よりも安く利用することができます。料金を比較してみてみます。

通信量月額料金
mineo月20GB2,178円
ahamo月20GB2,970円
povo月20GB2,728円
LINEMO月20GB2,728円

上記の通り、mineoが3社(ahamo、povo、LINEMO)よりも格安にて利用できます。

なお、mineoではAndroidからiPhoneまで、沢山の端末を取り揃えていますので、SIMだけではなくスマホとのセット購入も可能です。

mineoの通信品質は、大手携帯電話会社から回線を借りているため、少し速度は落ちます。しかし、「docomo回線:25Mbps」「au回線:22.8Mbps」「SoftBank回線:14.3Mbps」となっており、通常利用にはそこまで支障の出ない速度となっております。
(MM総研調べ)

価格1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円←
おすすめ
サービス内容・3キャリアの回線から選択が可能
・端末が豊富
・20GBの料金が安い
料金プランのわかりやすさ10プラン(通話SIMの4プラン+データSIMの4プラン+お試しSIMの2プラン)

月20GBで音声通話をあまりしないという人にmineoはおすすめです。

月20GBが月額2,178円

「端末をお得に手に入れたい」のならOCNモバイルONEがおすすめ!

画像引用元:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

格安SIMへの乗り換えと同時に、端末を手に入れたいという方にはOCNモバイルONEがおすすめです。

OCNモバイルONEは、大手通信会社である「NTTコミュニケーションズ」が運営する格安SIMで、通信品質の安定感に定評があります。

更にocnモバイルoneでは、最新のiPhoneや人気のAndroid端末など数多くの端末を扱っています。

現在では乗り換えと同時に端末を購入すると、お得価格で端末をゲットできたり、キャッシュバックを受けられるお得なキャンペーンを開催中です。

格安SIM会社への乗り換えと同時に端末を購入しようと検討している方には、ocnモバイルoneがおすすめです。

料金プランは16種類とやや多めですが、通話機能付き・SMS機能付き・データ通信のみの3種類のタイプからSIMカードを選択できるので、自分のニーズにあった無駄のないプランが選べるようになっています

docomo回線通信速度 2期連続ナンバーワン!20.52Mbpsの回線速度 (MM総研調べ)

価格1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円
6GB/月コース 1,320円
10GB/月コース 1,760円
20GB/月コース 4,312円
30GB/月コース 6,050円
サービス内容・OCN光と併用で月々220円引き
・端末が豊富
・ドコモ回線の通信品質ナンバーワン!
料金プランのわかりやすさ16プラン(音声対応SIM 6プラン・SMS専用SIM 5プラン
・データ通信専用SIM 5プラン)

20GB及び30GBプランは料金が高いため、10GB以下のプランを探している人におすすめです。OCNモバイルは端末が安いため、端末とのセット購入を検討している人にもおすすめできます。

YOUTUBEを沢山視聴するなら「BIGLOBEモバイル」

画像引用元:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/lp/af_d/lp_01.html

BIGLOBEモバイルでは、料金自体は格安SIMの中で普通ですが、「エンタメフリー・オプション」という動画見放題オプションが魅力的です。

エンタメフリー・オプションは月額308円(データSIMの場合は1,078円)を支払う事で、対象サービスの利用中は通信量のデータ消費がされません

対象サービスは、動画視聴であれば、

  • YOUTUBE
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

となっており、YoutubeやAbema、U-NEXTをよく視聴するという人に超お得なオプションです。

注意点としては、月3GB以上のプランをにしか適用できませんので、1GBプランの場合はオプション利用不可となっております。

Youtubeをよく視聴する人等には、データ消費されませんので最もおすすめできるオプションです。

価格1GB:770円(980円)
3GB:770円(1,320円)
6GB:1,320円(1,870円)

12GB:3,190円(3,740円)
20GB:5,170円(5,720円)
30GB:7,645円(8,195円)
※()内は2年目以降の料金です。
サービス内容3GBの料金が安くおすすめ
料金プランのわかりやすさ通信量にあわせて細かく分けられている

家族割を適用すれば最初の1年間は「3GBプラン:550円」「6GBプラン:1,100円」というように安い料金設定です。

BIGLOBEモバイルは3GBプラン、6GBプランがおすすめです。12GB以上のプランは「ahamo」「povo」「LINEMO」といった格安サービスの方が安く使えます。

音声通話SIMの3GBプランが月額770円!

格安SIMに向いている?適正チェック

ここまで、用途別におすすめの格安SIM会社をご紹介していきました。

自分にはどこの会社が合っているのか、おおむね検討はされたのではないかと思います。

しかし、長年使用していた大手キャリアを離れて格安SIMへ乗り換えるのには、大変な勇気が必要と思います。

そんな方のために、格安SIM会社の適正チェック診断をご用意してみました。

YES・NOで回答するだけなので、是非お試しください。

  • 【診断1】スマホの料金は安いに越したことはない
  • 【診断2】キャリアアドレスはそこまで必要ではない
  • 【診断3】1回の電話は長くても10分以内に終わる
  • 【診断4】大容量のデータは必要ない
  • 【診断5】2台目のスマホやタブレットでの使用を検討している

上記の診断で2つ以上YESがあれば、格安SIMへ乗り換えても後悔は少ないと言えます。

格安SIMは、大手キャリアとは異なり縛りや違約金などがない場合が多いです。

万が一ニーズに合わなくても、すぐに解約できるのでまずは試しに乗り換えてみてください。

【どこよりも解りやすい】大手キャリアから乗り換える方法

【どこよりも解りやすい】大手キャリアから乗り換える方法

最後に、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方法を解説して終わります。

大手キャリアで購入したスマホ端末で乗り換える方法と、乗り換えと同時に端末を購入する方法のそれぞれを見ていきます。

大手キャリアで購入したスマホで乗り換える場合

まず、手持ちのスマホで乗り換える場合です。

大手キャリアで購入したスマホで乗り換える場合には、SIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除とは、大手キャリアの電波を受信する状態にしてあるロックを解除することです。

下記に、大手キャリアそれぞれのSIMロック解除方法をまとめましたので、参考にしてください。

今まで使用していた電話番号をそのまま格安SIMでも使用する場合には、SIMロック解除と併せてキャリアからMNP予約番号も発行しておくとスムーズです。

MNP予約番号の取得方法SIMロック解除方法
au【オンラインで手続き】
MY auにログイン→「各種お申込み・お手続き」
→「携帯電話番号ポータビリティ」より取得
【電話で手続き】
157もしくは0077-75470
【店舗で手続き】
auショップで手続き
【オンラインで手続き】
My auにログイン→「契約内容手続き」
→「SIMロック解除のお手続きはこちら」
→必要項目を入力
【電話で手続き】

【店舗で手続き】
auショップで手続き
docomo【オンラインで手続き】
My docomoにログイン→「各種お申込み・お手続き」
→「携帯電話番号ポータビリティー」にて取得
【電話で手続き】
151もしくは0120-800-000
【店舗で手続き】
docomoショップで手続き
【オンラインで手続き】
My docomoにログイン→「サービス一覧」
→「SIMロック解除」→必要事項を入力
【電話で手続き】
151
【店舗で手続き】
docomoショップで手続き
ソフトバンク【オンラインで手続き】
My softbankにログイン→「設定・申込」
→「設定・変更」→「契約者情報の変更」
→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」より取得
【電話で手続き】
*5533もしくは0800-100-5533
【店舗で手続き】
Softbankショップで手続き
【オンラインで手続き】
My softbankにログイン→「契約・オプション管理」
→必要事項を入力
【電話で手続き】

【店舗で手続き】
Softbankショップで手続き

MNP予約番号は、乗り換え時に必要な番号なので、控えておいてください。

それでは、準備が整いましたので乗り換えの説明をしていきます。

ここでは、実例としてmineoへの乗り換え方をご紹介します。

乗り換え方法はどこの格安SIM会社でも大きな差はありませんので、是非参考にしてください。

  1. 必要書類を用意する(身分証明書・クレジットカード・メールアドレス・MNP予約番号)
  2. mineoの公式サイトより申し込み
  3. 必要事項やMNP予約番号を入力する
  4. SIMの到着を待つ(mineoでは最短2〜4日)
  5. SIMカードを入れ替える
  6. APN設定を行う

たった6ステップで完了です。

新しく端末を用意する場合

新しく端末を用意する場合は、SIMフリーの端末を個人的に用意するのでも構いませんが、端末とSIMのセットで購入することがおすすめです。

会社によっては同時に購入することにより、大幅な値引きやキャッシュバックを行ってくれるので、是非お得に手に入れてください

手順は、端末を変えずに乗り換える方法と大きな違いはありません。

こちらもmineoの乗り換え手順を参考にして見ていきます。

  1. 必要書類を用意する(身分証明書・クレジットカード・メールアドレス・MNP予約番号)
  2. mineoの公式サイトより「端末セット」を申し込む
  3. 端末を選択し、必要事項やMNP予約番号を入力する
  4. 端末とSIMの到着を待つ(mineoでは最短2〜4日)
  5. SIMカードを入れ替える
  6. APN設定を行う

端末を同時に購入しておくと、SIMのサイズが合わない・SIMと端末の相性が合わない等のリスクを軽減できます。

自分でSIMの相性や動作確認端末を確認するのが難しい方は、端末とセットで購入しておいた方が安心です。

2021年こそ、格安SIMに乗り換えよう!

2021年こそ、格安SIMに乗り換えよう!

当記事では2021年おすすめの格安SIM会社について解説していきました。

格安SIMに乗り換えると聞くと、料金プランが複雑で難易度が高そうに思うかもしれませんが、実際は非常にシンプルな仕組みです。

この仕組みさえ理解してしまうと、2021年の携帯料金を大幅に削減できます。

例えば、安いと言われている「ahamo」「povo」「LINEMO」よりも格安SIMなら更に安く利用する事も可能です。

格安SIM会社にはそれぞれ異なった特徴がありますので、当記事でご紹介したことを参考に、あなたのニーズにあった会社を見つけてみてください。